ホーム > mixiユーザー(id:1850594) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1850594)

日記一覧

パソコンが壊れて、ブログも書けず、スイマセンでした。イヤイヤ、ウィンドウズ10搭載のパソコンを導入しましたが、まぁ〜だ、使い方がよくわからん。そのうち、長い文章も打てるようになるかなぁ???

続きを読む

遠吠え
2020年03月10日10:45

昨日は、松本穂香の主演映画「酔うと化け物になる父がつらい」を観た。アルコール依存症との闘いは、描かれることなく、耐える家族の物語。妻は新興宗教にのめり込んで、現実回避した上に、首つり自殺するし、主人公のサキも、恋愛に現実逃避した挙げ句、サイ

続きを読む

アルコール依存症の父と、新興宗教に入信し、現実逃避の母、その2人の間で育ったのが、サキとフミの姉妹だ。父に渋川清彦、母にともさかりえ、主人公のサキには松本穂香、そして、フミに、元欅坂46の今泉佑唯というキャスティング。母は生活に疲れ果て、首つ

続きを読む

雨模様の1日なので・・
2020年03月08日17:43

展覧会は、ことごとく、休止中だし、映画も、もう観たい映画は、ほとんど、観つくした。しかも、雨模様の1日。朝、起きて、とりあえず、「日曜美術館」でも観ようと、Eテレをつけたら、琵琶湖マラソンの中継をやっていた。雨の中、寒くて、大変そう。でも、5

続きを読む

昨日、所用で、川崎へ行った。「所用」といったって、ハッキリいえば、娘の買い物につき合って、チネチッタで、映画を観ただけ。でも、何の映画を観たかは、ここでは書かないし、映評を書く気も、サラサラ、ない。要は、娘の好みで、私にとっては、まったく、

続きを読む

「レ・ミゼラブル」
2020年03月07日10:22

ヴィクトル・ユゴーの「レ・ミゼラブル」ではなく、その「レ・ミゼラブル」の舞台となった、フランスのパリ近郊の町・モンフェルメユを舞台にした、現代の物語である。「花の都」と呼ばれたモンフェルメユは、現在、低所得者向けのアパートが建ち並び、貧困層や

続きを読む

あるところにはある
2020年03月07日01:24

我が家のトイレットペーパーの残りが、とうとう、あと2ロールになってしまい、背に腹はかえられないので、大量陳列して、売っているというウワサのイオンに、行ってみることにした。もちろん、イオンであれば、どこにでも売っているわけではなく、あるのは、

続きを読む

ソンナコトナイヨ
2020年03月05日11:35

スイマセン、万年不要不急派、毎日が日曜日・・を自称していた私ですが、急にバタバタ状態になり、落ちついて、ブログ更新出来ません。昨日は、新宿へ行って、「レ・ミゼラブル」を観ました。カンヌ映画祭で、「パラサイト」とパルムドールを争っただけのこと

続きを読む

昨日、渋谷のイメージフォーラムで、「娘は戦場で生まれた」を観ました。その感想を書きたいところですが、ミニコミ誌の映評をこの作品で書くことにしたので、ごめんなさい、一応、仁義上、掲載後でないと、ここには掲載出来ません。一言でいえば、監督である

続きを読む

私が3回に1回くらいのペースで、映評を書いていたミニコミ誌が、残念ながら、休刊になることになって、3月が最後の執筆回となることになった。で、何を取り上げるか、迷っているが、とりあえず、今日、その候補作のひとつとして、渋谷のイメージフォーラムに

続きを読む

崩壊、崩壊、大崩壊
2020年03月02日14:06

今日の朝、ドドーンというもの凄い音がして、飛び起きた。自室に行くと、本の山が連鎖的に、大崩壊していて、悲惨な状況。地震があったわけでもなく(あったのかもしれないが、テレビをつけても、ネットで確認しても、地震があったという話は、まったく、出て

続きを読む

パニックの連鎖
2020年03月01日18:55

安倍首相による不用意な、事実上の緊急事態宣言は、結果的に、パニックに拍車をかけただけ。先程、近くのスーパーに、買い物に出かけたら、トイレットペーパーにティッシュペーパー、お米等が、ごっそり、陳列棚から消えていた。ミネラルウォーターも、多少、

続きを読む

完敗
2020年03月01日12:03

私は自称激辛党なので、「激辛」と名がつくものには、何にでも、挑戦したくなる悪癖がある。そして、たいていのものは、難なく、クリア出来て、この、どこが激辛???なんていうコメントを吐いて、自分で、悦に入っているのである。で、先日、近くのコンビニで

続きを読む

とにかく、マスクはどこにもなく、何軒、何十軒のドラッグストアを、連日、「マスクパトロール」する人もいて、まるで宝探しのよう。手の消毒液や、うがい薬等も、品薄だし、毎度お馴染み、トイレットペーパーを買い占める輩まで、ついに、出現した。次は、ペ

続きを読む

メソアメリカ関連の新刊が2冊出たので、ご紹介。アントニオ・アイミー「ビジュアル図解 マヤ・アステカ文化事典」(柊風舎、1万5000円+税)著者は、ミラノ大学講師。アステカ史、メキシコ植民地時代史がご専門の、井上幸孝さんが監修している。書名の通り、ビ

続きを読む

巨匠ギレルモ・デル・トロが原案と製作を担当し、「ジェーン・ドゥの解剖」のアンドレー・ウーヴレダルが監督した青春ホラー。ハロウィンの夜、ステラと仲間たちは、呪われた廃屋に忍び混み、伝説の怖い本を発見、持ち帰ってしまう。ところが、この本には、毎

続きを読む

絶対、混んでそうなので、行くのをためらっていたが、会期は3月8日までなので、行った。Bunkamuraザ・ミュージアム。思っていたほどではなかったが、それでも結構、混んでいた。ソール・ライターは、ニューヨークで第1線のファッション・カメラマンと活躍したの

続きを読む

「グッドバイ」
2020年02月27日00:43

大好きな太宰治の遺作「グッド・バイ」を、ケラリーノ・サンドロヴィチが戯曲化した作品の、劇場版。「グッド・バイ」は、太宰の自死に伴い、未完となったため、物語の後半はケラリーノ・サンドロヴィチの創作である。文芸誌の編集長、田島周二は、別居してい

続きを読む

「チャーリーズ・エンジェル」の新劇場版は、エンジェルたちのメンバーを一新し、全世界を駆け巡る、いかにも今風のアクション超大作となった。エンジェルたちに仕事を依頼し、のちに自らも志願して、新しいエンジェルになるエレーナには、「アラジン」のナオ

続きを読む

このブログ(アメブロ)の管理頁には、「○年前の今日あなたが書いた記事です」云々といった告知が、よく出るので、時々、読むと、たいていは、我ながら、くだらない内容で、ガッカリする。よくもまぁ、こう、進歩のない、ろくでもない年を、ダラダラと、重ねて

続きを読む

今、「中南米マガジン」オーナー兼編集長の金安顕一さんが、「ラテンアメリカ・ミュージックベスト3」という、アンケートを実施中です。各方面にアンケートハガキを出すなど、(金安さんにしては)とてもお金のかかった???企画です。ちなみに、私の好きなラテン

続きを読む

流行しているコロナウィルス対策では、決してなく、諸般の事情です。ハッキリいうと、発題をお願いしていた方と、「ラテンアメリカ探訪」担当者との間の意思疎通が、最後まで、出来ませんでした。発題者の方にも、もちろん、いろいろ言い分や心配事もあったの

続きを読む

「ミッドサマー」
2020年02月24日02:25

「ヘレディタリー 継承」で注目されたアリ・アスター監督の最新作。家族全員を失い、心に大きな傷を負ったダニーは、大学で民俗学を専攻する恋人や友人5人と、スウェーデンに向かう。ある奥地の村で、90年に1度開催されるという「夏至祭」に参加するためだっ

続きを読む

起きる、食う、寝る
2020年02月23日11:56

たった今、起きた。な、何と、11時過ぎ。こんな時間まで寝ていたのは、久しぶり。まぁ、その内、ずっと、未来永劫、寝ていられるようになるけどねッ・・というのは、もう何度も使いすぎて、しかも、結構、リアルなので、誰も笑わない(しかたがないので、自分

続きを読む

自分のメルアドとパスワードを入力しても、アメブロの管理頁に、何故か、入れないという事態に・・。何度か、打ち直している内に、同じ字句を、くり返し入力しているだけなのに、ようやく、進入できた。どういうこと???昨日は、どこにも出かけないつもりだっ

続きを読む

昨日は、午前中、医者で、午後からは、川崎の109シネマズで「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」を観て、それから、渡辺篤さんの個展のオープニングで、横浜・馬車道へ。あ〜、疲れたッ。朝飯は抜いて、昼は「三代目たいめいけん」で、オムライス&

続きを読む

中田秀夫が監督なのと、白石麻衣が主演するので、観てみようかなぁ???と、思った映画。思ってた通り、白石の演技は低レベルで、乃木坂のセンターの時のようなオーラは、まったく、出せていない。しかも、主役といっても、本当の主役は千葉雄大で、白石は実質

続きを読む

BankART SILKで開催される展覧会「アイムヒア プロジェクト/渡辺篤 修復のモニュメント」の初日である21日、午後6時半からのオープニングに出席。会期は3月15日まで。11〜19寺。自らもひきこもりを経験した、現代美術家の渡辺篤さんは、一貫して、自らを含

続きを読む

大矢英代さんの「沖縄『戦争マラリア』 強制疎開死3600人の真相に迫る」を、半分くらいまで、読む。三上さんの「証言 沖縄スパイ戦史」は、分厚すぎ、重すぎで、ショルダーバッグに入れる気がしなかったので、後回し。ところが、出先のくまざわ書店で、逢坂

続きを読む

ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」の三上智恵、大矢英代共同監督が、それぞれ、関連する本を上梓。まずは、ご紹介まで。三上智恵「証言 沖縄スパイ戦史」(集英社新書、1700円+税)な、何と、749頁もあるので、納得の価格。新書なのに、チョー重くて、

続きを読む