mixiユーザー(id:18559602)

2020年05月27日09:48

24 view

生きて、動いて、みたいな。

低俗なもの、動物的なもの、
生身の人間が
やはり、生身であるゆえに。
は、あるかな。

人間は、綺麗にもなれるし、
野獣にならないと
いけないしで、その低次の最低を
こなしながら、
うまく循環して
いるだろうから、

もともと言語的な存在=著者と、生身でいる目の前の人とは、なかなか、まだ、
生きてつながる
存在ではあるんだな。

しかし、著者は、
言語的存在として、いずれは「著者」に
なるというような、存在で、

生きて、
セールが自然契約で言っていたみたいに、最後は「歴史」になるんだろう。

低俗なもので、うまく泳いで、
高次な、いわば、言語的な世界を吸収する。

遊びは重要だ。

雑多なもの、
なまなましい 何か、街で
出会う 遭遇する 別の他者として
の 徘徊すれば、出会うもの。
が、雑多なやはり、都会の真実、みたいな。

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する