mixiユーザー(id:19061547)

2022年01月14日23:36

64 view

あれからよく11年も耐えたよなぁ

ここにもあったか、奇跡の松が。
お疲れ様・・・・・・泣き顔泣き顔


■震災の津波に耐えた松、強風で折れる 「弱っていて危なかった」
(朝日新聞デジタル - 01月14日 09:43)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6812269
 【岩手】大槌町の浪板海岸で、東日本大震災の津波に耐えた松の木のうち2本が、12日夜から13日朝にかけての強風で幹から折れた。

 海岸でサーフショップを経営している杉本浩さん(53)によると、1933年の昭和三陸地震での津波の後に植えられ、松林になっていた。東日本大震災で大半の松が倒れたが、道路ののり面に近い一部が残っていた。杉本さんは「震災で弱っているだろうから危ないと思っていた。昼間に倒れたらけが人が出ていたかもしれない」と話した。
7 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年01月15日 08:02
    奇跡の一本松(きせきのいっぽんまつ)は、岩手県陸前高田市気仙町の高田松原跡地に立つ松の木のモニュメントである。東日本大震災の震災遺構のひとつ。

    今回折れた松とは別物だし、とっくに枯れて乃村工芸が1億5000万円で防腐・保存処理していますよ?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する