mixiユーザー(id:18218462)

2020年06月01日12:29

123 view

あらゆる歴史を守るために

こういう事は、決して宇都宮の「とくじら」だけではなく、全国でちょくちょく起こりうるだろう。

そうした時は、地域は怒るべき。

その地域には、その地域にしかない、その地域が歩んできた歴史があり、その地域が培ってきた伝統や文化がある。

それがどんなにささやかなものであっても、
或いは、よく似たようなのが他にあるとしても、
それそのもの、それ自体は、そこにしかない、かけがえの無いものなのだ。

それを踏みにじるモノには、怒るべきなんだ。
抗議すべきなんだ。
そうして、地域を守るべきなんだ。

ワタシは、宇都宮とは全く縁もゆかりもないけれど、
「とくじら」
を応援します。



■徳次郎町、読みは「とくじら」が常識なのに 住民は困惑
(朝日新聞デジタル - 06月01日 12:13)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6103101
7 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月01日 13:07
    ニュースから失礼します。
    徳次郎と書いて「とくじら」と読むのはそうなった理由があるはずです。読みにくい字ならフリガナをつければいいだけの話しです。
    たとえば、群馬県には地名かどうかは不明ですが、治良門橋と書いて「じろえんばし」と読む駅があります。千葉の方に行けば木下と書いて「きおろし」、下総松崎と書いて「しもうさまんざき」と読む駅もあります。いずれもそう読みそうなった理由があるはずです。
    近年の自治体合併で、無茶苦茶な自治体名が多く出るようになりましたが、由来や理由を無視した、地名や駅名の変更は反対です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する