mixiユーザー(id:18367645)

2021年02月23日07:48

25 view

横浜(中華街)B級グルメ28、中華四川・広東料理「萬福大飯店」、750円ランチメニュー「台湾風あんかけチャーハン」(2/2)

[5786]
去年の10月に横浜勤務になり、事務所から歩いて5分ほどで中華街へ行けることもあり、昼飯は日頃不足しがちな野菜類を手軽に摂れるメニューが多い中華料理を食べに中華街へ週1・2回ペースで通うようになっている。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1978452425&owner_id=18367645

2月2日火曜日も昼飯は中華街へ食べに行き、これまでに訪問したことのない店でPayPay決済も可能な店を探していると、5種類の750円のランチメニューを案内している店を見つけ、その中華四川・広東料理「萬福大飯店」へ(写真2)。

野菜類を摂取するなら「E、中華丼」か、確認を要すが場合によっては「A、日変わり(原文まま)」を選べばいいのだが、「B、台湾風あんかけチャーハン」が気になる。

かつて北海道・函館にあった台湾人がやっていた中華食堂「汪さん」の名物だったのが「掛焼めし」、いわゆるあんかけチャーハンだった。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1752526984&owner_id=18367645

ところが、函館「汪さん」は店主の病気のため2012年に閉店してしまった。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1867992373&owner_id=18367645

それ以降も、別の店でスタイルは異なるもののあんかけチャーハンはたまに食べてはいる。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1926839436&owner_id=18367645
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955029830&owner_id=18367645
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972101936&owner_id=18367645

そこで、この日は野菜摂取よりも「横濱・中華街」の中華料理店のあんかけチャーハンはどんなものか確かめてみようと「B、台湾風あんかけチャーハン(750円)」を注文。
フォト

「あんかけ」と言っても掛かってはおらず、先にチャーハンを盛り付けた回りをあんで囲むという、自分にとっては初めてのタイプである。
フォト

まずはチャーハンだけを食べてみるが、薄味の玉子チャーハンで、これだけでも十分おいしい。
フォト

豚肉と青菜が入ったあんと共に食べると、コクのあるあんと薄味のチャーハンがぶつかり合うことなく融合し、一段と旨い。
フォト

スープは溶き卵と春雨が入ったとろみのあるタイプのスープである。
フォト

途中からはあんにお酢を掛けていただく。
フォト

さっぱりして旨い。
フォト

おいしく食べ進み、残り1口になった。
フォト

デザートの杏仁豆腐もいただく。
フォト

おいしくいただき完食。
フォト

野菜摂取はできなかったが、「あんかけチャーハン」と言ってもあんが掛かっていないこのスタイルが「台湾風」なのかは分からないが、おいしかったのである。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28