ホーム > mixiユーザー(id:18627182) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:18627182)

日記一覧

年始の連休以来、実に久々の丸一日休み(※但し、風邪でダウンして勤務代わって貰った休みは除く)とあって、郊外まで足を伸ばしてみましたm(_ _)m千葉市美術館「開館20周年記念展 初期浮世絵展―版の力・筆の力―」【展覧会HP】http://www.ccma-net.jp/exhib

続きを読む

きょうは日中も全然気温が上がらず、寒い一日でしたが、それに負けずに夜勤明け半休を利用してミュージアムへ。東京国立近代美術館工芸館「1920〜2010年代所蔵工芸品に見る 未来へつづく美生活展」【展覧会HP】http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/longing_

続きを読む

新TV見仏記15 いざ! 鎌倉編 [DVD]http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=18627182&id=3708890<以下、レビューページより転載>TV見仏記(関西テレビ)が、遂に関西圏を出て鎌倉に進出!まずは浄智寺で三世仏を拝し、続いて鎌倉国宝館で名仏の数々を堪能。

続きを読む

夜勤明けの半休を利用してミュージアム。森アーツセンターギャラリー「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」【展覧会HP】http://www.tbs.co.jp/vermeer2016/いやー、予想を遥かに上回る「誇大広告」ぶりに、逆に感心しちゃった展

続きを読む

2015年12月28日、月曜日、旅の4日目、最終日。当初は、この日の朝早く実家を発って、帰りがけにもどこか一箇所くらい見学してから帰京しようか? なんて考えもあったのだけど、前日、丸一日まったりと過ごすうちに、何だか億劫になってしまったm(_ _)mなので

続きを読む

2015年12月27日、日曜日、旅の3日目。前日の夜半、山口から実家に戻って来た。で、この日は丸一日、特にすることもなく、実家で寛いで過ごす。午前中は、このところ帰省すると恒例となっている近所の散歩。まずは、徒歩2分程で出れる海岸線に出て、夏季には近

続きを読む

山口市内レンタサイクル寺社巡り。ラストを飾る7箇所目の訪問地は、古熊(ふるくま)神社。こちらも旅に出る前は全くノーマークの神社だったが、事前に伺おうと思ってたとこには全て伺ってしまい、それでもまだ時間に余裕があったので、観光案内所で入手して

続きを読む

御蔭様で風邪もよくなりましたm(_ _)mで、早速ミュージアム訪問。病み上がりだし、あんま混雑しなそうで、規模もそれほどデカくないヤツを、と思い、下記展覧会をチョイス。展示替された品々を中心に見て参りました。サントリー美術館「水―神秘のかたち」【

続きを読む

続・休載のお報せ
2016年01月23日18:14

まだ風邪はよくなりません(;´д`)昨晩の仕事中から今朝方にかけてがヤバかったです。が、きょうは一日中なにもせず寝てたのもあって、峠は越した感じですm(_ _)m本来は今晩も夜勤の予定が入ってたんですが、昨晩、あまりに具合わるそうにしてるわしを見かね

続きを読む

休載のお報せ
2016年01月22日15:22

先日から、ちと風邪気味です。。。(;´Д`)けど、仕事は休めないので、、、代わりに、旅行記をお休みしますm(_ _)m予定では、あと2回で終わるはずなんですが。駄文とはいえ、書くのにはそれなりに時間がかかりますし、ムリをして風邪が悪化してもアレなので

続きを読む

山口市内レンタサイクル寺社巡り。6箇所目にお邪魔したのは龍福寺。《↑龍福寺山門》現在この寺のある場所には、元々は大内氏の居館「大内氏館」があった。一方、元の龍福寺は、別の場所にあったらしい。ところが、天文20(1551)年、「戦国時代下剋上の代表

続きを読む

山口市内レンタサイクル寺社巡り。5箇所目に伺ったのは、八坂神社。その名が示すとおり、京都にある八坂社を、室町時代初期の応安2(1369)年、大内弘世が勧請したのが当社の始まりという。その後、永正16(1519)年に大内義興が建立した本殿が、江戸末期に当

続きを読む

山口市内レンタサイクル寺社巡り。先に廻った3ヶ寺、瑠璃光寺・洞春寺・常栄寺は、旅に出る前から「テッパンで行くつもり」だったのだが、以降は、現地に着いてから駅の観光案内所で入手した地図も参考にしながら、かなりアドリブやアレンジを加えてみたm(_ _

続きを読む

山口市内の寺社をレンタサイクルで巡る。3ヶ寺目に訪れたのは常栄寺。先に訪れた瑠璃光寺や洞春寺のあるエリアから、自転車を駆って10分ほどの距離であった。このお寺には、室町時代当地の支配者であった大内氏に庇護されて、後半生をこの地で送った或る画家

続きを読む

山口市内のレンタサイクル寺社巡り。瑠璃光寺で「日本三名塔」の一とも称される美しい五重塔を堪能したあとは、その隣接地にある洞春寺(とうしゅんじ)に向かった。というか、「戻って来た」といった方が正確かも知れない。瑠璃光寺へ参ずるのに、こちらの門

続きを読む

やっとこさ半日休み(夜勤明け半休)。。。そろそろ疲れが蓄積されてきて体力的にも辛いとこだが、それよりシンドいのは、「美エナジー切れ」による心的ストレスであるから、1月11日〜24日迄の13日間で、唯一の休み(半日だけど)だった本日もやはり、体を休

続きを読む

駄日記@不惑リーチ
2016年01月15日12:53

けふもまた仕事が多忙のため、超テキトーな駄日記でm(_ _)m実は本日、ひとつ齢を重ね、不惑にリーチかかりました(;´∀`)「三十而立」の時はぜんぜん何とも思わなかったんすけど、「四十而不惑」を目前にしたいまは、何だか、却って心落ち着かないモノがあ

続きを読む

下関で国宝建築を有する2つの寺社を訪ねたあとは、山口へ移動した。もう少し下関観光を楽しんでもよかったのだけれど、、、,錣靴訪ねた2つの寺社は、そのほかの「わしが行きたいと思った下関の観光スポット」から少々離れており、⊆,忙任Δ弔發蠅任い浸

続きを読む

2015年12月26日土曜日、旅の2日目。山口県は下関の地で、住吉神社の次に向かったのは功山寺。ここは公共交通機関によるアクセスの便がなかなかに悪く、ネットで行き方を検索すると、「長府駅から徒歩43分」とか「長府駅からバスで10分、最寄り停留所下車徒歩1

続きを読む

白猫通信1月号
2016年01月12日17:43

きょうも下僕は仕事が多忙です。つうことで、先生お願いしますm(_ _)m新年1発目猫あけにゃしておめでとうございニャす。今年もよろしくおにゃがいしニャす!

続きを読む

駄日記@新大河の話
2016年01月11日20:28

きょうは旅行記をお休みして、昨夜スタートした第55作目の大河ドラマ『真田丸』についてm(_ _)m個人的には、かなり面白かったです、昨夜放送の初回ヾ(*´∀`*)ノ主人公・真田信繁(演・堺雅人)の一族が仕える甲斐の名門・武田氏は、今やすっかり落ち目。一方

続きを読む

世間では三連休中らしいが、わしにとってはその期間中で唯一の夜勤明け半休。つうか、今月は仕事が忙し過ぎる。まともな休日は1日としてない。確かに年末年始はガッツリ休ませて貰ったが、それとこれとはまた話が別じゃね? 来月にかけて、ほとんど殺人的な

続きを読む

2015年12月26日土曜日、旅の2日目。この日の山口は朝から曇天で、時折小雨もぱらつく生憎の天気となったが、それでも朝イチから元気に国宝寺社の巡拝をスタートしたm(_ _)m前泊してた新下関駅前にある宿を出て、まず向かったのは住吉神社。徒歩で15〜20分程の

続きを読む

奈良市街地での国宝歴訪を終え、次に向かったのは石清水八幡宮。京の都の南西に位置する八幡市(やわたし)は、木津川・宇治川・桂川という3つの河川が合流する水運の要衝でもある。この地にある標高143mの男山山上に鎮座する当社は、大分の宇佐神宮、福岡の

続きを読む

奈良博の次に向かったのは正倉院正倉。もちろん国宝である。しかし、築1200年にもなるこの建物が、国宝に指定されたのはつい20年ほど前、平成9(1997)年になってからのことだった。何故、ほとんど現存例のない天平時代の貴重な建築が、それまで重要文化財で

続きを読む

2015年12月25日金曜日、遠征の初日はクリスマス当日であった。朝一番のいつもの新幹線で東京を発った。まだ薄暗い中、富士山のシルエットを窓外に認めたあたりから爆睡。。。気が付いたら京都。て感じで上洛。夜明け前の東京より、京都の方が寒く思った。コー

続きを読む

あしたから仕事かぁヤだなあ。。。て、やや憂鬱になりつつも、連休の最終日、折角なんでプチ遠出して来た。国立歴史民俗博物館(第3・第4展示室)「夷酋列像―蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界」【展覧会HP】https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/speci

続きを読む

三が日の終わった翌日の月曜日。世間では、きょうからお勤めという方が多いのか?わしはあと2日(きょうを含む)お休みだm(_ _)mてことで、混雑を懸念して年末年始の訪問は見送ってたコチラの展覧会へ。Bunkamuraザ・ミュージアム「リバプール国立美術館所蔵

続きを読む

まるで春のような穏やかな日が続いた三が日。三日目のきょうもミュージアムに行って来た。サントリー美術館「水―神秘のかたち」【展覧会HP】http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_6/?fromid=topmvいやー、かなり期待を上回るステキな展示でした!しか

続きを読む

2016年の「ミュージアム初め」は東博からm(_ _)mいや、常々東博のことを「我がホームミュージアム」とか呼びながら、ここ数年は浮気心を起こし、1年のスタートは別のミュージアムから切るという年が続いてた。過去の記録を調べてみると、東博から1年の美術鑑

続きを読む