ホーム > mixiユーザー(id:18441979) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:18441979)

日記一覧

 そんなに強い奴なら,原産地の南米の国々の人類は絶滅しているに違いありません。日本に上陸,ゴジラは何とかやっつけられましたが,ヒアリはゴジラより強いんでしょうか。 名古屋港で発見と騒がれています。あんなちっちゃな奴をよく発見できた,と,私は

続きを読む

 今どきの子どもだったら,レーズンパン,黒糖パンはありえません。戦後間もない食糧難の時代じゃあるまいし,ものすごく不自然なランキングです。 「60代以上の人に聞きました」なら分からないでもありません。パンや牛乳は家庭では味わえないあこがれの食

続きを読む

 毎日朝8時から夕方5時まで何があっても働かなければ(会社にいなければ)ならないという働き方そのものが人間にとって不自然で,健康を阻害しているのではないでしょうか。 現代社会では"会社員"という働き方が当たり前ですが,よく考えてみればそんな形

続きを読む

 担々麺とか台湾ラーメンといった辛いラーメンが好きでした。ご飯の上に麵をのせて辛さと熱さを和らげていました。辛いのは得意ですが,熱いのは苦手です。ご飯といっしょに食べるとちょうどよい辛さ熱さになりました。 それが最近はご飯が食べられな

続きを読む

稲作栽培指導会
2017年06月26日19:37

 営農センターで開かれた稲作指導会に初めて行ってきました。初めてなので専門用語が出たりするととたんに分からなくなります。理解度60%といったところでしょうか。あぜ道のことを「畦畔(けいはん)」と言うのも初めて知りました。 中干しの時期だといい

続きを読む

今日は一日中雨
2017年06月25日19:56

 草刈りの予定を延期しました。まとまった雨が降って農作物には恵みの雨です。が,「一日おきに降ってほしいよね」などと,妻は都合のいいことを言います。 雨降りのせいか,ツバメがしばしば巣に帰ってきて休んでいました。いっしょに帰ってくるわけではあ

続きを読む

 ディ○ゴスティーニの模型です。隔週で出版される雑誌を買って少しずつ組み立てていくというシリーズです。バイク好きですからほとんど迷うことなく購入しはじめました。「隔週少しずつ」というのが落とし穴でした。 初回690円というのにまずは騙されまし

続きを読む

 理不尽な仕打ちに耐えるのが秘書の仕事,耐え忍んだ先に大きな見返りがあります。普通はこんな反乱劇はありえない,我慢した先に大きな見返りがあるからです。みんな我慢しているよというのが河村氏の言いたかったことでしょう。河村氏自身もそういう秘書生

続きを読む

 親と子が読みたい本が一致するなんていうことがあるとは思えません。どちらかがどちらかに合わせて読むしかありません。無理に合わせた方は楽しい読書になりません。そんな「家読」が続くはずがありません。 昔のテレビ番組『大草原の小さな家』の理想的な

続きを読む

「夏休み」文化の破壊
2017年06月21日20:41

 愚劣な政策です。授業時間数の遣り繰りだけを考えた空論です。だれも幸せになりません。 一年を平準化して・・・というのがこの改革の本丸のようですが,平準化は365日すべてをつまらない日にしてしまうでしょう。夏休みというバカンスを子どもたちがどれほど

続きを読む

 野菜を作っていて何と言ってもいちばんの悩みが天候です。このごろ梅雨だというのにちっとも雨が降りません。「苗が全部やられちゃう」 妻そういって愚痴るのが今や日課になってしまいました。明日の天気予報は雨です。期待しています。 天候の次の悩みが

続きを読む

 昨日発見した畦道のトンネル2本,埋めておいたら今日は水の流出はありませんでした。どうやら犯人はモグラだったようです。 今まで水が常に流出していて溜まることがありませんでした。だからかもしれませんが,隣の田んぼに比べて水がきれいです(2枚目

続きを読む

 田んぼの畦から水がこぼれていました。まわりの田んぼに比べて明らかにわたしの田んぼの水の減り方が早い。オーバーフローしている様子もないので,どうしてだろうと思っていました。 今日,トンネルのような穴を発見ました。穴の直径は10僂燭蕕困任后7

続きを読む

あじさい寺
2017年06月17日20:46

 愛知のあじさい寺,本光寺に行って来ました。額田郡幸田町にあるこじんまりしたお寺です。数年前にも行ったことがありますが,今年はちょっと元気がなかったように思いました。空梅雨が続き雨が少ないからでしょう。あじさいも日焼けしていました。 それで

続きを読む

 律令制そのものがないのにその位階があることにビックリ。とうの昔にそんなもの無くなっていたと思っていました。聖徳太子とか菅原道真の世界です。形式的には翩々と続いていたかもしれませんが,それもせいぜい戦前までだと思っていました。 そもそも正三

続きを読む

後味の悪い小説
2017年06月15日21:52

 以前同年配の友人と小説談義をしていたところ,彼が言いました。「ぼくは,後味のいい小説が好きだな」 わたしもそれに大いに同意して,浅田次郎さんの小説が好きだと彼に言いました。「そう,浅田次郎は,ぼくも好き」 わたしと彼とはこの一点で同調でき

続きを読む

 ただし,事故が起きたらきちっと責任をとらなければなりません。そんなことは原っぱだろうが廊下だろうが同じです。どうでもいいことが問題になっているような気がしてなりません。 歩いたから(あるいは走ったから)必ず事故が起きるというものではありま

続きを読む

 我が家にツバメがやってきたのはいつだったか覚えていません。卵を温めているような姿を確認したのが5月20日でした。ウォッチングが始まったのはその日からです。 孵化を知ったのは29日。ただし3日間家を空けていたのでその間にこっそり,だったかもしれ

続きを読む

 往復の走行距離が約230kmでした。10年前だったら片道の距離でしたが,最近は体力気力がなくなりました。100kmを超えると帰りたくなります。 今どきの茶臼山は最高です。涼しいというかちょっと寒いぐらいですが,空気が澄んでいるのが何とも言えません。茶

続きを読む

 今朝の8時前の時点では昨日までと同じで子ツバメ4羽ともが巣に並んで親ツバメが運んでくる餌を待って鳴いていました。1枚目はそのときの写真,行儀よく並んだ写真が撮れました。 外出していた妻が帰ってくるなり「みんな飛んでっちゃったみたいよ,1羽

続きを読む

 子ツバメたちが日に日に大きくなっています。今日は巣の上で羽ばたいているのも見ました。巣立ちはまもなくかもしれません。写真では3羽が行儀よく並んでいますが,右端にもう1羽確認できます。おそらく全部で4羽だと思います。順調に育っています。たっ

続きを読む

 ビックリしました。巣から大きく張り出していました。はじめは親鳥かと思いましたが,よく見ると同じ大きさの4体が並んで巣からはみ出しています。ちょっと前まで,ちぃっちゃくて巣に隠れていた子ツバメに違いありません。 レンズが捕らえた眼を見ると,

続きを読む

 みんなそう思っています。北朝鮮みたいなへぼい国がアメリカに本気で戦いを挑むことはないと,ほとんどの国が"ほんとのところはそう思っています。北朝鮮は何回も何回も挑発行為を続けますが,本気でアメリカに喧嘩を売るとはかんがえられない。もちろん日

続きを読む

 体育に限りません。学校教育の本質に横たわるのが競争原理です。「競わせてスキルを高める」のが日本の学校教育を成り立たせている大事な柱です。競わせるためにはみんなに同じことをさせなければなりません。能力のある子にもない子にも,得意な子にもそう

続きを読む

 田んぼのあぜ道の草刈りをして,除草剤(アトトリ)を撒きました。本当はクスリを使わない方がいいのでしょうが,その手間は測り知れなく大きくなるような気がします。 そのあと畑へ行ってトマトの支柱を立てました。隣のスイカには防鳥の網をかけました(

続きを読む

 バイクのODOメーターが1並び,111111kmになりました。国道473号線,岡崎市の山の中でした。下り坂だったので止められず,脇道に入ってODOメーターの写真を撮りました。 国道473号に入る前に幡豆の見影山穴弘法に行きました。いわゆる「お手軽八十八

続きを読む

 夕方近くなって三ヶ根山にプチツー。久しぶりにワインディングを楽しんできました。アジサイの名所ですがまだ咲きはじめといったところです。ただクルマもバイクもほとんど走っていないので気持ちよく走れました。 上から望む三河湾はいつになくスッキリし

続きを読む

ジャストタイミング
2017年06月03日10:32

 梅畑へ梅の収穫に行こうと車庫にいったら,親ツバメが巣のまわりを旋回していました。何度も繰りかえしやってきます。子ツバメにエサを運んでいます。子ツバメたちは親が接近するたびに一斉に大きな口を開けます。どうやら子ツバメは4羽いるようです。 た

続きを読む

 まったく面白くありませんでした。司馬遼太郎さんの対談本です。言っていることがまったく心に入ってきませんでした。新鮮味のない意見ばかりでした。司馬遼太郎さんは好きだし,梅棹忠男さんや今西錦司さんなど一流の知識人がゲストで対談しています。でも

続きを読む

 入浴は週に5〜6日はスポーツジムで済ませています。ルーティーンになっていて,入ってから出るまでパターンが決まっています。 ,泙困和里鯲して湯船に入ります。湯船の中で次のお経を唱えます。 「わたしは幸せでありますように」 「開経偈」「懺悔

続きを読む