ホーム > mixiユーザー(id:18836655) > mixiユーザーの日記一覧 > 「人類が持て余す力」量子コンピュータ

mixiユーザー(id:18836655)

2019年10月24日13:10

59 view

「人類が持て余す力」量子コンピュータ

https://news.mynavi.jp/article/20191024-913729/

量子コンピュータが動いて計算できる段階まできた。このニュース記事にもあるように、わずか三分で、現行のスーパーコンピュータで1万年かかる計算をやってしまう。

明らかに人間の知性を越えている。

間違いなく、原子力に次ぐ「人類が持て余す力」、文字通りの「オーバーテクノロジー」となるに違いない。

ちなみに、今までのシリコンを使ったチップとは、その仕組みが全然違うので、人工知能も自律型になる可能性がある。自律型とは、外部からの入力がなくても、自分から生み出せるということだ。

現在使われている技術は、人工「知能」と言っても、所詮は大量のデータ(ビッグデータ)をパソコンに読み込ませて、さらに、人間がデータの読み込み方をプログラムしていなければ、計算はできない。人間の「知能」とは明らかに違うものなのだ。だが、量子コンピュータの計算速度だと、データの読み込み方を入力しなくても、自分で定義できる可能性がある。つまり、人間と同じだ。

また、言い方を変えると、現状のAIというのは、所詮大量のデータから99.9....%の確度の情報を得ているに過ぎない。しかし、アインシュタインが唯一の宇宙から相対性理論を読み取ったように、人間はたったひとつの事例からでも100%の真理を導き出すことができる。この0.00....1%という大きな壁を越えて、そのようなことが量子コンピュータにはできてしまうかもしれないということだ。

さらにそれに加えて、コンピュータが人間と違って疲れ知らずであることを考えると、間違いなく人間には制御できない力となるだろう。

直近の分かりやすい脅威としては、ハッカーが先駆けて量子コンピュータを手に入れてしまった場合だ。従来のコンピュータでは太刀打ちできないのだから、インターネットでつながっているコンピュータを乗っ取ることは容易である。グーグルが虚偽の発表をするとは考えにくいから、ちょっと心しておいたほうがいいのかもしれない。そういえば、日本の大臣らは、SNSすら使いこなせないと言う、どうすることもできないとはいえ、大変心配だ。

また、量子脳理論という「脳は量子が行き交うことで成立している」という仮説もある。この理論が正だとすると、量子コンピュータは限りなく人間の脳に近いことになる。人間の精神世界はオカルト(隠されていて客観的には検証不可能なもの)だが、占いや霊現象などもオカルトでなくなるかもしれない。

ただ、原子力の事例を考えると、人類がこの技術をコントロールできるとは思えない。量子コンピュータの存在領域が、インターネットや電波という見えない形態を含むことも考えると、暴走の危険性は原子力以上でもある。おそらく、生物は、原子より小さいものを利用しようとしてはならないのだ。
14 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月24日 14:04
    こんにちは。
    原子力の場合は、基本的に、爆発する・汚染するの二点が問題になり、
    その管理責任は人間にありますが、

    量子コンピューターによるAIが、ほぼ完全な自律学習・自律判断能力を持った場合、
    また、そのうえで機械など物理力とリンクし、なおかつ自己再生産能力を獲得した場合、
    原子力と決定的に異なり、人間自体を、支配・淘汰する可能性が、
    絶対ないとは言えない、SFのような世界が起こりうるかもしれませんね。

    人間が現状程度に十分に愚かだと、自滅するかあるいは、AIに屈するかもしれません。
    それも「自然淘汰」なのかどうか、よく分かりませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月24日 16:47
    > mixiユーザー 

    SFの世界の到来は十分にあり得ると思います。
    ただ、この日記を書いた後に考えていたのですが、コンピュータには、本能、中国古典風に言うと「天から承けた性」が備わるのかどうかが分かりません。
    人間は意識せずとも、この本能や性に従って生きているわけですが、これはDNAに刻まれた数億年以上に上る生物としての記憶でもあります。
    つまり、コンピュータが脳と同じかそれ以上の機能を得たとしても、行動指針や動機やモチベーションの強さがどうなるかが分からないわけです。
    完全に自律したとしても、個性があるかもしれませんし、本能がない以上は、自己保存を第一にするとは限りませんし、何の自発的な行動もなく、命令されなければ動かないかもしれませんし、破壊を行動指針にしても、個性がこれを阻害するかもしれず、実に未知数です。
    ただ脅威であることは間違いない事実で、やはり原子力のように人間の運用次第なのかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月25日 03:55
    <<量子コンピュータが動いて計算できる段階まできた。このニュース記事にもあるように、わずか三分で、現行のスーパーコンピュータで1万年かかる計算をやってしまう。>>


    このニュースを知った時には、ここまで進んだのかと驚きました。


    <<また、量子脳理論という「脳は量子が行き交うことで成立している」という仮説もある。この理論が正だとすると、量子コンピュータは限りなく人間の脳に近いことになる。人間の精神世界はオカルト(隠されていて客観的には検証不可能なもの)だが、占いや霊現象などもオカルトでなくなるかもしれない。>>


    おっしゃる通りです。
    以前は、一部あやしいあつかいをされていた分野のその仮説も、科学で検証可能な時代が近づいてきたのかもしれないと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月15日 21:30
    けいごさん、こんばんは。
    テクノロジーの進化はとても興味深いですね。

    私は「かつての人類と文明」についての考察を続けてきましたが、人類と同等もしくはそれ以上に進化するであろう科学技術と人類の行く末について考える時間が多くなりました。

    思えば、私が10代の頃に比べると
    随分と「アニメやSF映画の世界の出来事」とされてきた事象が現実化していますからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月17日 20:34
    > mixiユーザー 

    こんばんは^^
    コメントありがとうございます。

    そうですね。あと、出そうで出てないものは、立体三次元ホログラムくらいでしょうか。
    コメント欄にも書いたように、まだ量子コンピュータの行く末は未知数なので、注視する必要はあるのかもしれません。ただ、三ヵ月以上経ってもまだ大きな問題が起きていないところを見ると、googleも危険性を理解して、厳重に管理しているようです。今後、もう少し管理体制の甘い所に普及した時、どうなってくるのか。下手すると本当にとんでもないことになるかもしれません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する