mixiユーザー(id:1850594)

2020年03月03日09:51

37 view

最後の映評、何を書くか???

私が3回に1回くらいのペースで、映評を書いていたミニコミ誌が、残念ながら、休刊になることになって、3月が最後の執筆回となることになった。で、何を取り上げるか、迷っているが、とりあえず、今日、その候補作のひとつとして、渋谷のイメージフォーラムに、「娘は戦場で生まれた」を観に行くつもり。「レ・ミゼラブル(新作)」を・・とも思ったが、すでに、別の人が、同誌で、サラッとですが、取り上げてしまったので。
アメリカ映画にみる、メキシコや他の国の描き方というのも、テーマとして、考えたが、何か、1本の作品に焦点をあてて、書くことが難しい上に、複数作を扱えば、与えられた枚数では、明らかに枚数が不足。締め切りは3月13日までなので、まぁ〜だ、多少、余裕がある。
ということで、とりあえず、「娘は戦場で生まれた」を、観る。
昨日というか、今日の早朝、3時過ぎまで、日向坂46のドキュメンタリー映画の、1時間近い、予告編???を観ていたので、明らかに寝不足で、体調は悪いが、体調が悪いのは、もはや、最近、日常茶飯なので、まぁ、何とか、なりそう。でも、それにしても、1時間近い予告編というのは、もはや、予告編を超えて、映画そのもののダイジェスト版という感じ。それでも、日向坂ファンは、完全版を、劇場に観に来ると、踏んでいるのだろうが、熱烈なファンというわけでもない、私も、多分、行くかも???(笑)。欅坂46のドキュメンタリーも、その公開が決まっているが、平手の脱退と、それに至る過程が、当然、メインになるだろうから、少し、観るのがつらい映画になる。
そういえば、最近は、マスコミ向けの、映画試写会のハガキが、届かなくなってしまった。もう、「現役」とは見なされていないんだなぁ・・と、少し、寂しい。



0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する