mixiユーザー(id:1833966)

日記一覧

 9月の立法会選挙を強引にぶち壊したスターリニスト中国とその傀儡の林鄭月娥らは、今度は民主派メディアの弾圧に乗り出した。◎筋金入りの民主派言論人に弾圧の魔手 10日、香港警察を使って中国共産党に批判的な論調で知られる香港紙・蘋果日報(アップ

続きを読む

 小惑星「りゅうぐう」に着陸し、岩石を持ち帰ったとみられる探査器「はやぶさ2」は、いよいよ今年の12月6日に帰還する。◎燃料たっぷり残り、隕石程度の超ミニ小惑星の探査に ただ、正確に言えば、試料の入ったカプセル(写真)を帰還させるだけだ。実

続きを読む

 今や呪われた存在である武漢肺炎の病原体である新型コロナウイルスだが、このウイルスのゲノムは、我々真核生物と違い、RNAである。◎胎盤生成に深く関与した感染ウイルス RNAは、生物細胞内に入り込むと、一部が逆転写酵素の助けで宿主生物のDNA

続きを読む

 アメリカの現職大統領に3代続けて大統領官邸でじかに面会した日本人は、他にいるだろうか。しかも、幕末に。◎見習い炊事夫として船に乗った13歳で漂流 アメリカ彦蔵こと、浜田彦蔵(洗礼名ジョセフ・ヒコ)である(写真)。 播磨の生まれ(1837年

続きを読む

 いまだ武漢肺炎の特効薬は、世界で現れていない。国内で5月に特例で承認した「レムデシビル」、その後に国内で2例目となった抗炎症薬「デキサメタゾン」が正式に承認された治療薬だが、特効薬と言える「切れ味」はない。◎世界中が開発中のワクチンの「青

続きを読む

 料理などに広く使われ、ドリンクとして若い女性に大もてのココナツ。いわゆる「椰子の実」である(写真)。◎首輪を付けたサルが椰子の木に登って収穫の画像を暴露 以前、タイとベトナムで未熟果にストローを差し込んでココナツジュースも飲んだことがある

続きを読む

 翌朝、枝を編んだ簡易ベッドで起床した。 水がないので、顔を洗えない。ウエットティッシュで顔をぬぐっただけ。◎コンロ2基で我々の食事作り 食堂兼集会所に集まり(写真)、朝食。何だったか思い出せない。パンと何か付け合わせがあった程度ではないか

続きを読む

 アメリカで入念に検討されていたスターリニスト中国発の動画投稿サイト「TikTok」(ティックトック=写真)が、マイクロソフトへの売却か、利用禁止されることになった。◎中国共産党に監視され、その意向に忠実な自由世界に普及するネット企業 TikTokは、

続きを読む

 今や習近平の忠実な下部に成り下がった香港行政長官の林鄭月娥は、親スターリニスト中国派の不振が予想される9月6日投票予定の立法会(議会)選挙の1年延期を発表した(写真=1年延期を発表する林鄭月娥と立法会の建物)。◎穏健派を含め民主派12人の

続きを読む

 武漢肺炎パンデミックの恐怖で、世界中の株式、債券、さらに原油が売られた3月半ば――それが落ち着いたかに見える現在、金価格と円買い・ドル売りが進んでいる。◎ドル安・円高、金価格史上最高値 円・ドル為替相場は、いつの間にか1ドル=105円を突

続きを読む

 今年は、アメリカで禁酒法が制定されて100年になるのだそうだ。 禁酒法なんて、世界史の話で、今の人たちにはピンとこない。実際、ハリウッド映画でアルコールが画面に出てこないなんてことは決してない。そんなアメリカで、100年前にこんな社会政策

続きを読む

 台湾の李登輝・元総統(写真)が30日、台北市内の病院で死去した。97歳の長寿を全うした。◎スターリニスト中国から「中華民族の永遠の罪人」などと罵られ 李登輝氏と言えば、偉大な2つの功績を忘れられない。国民党の蒋介石、蒋経国の世襲独裁から台

続きを読む

 ずいぶんと間が空いてしまったが、久しぶりのエチオピア紀行である。僕たちは、四駆に分乗し、砂漠の低地、水も電気もないアハメド・エラ・キャンプに着き、まずラクダに岩塩塊を載せてワディを運ぶキャラバン隊を観た(写真)。 キャンプに戻って、まだ明

続きを読む

 マネーは、臆病である。 少しでも不安があれば、安心できる所に逃避する。◎香港市民は静かに香港ドルを売り、米ドルを買う 今、香港で静かに香港ドルを手放し、米ドルを買う人が増えているという。両替屋の窓口に連日、列が出来、係員が追い払っても追い

続きを読む

 梅雨期の豪雨で、九州などの各地でまたも多数の死者・行方不明者が出ている。近年は、毎年のようにこうした水害が発生する。いくら防災のハードを充実させても、自然はそんな人間の浅知恵をあざ笑っているかのようだ。◎温暖化進行、1世紀世で約1℃上昇 

続きを読む

 札幌中心部の名店ラーメン屋で遅い昼食を済ませた。ちなみに高血圧気味の僕は、ラーメンは基本的に食べない。しかし札幌に来た時くらいはいいだろう、と自分を納得させ、スープまで飲んでしまう。健康に悪いと思いながら。◎疲れが溜まり次第に歩行数と歩行

続きを読む

 幕末の北辺の箱館(現・函館)に、気骨ある幕臣がいた。名は、小出秀実といい、当時、箱館奉行を務めていた(写真=箱館奉行所復元建築、ただし小出が奉行を務めていた時よりは新しい)。◎硬骨漢、箱館奉行の小出秀実 開国間もない時期は、日本にやって来

続きを読む

 習近平は、狂っているのか。習の指揮する戦狼外交は、今や世界各国からの反撃を受け、孤立化を強めている。 その象徴的出来事が23日、アメリカのポンペイオ国務長官のカリフォルニア州での演説だ(写真)。ポンペイオ国務長官は、習近平を名指ししたうえ

続きを読む

 武漢肺炎がまたぶり返してきた。あらためて根本治療薬の存在しないウイルス性感染症との闘いが一筋縄でいかないことを痛感させられる。◎学校現場の混乱を呼んだ全国一斉休校 ただ以前から僕が主張するように、武漢肺炎は基本的に高齢者と持病持ちの人以外

続きを読む

 東京株式市場は、2万3000円の厚い壁に跳ね返される毎日で、膠着感が強い。 しかし元気な銘柄は、順調に年初来高値や上場来高値を取っている。半面、重厚長大のオールド・アナログ銘柄や銀行、繊維、建設、運輸、小売り・飲食などの業種は、3月の大暴

続きを読む

 恵迪寮の建つ区画の斜面に、ルピナスが咲いていた(下の写真の上)。百合が原公園でも一部で咲いていた(下の写真の下)。 だいぶ前のことだけれど、前回、開拓の村を訪れた時は咲いていなかったと思うので、人の手で種子が蒔かれて育てられているのだ。◎

続きを読む

 乾燥大陸の東アフリカで国際的な水争いが起こっている。◎エチオピアの大ダムでエジプトとスーダンが気を揉む 経済成長著しいエチオピアが国内の電力不足を解決する切り札として多雨地帯を流れる青ナイル川(Blue Nile)に2011年から建設中の巨大水力

続きを読む

 そろそろ開拓の村に入って2時間だ。入口広場を挟んだ西外れに食堂がある。 ここで一休みがてら食事を採るか、とも思ったが、今、食事をとると、札幌に来たら1度は食べることにしている市中心部にある美味いラーメン専門店のラーメンが食べられない。◎ミ

続きを読む

 南米大陸とポリネシアとの接触の有無は、新大陸とオセアニアの各考古学界で長い間、議論の的だった。両大陸の人類の間で接触のあった有力な証拠は、ポリネシア各島でヨーロッパ人の渡来以前に広く新大陸原産のサツマイモが栽培されていたことだ。◎ポリネシ

続きを読む

 アメリカのEV(電気自動車)メーカー、テスラの株価時価総額が日本のトヨタを抜いて世界一の時価総額自動車メーカーとなった(下の写真の上=カリフォルニア州パロアルトにあるテスラ本社、下の写真の下=「モデルS」の車体を作る工場)。◎時価総額、ト

続きを読む

 スターリニスト中国による香港国家安全維持法が施行され、数時間後の去る1日には実際に市民を逮捕したが、その圧力のもと、11日、12日の両日にわたって民主派が9月6日の立法会(議会)選挙への候補を絞り込む予備選が実施された。予備選で民主派の乱

続きを読む

 アメリカがスターリニスト中国がまるで自分の家の池の如く勝手放題に手を入れている南シナ海への不介入政策、すなわち黙認政策を止めた。◎ポンペイオ国務長官、スターリニスト中国の南シナ海領有権主張を違法と断定 13日、ポンペイオ国務長官は、世界は

続きを読む

 開拓の村は、だだっ広い。1つひとつ紹介していたのでは、いくらスペースがあっても足りない。だからここではいくつか興味深かったものだけを紹介するに留めるが、どれも極めて興味深い建物だったとは言っておこう。◎鰊御殿の旧青山家漁家住宅 僕が最も興

続きを読む

 氷河期末から後氷期にかけてのメキシコ、ユカタン半島のパレオインディアンが洞窟の奥深くでオーカー(二酸化鉄)を掘り出していた痕跡が見つかった。 メキシコなどの国際研究チームが調査成果を、7月3日付けの学術誌『Science Advances』に発表した。◎

続きを読む

 スターリニスト中国が中印国境付近のインド側で、インド軍兵士約20人を殺害し、にわかに緊張が高まったのは、去る6月15日だ。◎国境のインド側に恒久的建物を建設 南シナ海の岩礁の埋め立てを強行して軍事基地を築く一方、今年春に島々に新たに2つの

続きを読む