ホーム > mixiユーザー(id:18441979) > mixiユーザーの日記一覧 > 異常であるか異常でないかは別として

mixiユーザー(id:18441979)

2015年12月11日21:58

207 view

異常であるか異常でないかは別として

■「同性愛は異常」やじ岐阜県議、委員長などの辞任申し出
(朝日新聞デジタル - 12月11日 14:35)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3755218

 言論をパッシングすることがあたりまえのようになったことのほうに恐さを感じます。

 異常だと思っている人もいるし,異常ではないと思っている人もいるでしょう。また,同性愛者の権利を拡大したいと思っている人もいるし,逆に制限したいと思っている人もいるはずです。いろんな人がいるからいろんな意見があるのはあたりまえです。それが民主主義の気歩ではなかったのではないでしょうか。
 いろんな意見があっていいと思っています。だから,どちらの意見もオモテに出てくることが大切だと思います。言い意見も悪い意見も,為政者にとって都合のいい意見も悪い意見も,どちらも出てくるのが健全な民主主義でしょう。
 北の,ある国ではそうはいかないと思います。その国では将軍様は異常だと言ったら即座に打ち首です。将軍様の悪口だって言えるのが真の民主主義だと思うのですが,違いますか? 

 だいたい,謝罪を要求する人たちは何を求めているんでしょうか。口からでた言葉は消すことができないし,思いはなおさら変えることはできません。自分の思いと違うからといって有無を言わさずに謝罪や撤回を要求することは暴力と変わりありません。
 戦前の社会が,戦争に反対する人たちを非国民にしてしまった眼差しと同じ趣を感じます。本当は戦争に反対なのにそうは言えない人たちがたくさんいたことを想像する力を持たないといけないと思います。
 
 わたしは,「同性愛は異常」とやじった議員をパッシングする風潮に反対します。少なくとも,こんなパッシングを続けていていいことは何にもないと思います。

2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月11日 22:48
    ここで言われているバッシングとは、批判・非難を受けることだと理解します。そうすると、今に始まったことでしょうか。私はそうは思いません。いって良いことと悪いことの基準が変わってきただけのことではないでしょうか。また、発言の拡散範囲の変化もでしょうか。

    前者ですと、昔だって容姿などで異常(変)である事を公然と非難することはバッシングされました。後者ですと、メディアの発達はその場の間違いや過ちと謝罪で済む話でなくなる事が少なくない例は枚挙に暇がありません。

    今回の話では、WHOはすでにLGBTは治療が必要な病気などではなく、本人の意思とは別に生まれ持った性質であるとしており、西側先進国では広く受け入れられています。日本も国連の「性的指向と性自認に関する声明」に賛同しています。

    そういうことになると、今回のことが容認されたとするなら、日本は性的指向と性自認に関する声明に賛同しておきながら、地方議会では性的指向に対するヘイトクライムがまかり通る二枚舌の国・・・となります。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月11日 23:43
    > くーるさん
     何度も読みましたがおっしゃっている意味が分かりません。言われている「前者」が何なのか,「後者」が何なのか一所懸命に考えましたが,分かりません。
     WHOの見解をあなたがどう受けとめられているのかも分かりません。WHOの見解に頼るのではなく,あなた自身が考えられたご意見を拝聴できれば幸いだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月11日 23:54
    > mixiユーザー 

    了解しました。前者は
    「バッシングとは、批判・非難を受けることだと理解します。そうすると、今に始まったことでしょうか。私はそうは思いません。いって良いことと悪いことの基準が変わってきただけのことではないでしょうか。」で

    後者は「発言の拡散範囲の変化もでしょうか。」です。

    つまり、「言論をパッシングすることがあたりまえのようになったこと」が最近の特別な事なのではなく、基準こそ違え、昔もおなじでしたでしょ?と言うことです。さらに、一つの発言の伝播力が昔のそれとは比べ物にならなくなったわけですから、バッシングする人もそりゃ増えて当たり前なのでは?とも。

    WHOの見解は参考情報として書き込みました。要するに、日本国も性的指向と性自認(要するにLGBT)に対して差別することはよろしくないとしているわけです。私もその考えに賛成です。

    であれば、一市民としての発言ならともかく、地方とは言え議会の議員の発言がLGBTへの差別であるなら、批判されて当然ではないでしょうか。
    当初の言い訳である、出生率云々にしても、日本より積極的にLGBTの権利を認めていながら、出生率の高い国はいくらでもあるわけで説得力に欠けます。単純にLGBTが嫌いだ、と言うのが発言の趣旨だと考えるのが妥当です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する