mixiユーザー(id:18694653)

2017年08月22日09:21

104 view

闘う強さを

■子どもの自殺ピーク“魔の9月1日” 「もう死にます」 どうして小6女児は死を望んだのか
(AERA dot. - 08月22日 07:02)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=4727554

この子には悪いが、大人の世界には
これ以上醜い事は数多くある。

そこで生きていくためには
二つの方法がある。

逃げるか、それとも闘うか
これしかない。

小学生にこの判断を求める事は
酷だが、しょうがない。

自分は今、還暦を過ぎたが
小学校の時の人達の消息は分からない人
結構いる。
また、何十年も会わない人も
いる。

学校のいい点は、必ず進級があり
そして、卒業する事。

この子供も一年我慢すれば
中学校へ進む。

そこで新しい出会いもあれば
嫌な思い出ともサヨナラ出来る。

人間、最後は一人で生きていかなくては
ならない。

いじめをする様な
心の障害を持った人は
自分の心の中で存在していないと
思えばいい。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月22日 11:36
    通りすがりに失礼します。
    他の方でも見ますが、この子は社会に出ていて全て自分で決定して、1人で生きて行けるんですかね?
    その辺の理解をされていない方の軽率な発言だと思います。
    まずこの子は社会人ではない。

    またいじめがあって当たり前と思っているのが根本的な間違いです。

    100%いじめをすること自体が間違っています。


    そこでやられること前提、逃げる選択肢を持ち得ないのが子供と認識するべきです。

    あまりにいじめの本質を理解されてないのでコメントさせていただきました。

    社会人のように逃げると言う選択肢を子供は知りませんし、
    自分1人で選ぶ権利を持っていません。
    あなたのようなことを親が言ったとき、子供は選択肢を奪われるのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年08月23日 06:41
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。子供にも色々な子がいます。勉強になりました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する