mixiユーザー(id:1919010)

2021年11月30日07:44

100 view

オミクロン・バリアントを持つ人の症状は「極めて軽く」、入院の必要もないと、最初に報告した南アフリカの医師が語る

オミクロン・バリアントを持つ人の症状は「極めて軽く」、入院の必要もないと、最初に報告した南アフリカの医師が語る
ソフィア・アンケル
ビジネスインサイダー


コピーライト Phill Magakoe/AFP via Getty Images南アフリカ、ヨハネスブルグのORタンボ国際空港で実施されているCOVID-19検査。Phill Magakoe/AFP via Getty Images

オミクロン・バリアントを最初に指摘した南アフリカの医師によると、彼女の患者の症状は軽いという。
Angelique Coetzee医師によると、彼女もまだ新しい亜種の患者を入院させる必要はないとのことです。
とはいえ、このバリアントが重症化するリスクや免疫を回避する可能性を判断するには時期尚早です。
オミクロン・バリアントを最初に報告した南アフリカの医師は、これまでのところ症状は「極めて軽度」であり、まだ誰も入院していないと述べています。

個人開業医で南アフリカ医師会の会長であるアンジェリーク・クッツェー医師は、日曜日にBBCの「アンドリュー・マー・ショー」で、彼女が診察したオミクロンの患者は、体の痛みと頭痛を伴う「極度の疲労感」を訴えていたと述べました。

また、COVID-19の典型的な症状である、咳や嗅覚・味覚の喪失は見られなかったとのことです。

「また、COVID-19の典型的な症状である咳や嗅覚・味覚の喪失も見られなかったとのことです。

また、オミクロン・バリアントの人はまだ入院させていないとのことです。

しかし、クッツェー氏は、この新しいバリアントの多くの要因を判断するには時期尚早であると指摘しています。彼女は先週、ガーディアン紙に軽度の症例について語っています。「2週間後には違う意見になっているかもしれませんが、これが私たちが見ているものです」。

また、これらの症状がオミクロンに感染した誰もが同じようになるかどうかを判断するのは時期尚早です。科学者たちも、オミクロンが他の亜種よりも危険性が高いのか、あるいはこの亜種が重症化するリスクはどの程度なのか、まだわかっていません。

UTHealth公衆衛生大学院の疫学者であるKatelyn Jetelina氏は、InsiderのAria Bendix氏に次のように述べています。"この新しいバリアントがデルタを凌駕しているかどうかはまだわかりません。また、我々のワクチンを回避するかどうかもまだわかりません」。

オミクロン(B.1.1.529亜型として知られる)は、ボツワナと南アフリカで初めて確認され、その後、イスラエル、英国、オランダ、ドイツ、イタリア、チェコ共和国、オーストラリア、ベルギー、香港で検出されました。

カナダでは、日曜日に北米で初めてオミクロンの亜種が2件報告されました。

世界の他の地域での感染も軽度のようです。

イギリスのエセックス州でオミクロン・バリアントに感染した人のうち1人は、体調は「良好」で入院の必要はないと、エセックス州の公衆衛生責任者であるマイケル・ゴガティ博士が月曜日にSky Newsに語っています。

Coetzee氏によると、11月初めにプレトリアで開業している患者が、支配的なDelta型とは異なるCOVID-19の症状を報告し始めたときに、新しい変種を疑ったのは自分が最初だったという。

世界保健機関(WHO)は先週の金曜日、Omicronを懸念すべき変異体としました。ヨーロッパ、アジア、北米の国々は、アフリカ南部の国々に対して、相次いで渡航制限を行っています。

___
https://www.msn.com/en-us/health/medical/people-with-the-omicron-variant-have-extremely-mild-symptoms-and-haven-t-had-to-be-hospitalized-yet-says-the-south-african-doctor-who-first-reported-it/ar-AARfQX2
4 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月30日 08:02
    英国保健安全局(The UK Health Security Agency)が発表した最新のCovidレポートによると、過去1ヶ月間におけるワクチン未接種者の割合は、全症例の39%、全入院患者の34%、全死亡者の19%となっています。一方、ワクチンを接種した人は、全症例の61%、全入院の66%、全死亡の81%を占めています。

    https://www.thegatewaypundit.com/2021/11/report-fully-vaccinated-account-81-covid-deaths-uk/

    アメリカの売春婦メディア、腐敗した医学界、嘘つきのファウチとワレンスキー、そして間抜けな政治家の耳障りな嘘はここまでだ。



    Xi-Omicron COVIDの新種が欧米で話題になっているので、完全にワクチンを接種した人は、残りの人々を守るために数ヶ月間は家にいた方がいいかもしれません。

    ビッグファーマの欧米諸国で大々的に報道されているオミクロン変異体の恐怖については、南アフリカ医師会の報告によると、症状は軽いとのことです。

    https://www.thegatewaypundit.com/2021/11/report-fully-vaccinated-account-81-covid-deaths-uk/

    しかし、偏執狂のイスラエル人は聞いていません。Fear! 恐れろ! 恐れろ!

    https://www.rt.com/news/541533-israel-omicron-ban-tracing/

    誰かがこの完全なアホにヒントを与えるべきだ。

    https://www.rt.com/sport/540989-covid-germany-vaccinated-bayern-kimmich/

    誤った情報が世界を支配し、死者や健康被害、雇用や国民所得の損失を増大させているのは異常なことです。人類は生き延びるためには、あまりにも愚かで、あまりにも簡単に恐怖に駆られてしまうようです。

    ロバーツ博士のコラムの転載を許可することは、ロバーツ博士が彼のコラムを転載しているウェブサイトや報道機関を支持したり、彼のコラムを転載しているウェブサイトや報道機関、書籍の内容を承認したことを意味するものではありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月30日 08:13
    ジム・ストーン OMICRONは、VAXのダメージを新しいVARIANTのせいにするためのビークルに過ぎない。誰もがこのように言っていました。私だけではありませんでした。

    ジム・ストーン(フリーランス・ジャーナリスト

    オミクロン・シンボリックタムはvaxの被害と一致する

    Omicronは、vaxの被害を新しいバリアントのせいにするための手段にすぎない。誰もがこのように言っていましたが、私だけではありませんでした。

    症状は以下の通りです。

    1. 強い疲労感
    2. 高い脈拍数

    「これは「他の変異型に比べて500倍も伝染性が高い」とされていますが、それはワクチンでダメージを受けた人々がハエのように落ちていくからに他なりません。どんなにうまくオミクロンを隠していても、家の中で「オミクロンを避けよう」と身を縮めているうちに、ワクチンがその名の下に汚れ仕事を終えてしまうからです。

    匂いも熱も何もありません。ただ、強烈な疲労感と高い脈拍があり、その間、あなたの体は内側から免疫システムに食べられながら必死に機能し、10万個のRNA誘導微小血栓を通して血液を押し出そうとしているのです。大事なことが起こるまで。

    味覚や嗅覚の喪失は、新しい「コヴィド」の症状ではないので、明らかにコヴィドではないということです。痘痕のない天然痘は天然痘ではありません。私たちは今、お楽しみのロードに入っています。さあ、どうぞ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月30日 08:15
    ジム・ストーン(フリーランス・ジャーナリスト

    撮った人が目を覚まし、オミクロンがそのプロセスを早めた

    ソーシャルメディアでは、ワクチン接種を受けた人たちが、自分たちが一体何をしたのか疑問に思っている投稿を多く目にします。1回の予防接種で完全に免責されると約束していた政府が、2回の予防接種を受けた後にワクチンパスポートを無効にし、3回目の予防接種を要求しているため、何のために予防接種を受けたのかと問いかけています。

    彼らの多くは、ワクチンで守られているはずの友人がコロナに感染しているのを目の当たりにしているし、他にも多くの問題を抱えていて、もう同じ気持ちではいられないことにも気付いている。元気な人はまだたくさんいますが、何かが変わり、「もう大丈夫」ではないことに気づく人の数は、雪だるま式に増えているように見えます。

    また、「オミクロン」とは「モロモロ」のアナグラムで、これまでのVAXXがすべて無効になってしまったことに不満を持っている人たちも見受けられます。しかし、今回は、政府がこの完全に変化したウイルスに対応した全く新しいワクチンを、なぜこんなに早く用意できたのかと疑問を呈している。その変化は(テレビで見たように)あまりにも劇的で、事実上、同じウイルスでさえない。神話によると。そして昔は、「テレビで見た」というのは必ずしもデマではなかった。ダイソンはそこから始まったのだ.

    好きな人を殺害する計画で失敗している。長年の自閉症(sic)により、人々はワクチンに目覚め、それだけで十分に懐疑的になり、人類の未来に成長するかもしれない種を植え付けたのだろう。クラウス氏やゲイツ氏らは、このキャンペーンを開始するには十分な賢さを持っていたが、彼らが望む勝利をモデル化するには十分な賢さを持っていなかったのだ。

    ここに未来がある。

    彼らの未来は今、膨大な数の人々を傷つけ、殺し、その大多数はクラウスたちがやったことでまだ死んでいないが、これから死ぬだろうというものだ。誰もがこれらの人々の死を目にすることになり、彼らはすでに大量に死んでおり、生き残った人々は誰が人類の半分を殺したのかを知ることになるだろう。執行官たちは、主にバクチをしています。ワクワクを許すほど愚かだったエンフォーサーたちも目を覚ましています。ゲイツ、クラウス、ファウチなどは、彼らの指令を執行しようとしていた支持基盤を、彼らが殺したこともあり、目を覚ましたこともあり、失うことになる。

    彼らはすぐに、自分たちが何をしたのか誰もが知っている世界に住むことになり、一方でそれを行った彼らの支持は減っていく。暴徒が彼らを刈り取るまでの期間は?おそらく、南極の基地は、彼らが大衆に投げかける病気から逃れるために作られたのではなく、彼らの計画が失敗してそこに逃げ込まなければならない場合に備えて、そこにあるのだろう。はい、あります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月30日 11:59
    南アフリカのShankara Chetty博士による上記のプレゼンテーションからの引用です。


    博士の説明は以下の通りです。
    COVID-19は、兵器級のスパイクタンパクを持つ人工的な病原体(ベクター)です。人間が作り出した中で最も毒性の高い毒物の1つです。この人工的に作られたベクター(ウイルス)に続いて、ベクターに含まれるスパイクタンパク(毒素)を製造する、ワクチンと誤認された遺伝子編集治療が義務付けられています。つまり、この接種は、体を騙して、この病原体、毒性のあるスパイクタンパクを「オフスイッチ」なしで生産させることを目的としているのです。

    平たく言えば、スパイクタンパクは接種によって体内で作られることになっているのです。厄介なことに、この接種は時にアレルギー反応を引き起こし、治療しなければ、接種を受けた人は死に至ります。

    つまり、人工的に作られたウイルス(ベクター)に、体内でベクター(ウイルス)に含まれる毒素を生成させるための接種が義務付けられており、それが次々と続いていくのだ。その間、医療システムは、患者が病院に到着するのが遅すぎて治療が遅れ、その後、死と静寂をエンジニアリングする義務化されたプロトコルで患者を治療する。つまり、他の薬よりもコストがかかり、危険で、効果のない治療法であるということである。

    このように、地球への強制接種は、世界の人々を通常よりも長い期間、スパイクタンパクに曝すことを意図しているようだ。さらに、接種したスパイク・プロテインは、摂取した人の体内でゆっくりと毒反応を起こすようになっている。

    接種後14日間は、すべてアレルギー反応による死亡が起こります。その後は、C2のレセプトに害を及ぼすことで死に至ります。これらの死は、後に続くことを意味します。微小血栓、脳卒中、心臓発作、癌、神経疾患、プリオン型疾患、自己免疫疾患、サイトカインストームなどの悪阻による死である。

    しかも、スパイクタンパクは膜タンパクである。ですから、mRNAはスパイクタンパクを全身に行き渡らせます。全身の様々な組織で作られ、同様に全身の他の組織の膜に取り込まれていくだろう。

    それらの組織は、体の防御機構によって異物として認識され、多くの自己免疫反応を引き起こすことになる。しかし、これらの自己免疫反応による死亡は、完全には予防接種のせいとは言えない。病気があまりにも多く、多様であるため、原因を特定することはできない。

    さらに、毒素の影響は、それに対する宿主の反応、つまりスパイクタンパク質に対する身体の反応に依存する。だからこそ、軽症、中等症、重症の症状や反応が見られるのである。

    それゆえ、医師たちは、媒介物でしかないウイルスを追いかけていて、実際の原因ではないのです。さらに悪いことに、持病のある人がこの遺伝子編集治療を受けると、持病が悪化してしまうのです。

    最後に、ワクチンは免疫を刺激することで、病気の感染・伝播を防ぐことを目的としています。このワクチンによる免疫が、集団の利益となるのです。つまり、自分がワクチンを接種し、ウイルスに感染したり伝播したりしなければ、他の人を守ることができるのです。明らかに、これは起こっていません。これらの予防接種ではそのようなことはありません。

    今、彼らは、接種によって重症化や死亡を防ぐという利益があると主張しています。

    これは治療上の利益です。介入と治療は同じ効果があります。同じことをするのに、全世界の人々を予防接種の副作用にさらすことはありません。したがって、治療上の利益は、予防接種による免疫からは得られません。トゲのあるタンパク質にさらされ、アレルゲンに対する耐性を構築することで得られるのであって、免疫媒介反応によるものではありません。したがって、ウイルスは全体像から目をそらしてしまうのです。毒素となるのはスパイクタンパクです。

    第二に、重症化や死亡を防ぐことは、個人の利益です。接種によって実際にその利益が得られればの話ですが。つまり、予防接種を受ければ、重症化や死亡を防ぐことができるのです。COVID-19の接種には集団的な利益はなく、他の人には医学的な利益は全くありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月30日 12:15
    ポール・クレイグ・ロバーツ著 - 2021年11月29日

    https://undercurrents723949620.wordpress.com/2021/07/20/the-unvaccinated-are-not-fueling-covid-variants/

    スーパー・ミュータント」コヴィド株が緊急対応のきっかけに。

    https://www.rt.com/news/541363-mutant-covid-who-emergency/

    これらの「変異株」や「亜種」は、コビッド・ワクチンに反応して生産される。言い換えれば、ファウチ、大手製薬会社、医学界、そして間抜けな政治家たちは、常に変化するウイルスを世界に解き放ったのです。唯一の希望は、すべてのCovidワクチンの接種を直ちに中止することである。

    コビットワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人にとって重大な脅威となります。それは、ワクチンを接種した人がウイルスを「排出」して、他の人にウイルスを広めてしまうからだけではありません。ワクチンによって変異したウイルスが獲得する免疫は、人間が本来持っている免疫システムに対するウイルスの防御にもなります。言い換えれば、ワクチンを接種しても先天的な免疫システムにダメージを与えなかった人が、今度は免疫システムが撃退できない変異体に直面する可能性があるということだ。

    コビッド19ウイルスの製造に資金を提供し、大手製薬会社の「ワクチン」を緊急使用の手続きに乗せて、ファウチが行ったことは、免疫反応を逃れることのできるフランケンシュタイン・ウイルスを作ることである。

    これが人類にとってどれほどの悪影響を及ぼすかはまだわからない。分かっていることは、ワクチンを接種する人が増えれば増えるほど、事態は悪化するということだ。免疫系にダメージを与えて、より多くの人々が病気や死に直面する前に、すべてのコビット・ワクチンの接種を直ちに中止すべきである。

    さらに、ワクチン自体が有害で致死的な副作用を引き起こし、生来の免疫システムにダメージを与え、ワクチンを受けた人が他のすべてのウイルスや病気にかかりやすくなるという既知の事実を方程式に加えるならば、コヴィッドワクチンは、熱核兵器レベルの人間の生命に対する脅威となります。

    コヴィドの「ワクチン」を単なる医学界のミスとするのは、あまりにも突飛な話である。コビット19は、遺伝子を変える実験用ワクチンを人類全体に使用するリスクを正当化する脅威ではなかったのである。まさに、人類の人口を減らすためのプログラムのようだ。

    もし、新しい亜種が、より感染力が強く、より致命的であると証明されたら、無能な、あるいは腐敗した医療機関は、何を理由にそれらを非難するのだろうか?ワクチンを受けていない人がスケープゴートにされ続けるのか?オーストラリアの強制収容所が世界に広がるのか?mRNAワクチンの失敗の責任を取るために、新しいウイルスが放出されるのでしょうか?私たちの未来には天然痘の放出があるのでしょうか?

    https://www.paulcraigroberts.org/2021/11/23/is-a-smallpox-plague-being-organized-for-us/

    私たちは、医療機関、つまり、収益を最大化するために、死にかけている患者から安全で効果的な治療法がわかっているものを意図的に差し控える医療機関に対して、ゼロの信頼を持つことができるということが明らかな段階に達しています。

    https://childrenshealthdefense.org/defender/paul-marik-lawsuit-hospital-remdesivir-ban-life-saving-drugs/

    欧米諸国でのワクチン接種率の高さから判断すると、大多数の人々が洗脳されており、致命的なワクチン接種プロトコルを保護とみなしています。メディアは当初からコヴィドの脅威を組織的に誤魔化してきたが、現在では大勢の人々を恐怖に陥れて怪我や死に至らしめている責任から、事実を認めることができなくなっている。メディアは、自分自身と医療機関を守るために嘘をつき続けるだろう。

    自由な世界」の政府は、100%のワクチン接種率を実現するまでは満足しないようだ。オーストリアのように全国民を軟禁する政策や、オーストラリアのように強制収容所に人々を集める政策をとるだろう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年11月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930