mixiユーザー(id:1919010)

2021年11月30日08:00

76 view

チンダ・ブランドリーノ博士が「ワクチン」のナノプロセッサーについて語る

チンダ・ブランドリーノ博士が「ワクチン」のナノプロセッサーについて語る
2021年8月27日


チップではなく、ナノプロセッサーです。多くの人が長い間、ワクチンにチップが搭載されているのかどうか疑問に思っていました。笑っていた人もいたが、厳密には構成上はチップではないが、接種した人にはNFC技術で検出できる固有の識別コードを持たせるものを搭載しているのだ。つまり、過去2年以内に製造された携帯電話で、具体的には、Bluetoothによる近くの機器の検出機能が有効になっているときに、検出することができるのです。

法医学者のチンダ・ブランドリーノがTwitchチャンネル「Dignidad Colombia」で行ったインタビューでは、このナノテクノロジーの仕組みと、酸化グラフェンや5Gとの関連性について説明している。

Orwell Cityでは、その重要な場面を以下にご紹介します。


リンク ランブル
Mónica Calcedo: チップ。あれは本物なのか、嘘なのか。

チンダ・ブランドリーノ博士:それはナノプロセッサーです。繰り返しになりますが、カルカーが行った電子顕微鏡による研究の顕微鏡写真を見たい人には、はっきりと見えるところにあります。拡大してみると、小さくて完全な四角形の、正確なエッジを持った金属の球体がはっきりと見えます。これは、ナノテクノロジーに対応したデバイスに搭載されているナノプロセッサーと同じです。

そのナノプロセッサーは、4G Plusや5Gのアンテナから駆動されます。つまり、Gの技術はすべて同じなのです。違いは、アンテナが伝送できる情報のパケットが、4G Plusや5G、6G、7Gではより大きくなっていることです。

つまり、それらのコンパクトな情報は、私たちの細胞の中にあるナノプロセッサーによって処理されるのです。ポリエチレングリコールの中にモルゲロンを入れることで、モルゲロンは自己増殖します。つまり、自己複製しているということです。しかし、グラフェンの中にあるので...。グラフェンは触媒であり、今説明したように、その細胞を5Gアンテナや人間の思考のマイクロ波と共鳴させるのです。それを理解できますか?5Gアンテナで駆動するナノプロセッサーがあり、それが脳の働きに直接つながっているのです。

一方で、北半球ではマイクロチップが接種されているのを見たことがあります。多くのビジネスリーダーの手の中に。それは併合された情報だろう。このチップが使われるのではないかと思われるが...。経営者や企業の高級社員が、銀行のドアを開けるための身分証明書として使っているという署名入りの文書をたくさん見たことがあります。その中には、自分の病歴も入っているはずです。つまり、すべての要約データがそのマイクロチップの中に入っているということですが、これはすでに事実です。

思い出せば、数年前にすでに私たちの国でそれを課そうとしていた。2000年にモトローラ社が正式に製造したもので、すでに北半球ではすべての企業が使用しています。
https://www.orwell.city/2021/08/nanoprocessor.html
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年11月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930