ホーム > mixiユーザー(id:1833966) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1833966)

日記一覧

 この政権は、末期症状で、もう持たないかもしれない。発足してまだたった半年なのに。◎政権の要のプリーバス首席補佐官をツイッターで解任 トランプ政権の要、日本で言えば官房長官職に相当する大統領首席補佐官のプリーバス氏が、28日、トランプ大統領

続きを読む

 踏まれても付いていく下駄の雪、というのは、都都逸の有名な一節だが、昨今の韓国の従北派大統領の文在寅(写真)は、まさにこれである。◎文在寅、北への相次ぐ呼びかけにも無視 去る7月6日、訪問したベルリンで初めて南北首脳会談開催など朝鮮半島の包

続きを読む

 辞任ラッシュの27日だった。 まず昼過ぎに、民進党代表の蓮舫が辞任の記者会見だ。昨年9月の新代表就任してわずか10カ月。この間、指導力を発揮する場面は全く見られず、時に思いつき、ふだんはただ時に流されるだけだった。◎政治家としての力量を欠

続きを読む

 ペトラのゲートを入って、ジン・ブロックスを通り過ぎ(下の写真の上)、さらに少し進むと、今度は左側に岩を削った巨大な遺構が現れた。 バブ・エル=シーク・トリクリニウムだ(下の写真の下)。◎巨大な墓、バブ・エル=トリクリニウム バブ・エル=シ

続きを読む

 つい1カ月前に訪れたばかりのイスラエルの首都エルサレムが騒然としている。◎4民族の居住区に分かれるエルサレム旧市街 騒ぎが持ち上がったのは、エルサレムと言っても1967年の6日戦争後にイスラエルがヨルダンから奪った東エルサレムのそのまた一

続きを読む

 ラリベラの2泊したラル・ホテルを出て、ラリベラ空港に向かう途中、バスは峠を通った。◎地元の主婦が峠で露店、いったいどうやって商品を上げた? ここでバスが停車した。展望台があるらしい(写真)。 たいていの観光バスが停まるようで、なんと露店が

続きを読む

 それにしても、ペトラは朝から強烈な陽光である。ただ、乾燥していて、湿度は限りなく低い。汗がジメジメと肌にまつわりついたりしないのは、何よりだ。◎紀元前後の墓を横目に強烈な陽光下を歩く 一行の女性たちの中には、アラブ女性のようにスカーフを頭

続きを読む

 トランプ政権が迷走するアメリカは、政治の混乱をよそにニューヨーク株式市場の株価が好調に新高値を更新し続けている。ダウ平均も、ナスダックも、共に勢いがいい。◎新高値のアメリカは絶好調、対して日本はバブル後高値すら遠い 牽引するのは、ニューヨ

続きを読む

 1人の女性遺伝学者が野生のキツネを60年近くも選抜育種・累代飼育したことにより、人類がいかにしてオオカミをイヌに変えたかの道筋を明らかにした。◎60年前にモスクワ大で出会った教授に誘われ 選抜育種の実験をしてきたのは、シベリア、ノヴォシビ

続きを読む

 先の都議選に有象無象を集めて圧勝した都民ファースト、いつまでもつのかけだし見物だが――というのは、これまでの国政の新党は、日本新党に始まり、新生党、太陽党……みんな数年後には解体か既存政党に吸収されて消え去っているからだ。◎4人の親「都民

続きを読む

 世界最高所のエベレストの山頂に立ったことはないが(これからも永遠に無理)、昨年から今年にかけて陸で世界の最低所の地と火山に行った。◎標高マイナス50メートルのダロール火山 後者の世界最低所の火山とは、昨年訪れたエチオピア、ダナキル低地のダ

続きを読む

 エチオピア旅行6日目(実質5日目)の朝が明けた。 僕は、例によって朝早く覚醒し、モゾモゾとベッドから起き出した。 全身に注意を向ける。ありがたい! 2日間、同じベッドで寝たが、ダニに刺されていなかった。◎暗いうちから白衣の人たちが道を行く

続きを読む

 秋の共産党大会を控え、またぞろ中国共産党の権力争いが勃発した。 25人しかいない党政治局員の1人で、重慶市党委書記(重慶市のトップ)の孫政才(写真=53歳)が失脚したのだ。◎発表前日に出張先の北京で拘束 孫は、極めて若くして党政治局員に昇

続きを読む

 遼寧省瀋陽の病院で13日に逝去した劉暁波氏は、15日に火葬後に遺骨を海に沈める「海葬」にされた。暁波氏の実兄の暁光氏(68歳)が15日、市当局の立ち会いのもとで記者会見し、明らかにした。◎海中に遺骨を投棄させた「海葬」か!? スターリン主

続きを読む

 外から地球を眺めたら、さぞかし美しいだろう、とは時々、思う。地球を人類で初めて外から眺めたのは、ソ連のユーリィ・ガガーリンであり、1961年4月のことだ。◎人類に遠かった宇宙 彼は、ソ連がアメリカに先駆けて打ち上げたヴォストーク1号で、初

続きを読む

 有名歌舞伎役者の若い奥さんで、自身、フリーのアナウンサーをしていた女性が癌で亡くなり、テレビのワイドショーや芸能誌は、一時この話題もちきりだった。◎癌宣告後の行動に疑問 たまたま有名人だから大きな話題になったが、誰であれ若くして早世するの

続きを読む

 危篤が伝えられていた劉暁波氏が、13日、事実上、獄死した。病院で治療すると称して仮釈放されてから僅か10数日後のことだった。◎癌の進行を放置し、事実上の死刑 中国の民主活動家にして作家、2010年にノーベル平和賞を受賞し、「中国のガンジー

続きを読む

 トランプ政権に、またも新たなロシア疑惑が持ち上がった。発足以来、この政権ほど、物議をかもす政権は、アメリカ政治史上でも世界政治史でも珍しい。◎トランプ大統領の長男がロシアゲートの主役に 今度は、離婚した前妻との長男のトランプ・ジュニア氏の

続きを読む

 東京都議選で自民党が大敗したのは事実だが、もう1つ敗北したのは民進党だ。 この党は、いったい何のためにある政党なのか、改めて分からなくなった。 それを痛感させられたのは、このほど労組全国組織の連合が政府と調整した「脱時間給」制度法案の修正

続きを読む

 永遠の輝きを持つ金(gold)は、宝飾品、工業用・歯科材料、さらには投資、いざという時の現金に代わる携行品として広い用途を持つが、これを決済手段にする試みがある。◎金を購入してデビッドカードで買い物の支払い やや古いが、愛読している日経新聞の

続きを読む

 イラク第2の都市モスルが、ついにISIL(自称「イスラム国」)から解放された。先月からISILは300人程度に減った戦闘員が、住民を人質にとる形で旧市街の狭い一画に立てこもって抵抗していた。イラク軍は、建物1軒ずつ捜索し、戦闘員を虱潰しに

続きを読む

 大音量の「おはようコーラン(本当はアザーンというらしい)」で目を覚まさせられたが、4時を過ぎても外は真っ暗だ。東京なら4時なら、もう薄明の時でもある。◎迷惑コーランでじっと本を読んで朝食を待つ ヨルダンと東京との時差は6時間ある。しかし5

続きを読む

 僕の知人で、無類のウマ好きがいる。ウマ、と言っても、動物としてのウマではなく、レースのウマ、つまり競争馬だ。◎かつて農耕・運搬・軍用として重視されたが 資産家だから、馬を何十頭も持っている。ただクラシックレースには1頭も出場したことがない

続きを読む

 日本とEUのEPA(経済連携協定)締結が6日、大枠合意に達した。訪欧した安倍首相は同日、EUのトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長との首脳会談で、EPAの大枠合意した。 トランプ大統領の当選で反古にされたTPP後、行き詰まりかけた世界の自由

続きを読む

 7月4日はアメリカ独立記念日である。その日に、北朝鮮ならず者集団はトランプ政権へのプレゼントとして日本海に「火星14」ミサイルを打ち込んだ。翌日、ならず者集団はICBMだと声明し、アメリカも遅れてICBMだと確認した(写真=火星14の発射

続きを読む

 イスラエル・ヨルダンの旅から帰って、紀行文はすっかりそれになったが、エチオピア紀行はまだ道半ばだ。 頻度は落ちるけれども、時々、続編を続けていく。◎まず豆を煎り、お湯を沸かす さて、ラリベラ岩窟教会群の最後の聖ゲオルギス教会見学を終えた後

続きを読む

 けたたましい音量で目を覚まさせられたのは、まだ外が暗い未明だった。 いくらビジネスシートで横になれたとはいえ、やはり機内は熟睡できない。そしてやっと泊まったペトラのホテルでの出来事だ。◎午前3時45分、そしてその後にさらに2度 コーランの

続きを読む

 2日の都議会選で自民党は歴史的大敗を喫したが、テレビ、新聞、週刊誌が競って自民党の閣僚・議員らのスキャンダルを、これでもか、とばかりにがなりたてたのだから、結果は、ある意味、当然だったかもしれない(写真=選挙結果に渋面の自民党の下村都連会

続きを読む

 2日に投開票の行われた東京都議会選は、予想以上にネオポピュリスト党とも呼ぶべき「都民ファースト」が大躍進、第1党となり、自民党は惨敗した。 結果を受け自民都連の下村会長、萩生田総務会長ら党5役全員が辞任する方針だ。◎相次ぐスキャンダルの大

続きを読む

 旅から帰って10日ほどで、やっと溜まった新聞を読み終わった。目まぐるしく動く世界にあって、6月の新聞など今や「古」聞だが、旅の期間の世界情勢、国内政治、経済動向がすっぽり抜けるのは、僕には許容できない。 さらに溜まった郵便物の処理もある。

続きを読む