ホーム > mixiユーザー(id:18250550) > mixiユーザーの日記一覧 > 日本柔道の授業には段取りというのがあって、

mixiユーザー(id:18250550)

2019年10月22日01:09

24 view

日本柔道の授業には段取りというのがあって、

高校の時、私とHが組んだ。
二人ともジャイアント馬場のファンで、二人ともスローモーションに見える動きだった。
技は「パー」って言って、逆水平チョップとか、ランニングネックブリーカードロップなどは、柔道では禁じ手なので、二人で段取りやってたら担任が、
「遅すぎる」。
「いやこれは遅い様に見えるけど最強の技なのだ」

と言って本当は凄い技掛けた。
藤井七段も、一部の爺さんとゲームオタク以外の、
TV視聴者は訳分かんないで負けるんじゃないのか?

私は囲碁は未だに訳分かんないぞ!
ラグビーのノックオンは分かった。こけた時に前へ玉こぼすの。

*************************************

■藤井七段が羽生九段破る 王将戦の挑戦者リーグで首位に
(朝日新聞デジタル - 10月21日 20:20)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5834640
2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 12:06
    ニュースから失礼します

     ノックオンは選手が転ぶかどうかは関係なく、前にボールを落としたら反則です。例外はドロップキックだけだと思うのですけど、私もルールを良く知らないので、近くに知っている人がいれば聞いてみてください。
     転んだ場合は、ボールを手で持っている、あるいは手を使うのが反則になるので、その場合ボールをコントロールしていいのは足だけになります。それで、転んだらボールから手を放すことになります。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する