ホーム > mixiユーザー(id:18694653) > mixiユーザーの日記一覧 > いや むしろ

mixiユーザー(id:18694653)

2016年08月07日07:30

185 view

いや むしろ

■「25歳の単身者が生活するには時給1526円が必要」――全労連のデータが話題、2016年度の最低賃金822円との差は倍近く
(キャリコネ - 08月06日 13:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=210&from=diary&id=4131004

個人的に思うことだが
人間らしく最低の生活と言うが
どれくらいが、最低のレベルだろうか?

むしろ、若い頃は
その最低のレベルで、暫く
生活してみればいい。

今、段階の世代と呼ばれる人達は
その苦しさを乗り越えてきた
人たちばかりだ。

第一若い頃の貧乏暮らしは
後に結構役に立つ。

誰も裕福な不安のない
生活を望むが
それには、それなりの努力が
必要だ。

いつかはクラウン
自分が若い頃は
これを目標に頑張ってきた。

現実はかなわなかったが
それはしょうがないと
思う。

若いうちの苦労は
買ってでもしろ。と言うように

楽をしていては

老後、泣く事に

なる。
1 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年08月07日 11:15
    ニュースよりこんにちは。
    主張は分からないでもないですが
    団塊の世代は給料も社会も右肩上がりで伸びた時代ですよね。
    頑張れば中高年になる頃には収入高くなってることが期待できましたよね。

    今の若い層は若い頃低賃金で頑張ったからって
    将来収入増えるとは限らない。
    そんな時代、労働構造です。

    そして広い意味でも狭い意味でも自己投資にはカネがかかります。
    自己投資や人脈広げるのに使えるカネが無ければ
    人間的魅力もスキルも乏しいままとなり
    ますます将来の収入アップは難しい。
    若い頃低賃金だと将来に亘って下流のままになる可能性が高まります。
    ましてや現代の若者は奨学金という名の多額の借金を抱えていることも多い。

    低成長社会では「若いうちは貧乏で苦労したほうが…」というの はあまり当てはまらないと思います。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する