mixiユーザー(id:18135896)

2020年09月11日19:10

48 view

仮面ライダーは「悪」である

放送20周年記念『仮面ライダークウガ』YouTubeで無料配信 オダギリジョー主演の平成仮面ライダー第1作
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=6228

「仮面ライダーって悪い奴なんだよ!だって人を殺してるんだもん!」

幼い頃、兄と交わした会話…

その思いはずっと変わる事なく、それでも

仮面ライダーは好き

という思いで生きてきた

と同時に

仮面ライダーという作品で、この事に触れる事は不可能だろう…と思っていた…

それにふれたら

仮面ライダーに限らず、全てのヒーロー番組は成立しなくなってしまうからだ…

仮面ライダーは人の手本にならないといけない

仮面ライダーは正義でなければならない

それが

仮面ライダーは人を守る為とはいえ、暴力をふるっている…

怪人化されているとはいえ、人間、生物を殺している…

それは正義の為?

だから、暴力は殺人、殺害は許される?

それは正義といえるのか?

そもそも…

正義とはいったい何なのか?

こんなふうに考えなければいけなくなり

番組を成立させる事が相当難しくなる

だから

仮面ライダーはそういう所にはベールを被せて、見えないようにし、怪人を殺す事に快感を感じさせるアクション番組

として作られてきた…

しかし…

仮面ライダークウガ

という作品を観て

非常に驚いた…

「仮面ライダーも暴力を振るう存在」

「仮面ライダーも生物を殺す存在」

その事にしっかりとふれており

また、仮面ライダー自身が

「自分が暴力を振るう事に苦しんでいる」

「暴力は他人だけではなく自分も傷つける」

そういう、今までの仮面ライダーでは、触れる事はタブーとされていた事にしっかりと触れていた事…

まさか…仮面ライダーがこんなふうに描かれる時代がくるなんて…という思いを抱き

これは、今までとは違う意味で面白い仮面ライダーになると思ったものだった…

しかし…当たり前だが

「仮面ライダーは無数に襲いかかってくる戦闘員を次々と殴り殺し、蹴り殺し、最後は怪人をライダーキックで蹴り殺す!怪人が豪快に爆発して死ぬ所を見て、爽快な気分になりたい!正義?そんなのはどうでもいい!殺す側の仮面ライダーが正義で、殺される怪人が悪でいいんだよ!そういう仮面ライダーこそが真の仮面ライダーだ!それが観たいんだ!」

という人にとっては、この仮面ライダークウガという作品は、決して受け入れられないだろうな…と思った

仮面ライダークウガから始まった平成ライダー

「仮面ライダーとはいったい何なのか?」

「正義とはいったい何なのか?」

「ヒーロー番組とは何なのか?」

「アクション番組とは何なのか?」

昭和の仮面ライダーでは考えなかった事

それをあらためて考えさせてくれた作品

価値ある作品だと思う…












0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する