mixiユーザー(id:18290566)

2015年12月03日19:18

232 view

「モグラ漫遊記」第二十九部〜佐世保歴史探訪編〜

第十二話「浦頭引揚記念館」

承前

ナビに案内され、安全運転に心がけ(笑)ながらもっちーが車を走らせます。

16:30「浦頭引揚記念館」到着。もっちーが我々を案内したいと思っていた場所は、ここでした。

終戦直後の昭和20年9月、佐世保は外地からの引揚港に指定され、引揚者の母国への上陸第一歩を印した場所が、佐世保湾の南東に位置するこの浦頭だったのでした。

ところでモグラは懐メロは好きなので、田端義夫の「かえり船」も当然歌えます。
しかし、この歌が外地からの引揚者の気持ちを歌った歌だということは、この時初めて知ったのでした。

う〜ん、もっちーも渋い所に連れて来てくれるなあ(笑)。

た:「こんなとこ、普通の観光じゃ絶対来ないよね」

たぬきの言葉に、しみじみと浦頭港の方を眺める三匹だったのでした。

も:「さて、それでは佐世保に戻ってチェックインしますか」

本当は、西海橋まで行く予定だったようですが、時間が押してしまったのでその日は諦めることにしたのです。

た:「でも、西海橋は行ってみたいからさあ、明日の朝行こうよ」
も:「判りました」

ということで話がついて、我々は佐世保に戻ったのでした。

17:20佐世保ワシントンホテル到着。
ここは、たぬきの宿なんですが、車はここに置いて、もっちーとモグラはホテルまで歩いて行くことにしました。
そこで駐車する時の一幕。

例の回転収納タイプの駐車場だったのですが、もっちーが車を進入させて止める時に、守衛のおじさんが「ようそろ〜」と言ったのです。
おや(笑)?

三匹が車を降りておじさんに尋ねると、案の定、元海自呉基地の潜水艦乗り(笑)。
もっちーも海自OBですというと嬉しそうにしていました。

も:「じゃあモグたんとチェックインしてここに戻って来るから、それからタクシーで店に行こう」

ということで、もっちーとホテルに向かいます。
さっきワシントンホテルに入る時に看板が見えていたので、大した距離ではありません。
5分で着いてチェックインしてみれば、もっちーとモグラは隣の部屋でした(笑)。

すぐにたぬきをサルベージに行くことにして入室。
荷物を放り投げ、デジカメだけを持ってロビーに集合したのでした。

続く
4 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月03日 19:32
    たぬきというより防舷物のサルベージ(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月03日 20:25
    引揚記念館。苦労して同胞の犠牲を尻目にやっとたどり着いた日本でDDTをかけられ、力尽き命を落とす者もいた中で、故郷への望郷の念を抱いて散り散りに故郷に帰って行ったこの地をぜひとも見てほしかった。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月03日 20:41
    > mixiユーザー 
    うん、もっちーは殆ど知られていないそういう場所に連れて行ってくれるから、とても勉強になります。
    寿命が尽きるまでに、あと何回「オフ会」できるかな(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月04日 10:44
    浦頭引揚記念館・・へぇ〜目そんなに、素敵な所でしたかぁ〜ウッシッシ
    西海橋は、次回のオフ会って言う事で〜ウッシッシ オフ会は、まだまだ続きますよぉ〜(爆爆)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月04日 19:34
    防舷物で吹いたwwwww
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月05日 15:58
    > mixiユーザー 何を吹いたの〜?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月05日 17:40
    > mixiユーザー 
    防舷物とは、こんな↓物体で、
    https://www.yrc.co.jp/industrial/products/marine_01.html
    昔から、たぬきの異名なのです。
    まあ、それとは別に暴言物という説もありますが(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月05日 17:42
    > mixiユーザー そうなんですかぁ(*^◯^*)るんるん

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する