mixiユーザー(id:1833966)

2021年07月22日04:54

73 view

ワクチン接種者と未接種者を「区別」せよ:武漢肺炎、アメリカ、イギリス、そして日本で再燃に寄せて

 武漢肺炎ワクチン接種で先行したアメリカ、イギリス、新たな新規感染者の波が襲っている。

◎先行アメリカに岩盤の反ワクチン信者が立ちはだかる
 ワクチン接種に力を入れるアメリカのバイデン大統領は、7月4日の独立記念日まで接種率を70%にもっていく、としていたが、達成できなかった。
 接種率60%を越したあたりから、アメリカに限らず、イギリス、さらにイスラエルでも頭打ち傾向が見られるのだ。
 宗教的信念や岩盤のような非科学的反ワクチン信者がいる。アメリカでは、ワクチンで「微小なICチップが埋め込まれる」だの「不妊になる」だの荒唐無稽のデマがネットで飛び交っていて、ますます無知な連中を尻込みさせているという。
 日本では出遅れたが、菅首相がリキを入れるだけに、一部自治体で不足するほどワクチン接種が進み、今は一般の人にまで接種が始まっている。
 しかし荒唐無稽なデマに惑わされる傾向の強いオカルトかぶれの若者を接種会場に連れて行くのは、日本でも容易ではないかもしれない。

◎アメリカの新規感染者の97%以上はワクチン未接種者
 これまでの経過でワクチンの効果は、はっきりしている。
 アメリカ、イギリス両国とも新規感染者は、このところむしろ増え気味だが、顕著なのは重症化患者や死者が激減していることだ。
 感染力が最強のインド型(デルタ型)の蔓延で、例えば20日の新規感染者はアメリカ5万2110人、イギリス4万0671人と多くなっている。この数だけ見れば、世界のワースト5に入るだろう。
 しかし死者は、同日でアメリカが211人、イギリスではたったの19人だ。普通の風邪でも高齢者や慢性疾患で体力が弱っている人は死ぬので、もはやこうした死者数は、武漢肺炎の犠牲者とは言えない。
 対して、新規感染者数が多くなっているのは、3分の1強を占める未接種者がいるからだ。CDC(アメリカ疾病対策センター)のワレンスキー所長によると、最近の入院患者の97%以上はワクチン未接種者だという。イギリスでも同様の傾向だ。

◎ワクチン未接種者から広がる新規感染者
 だからイギリスのジョンソン政権は、感染拡大でも19日に、イングランドで社会的な規制を完全撤廃した。
 イギリスで早々と社会規制を撤廃し、経済が活性化しているように、ワクチン接種は明らかに公共的意義が大きい。接種が進まなければ、おそらくは3分の1は残ると思われる未接種者(多くは若者)を中心に、いつまでも新規感染者は出続ける。
 彼らは、確かに重症化リスクが小さいから、たかをくくっているのかもしれない。しかし例えば「東京で新規感染者が1000人出ました」とNHKなどががなり立てると、自分に都合のいい医療関係者を登場させ、医療逼迫する、緊急事態だ、酒の提供禁止だ、飲食店は7時までだ、と言いつのらせる。これが、経済回復の足を引っ張る。

◎今は若者の感染症に
 つまり、ゼロ・リスク信仰の日本の一般人は、イギリスほど割り切って考えられないので、いつまでたっても武漢肺炎の影響を引きずることになる。日本の株価が先進国・新興国を含めて世界で最低のパフォーマンスなのも、ゼロ・リスク信仰の一般人の影響力を軽視できないからだ。
 最近、日本でもインド型が影響力を強める中で、新規感染者数は「第5波」と言えるほど多くなっているが、死者も重症者も明らかに第4波よりはるかに少なくなっている。また接種の進んだ高齢者の割合は無視できるほどに小さくなり、20代、30代で過半数を超える(図)
 先ほどワクチン接種は社会的意義が大きい、と述べたが、先行した諸国のように日本も接種率が頭打ちになるようなら、接種者にワクチン・パスポートを与え、インセンティブを与えるようにすればよい。

◎区別をつけて接種者には社会的優先権を与えよ
 ワクチン・パスポート保有者には、レストランや大規模施設への入場を自由にし、基本的に規制は免除される。海外旅行も認める。しかしワクチンを接種しない者は、社会に負担をかけ続けるので、そうした優先権は与えない(写真=日本の反ワクチン信者。マスクもしないで密集して大声でシュプレヒコールを挙げる)。
 政策当局は、海外各国や日本の具体的データで、その正当性を説明し続ければいい。むろん朝日新聞や立民などは、「差別だ」と批判するだろう。
 それは、「差別」でもなんでもない。ワクチン接種したかどうかの「区別」であって、接種者は安全なのだから行動の自由は民主主義国の権利として認め、未接種者にはリスクを与える潜在可能性があるから制限を加える、というだけの話だ。

注 容量制限をオーバーしているため、読者の皆様方にまことに申し訳ありませんが、本日記に写真を掲載できません。
 写真をご覧になりたい方は、お手数ですが、https://plaza.rakuten.co.jp/libpubli2/diary/202107220000/をクリックし、楽天ブログに飛んでいただければ、写真を見ることができます。

昨年の今日の日記:「札幌の旅(9):狭い一角に美しきルピナスの咲く開拓の村」https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1976375688&owner_id=1833966

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031