mixiユーザー(id:1810450)

2021年11月29日20:01

278 view

事業所自身が閉鎖という理由での転勤という話

「原告が人事担当者との面談に応じなかったことを挙げ、「説明の機会を放棄した」と判断した。」面談しても結果が変わらないとの判断があったかもしれないがこういう客観的な判断をされるときにそういう事実がマイナスとなってしまう。
◆「子育てに支障」転勤拒否訴訟 大阪地裁がNEC系元社員の訴え棄却
https://news.yahoo.co.jp/articles/be617e6620ec7af28eead5014cfcaf54ff5f0b1e
「大阪市内の拠点で働いていたが、そこの閉鎖が決まり、19年春に川崎市への転勤を命じられた。応じずに赴任しなかったため、業務命令違反で懲戒解雇された。(中略)会社側からは、大阪でのシステムエンジニア職への復帰や清掃会社への出向も持ちかけられた。だが、業務の内容などをめぐって見解の隔たりがあり、いずれも破談になった。」
厳しい言い方だが個人が転勤を言われたのでなく、恐らくその事業所にいた人たち全員が転勤を言われたはずだ。そして、企業側も転勤が出来ないならという条件を出してくれた。そもそもだが「事業所が閉鎖された時点」で全く同じ環境の仕事は出来なくなっているのである。
大企業グループ会社だからまだしもこれが中小企業だったら事実上の倒産である。それでもこのケースでは企業側は譲歩してくれたと思ってしまうのは私が社畜な側なのだろうか?

■転勤拒否の解雇「無効」認めず=元NEC子会社社員敗訴―大阪地裁
(時事通信社 - 11月29日 18:30)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6758294
10 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月29日 20:08
    これは会社側は誠意ある対応取ってると思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月29日 20:17
    > mixiユーザー これで訴えられたら、企業もたまったものじゃない。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年11月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る