ホーム > mixiユーザー(id:1806035) > mixiユーザーの日記一覧 > 非モテオタクの妄想は江戸時代から

mixiユーザー(id:1806035)

2017年12月03日23:10

369 view

非モテオタクの妄想は江戸時代から

宇宙から鬼娘がやってきたり、テレビから女の子がが出てきたり、猫が女の子になったり、這いよる混沌が女の子になったり、
しかもそれがみんな美少女で、とりえのない男に積極的に惚れて迫ってくれる。
 モテないオタク男の妄想って、やれやれ、あほかと呆れている皆様、多いでしょうが、実はこれって江戸時代からだったんですね、

という紹介がこちら。

https://togetter.com/li/1177468

非モテ男子のもとに人外美少女がやって来る物語は江戸の頃から

https://blogs.yahoo.co.jp/kikugdoo/15372213.html?__ysp=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9raWt1Z2Rvby8xNTM3MjIxMy5odG1s
https://blogs.yahoo.co.jp/kikugdoo/15372232.html
「箱入娘面屋人魚」
 
 こっちの絵柄は、よりリアルです。

てか、首から下、魚じゃん。
どう見ても人面魚じゃん。
いくら顔が美少女だからって、どうやって抱くんだ!つか、嫁にしていいのか、これ。

まあ、戸籍制度とかない江戸時代のことですからねえ。
…、あ、でも、今でもニャル子とか、戸籍どうしていたんだろ?

で、この男、非モテの上にド貧乏です、まさにキモくて金の無いおっさんです。
で、人魚つうか人面魚、キモカネのために、なんと風俗バイトまでしてくれます。
でも、魚臭すぎてくびになっちゃいます、そりゃ、そうでしょう。
そもそも、最初から採用するなよ〜(-_-;)お床入りの時、どうする気だったんだ、店側は。
つか、尾ひれあるし、うろこ見えてるし。
獣姦ならぬ、魚姦プレイかよ!って感じですが、魚臭くなきゃいいって男がいたんでしょうか(ーー;)

それでもめげない魚ちゃん、今度は舐めると若返るとばかり、一舐め一両で商売始めます。
今で言うアンチエイジングですね、美魔女が殺到しそうです。

最後に都合よく現れる浦島太郎と雌鯉の両親。
つか、玉手箱って、こういうんだっけ?
てか、浦島太郎、都合よすぎだろ!

と、まあ、最初から最後までつっこみどころだらけなんですが、突っ込んだら負けな、まるで70年代のジャンプの連載マンガみたいなダイナミズムにあふれた展開です(そうなのか?)

…で、これ、最近、映画化されてるんですね、全然知らなかったけど。


3 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月03日 23:15
    >魚臭すぎてくびになっちゃいます
    そんなリアルな妄想いやです(笑) 現実離れしていて構わないのでもっとメルヘンで幻想的な妄想がいいですあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月03日 23:42
    > mixiユーザー 

     いやいや、それじゃ、人面魚ちゃんが遊郭で男たちの慰み者にされちゃいますよお^m^

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 00:16
    これは、笑えるしとても興味深いですねwww
    何世紀も経ているにも関わらず、感性が変わってないという事に興味が尽きません!!
    既にこんな時代に、エロ漫画・美少女アニメ・ラノベの心があったとは…!!
    まぁ好意的に考えれば、25世紀頃に『平成時代の性的意識は…』と言う検証に現在のエロ漫画・ラノベが用いられるようなものでしょうね。
    最近になって、オタク業界人ではないオタク(消費する側の)の知り合いが沢山出来たのですが、僕がエロ漫画家やってた頃に彼らと知り合いたかったとさえ思いますね…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 00:18
    こういう異類婚姻譚って鶴女房とか雪女とか日本昔ばなしの時代からあるので、
    300年前どころか千年前からありますよね^^;
    たいてい子供ができると女房の正体がばれておんだされるパターンなので、
    この話のちゃんと添い遂げる漁師はいい人だと思います。
    浦島太郎は酷いけど、乙姫はどうしたんだろう?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 02:06
    (元)遊女の肉体をなめさせる、という商売、ヘンタイちっくでニッチ、これはマニアにウケそうだ!と思ったド変態が通ります(笑)
    いわゆる「逆リップ」ってやつですね?(笑)現在の風俗でも使えそうなアイデアですね。人魚を舐めると寿命が…云々の設定


    作者の山東京伝は風刺の聞いた大衆本を書きまくり(イラストライター兼シナリオライターだった)風俗壊乱の咎で当局から手鎖数十日の謹慎刑を受けてますね。


    この作品は初めてみました。
    花魁の床入りも出てきますが
    (ちなみに省略されてますが、道中するような花魁は上位の高級で、1回では床に入れず。最初の1回は「初会」でサロンで煙草吸うだけ、2回目「裏を返す」でやっと花魁の私室まで上げてもらえ、3回目「馴染み」で、やっと床入りです。)やはり、日本のエロスと思いました。
    乳房の描写がないからです。なくてもエロは成り立つという前提なんですね!。

    江戸の春画を見て、今のグラビアポルノやAVと一番違う感覚だと思うのは、乳房へのおざなり感、無関心(笑)
    小さいし。愛撫の描写も、ほとんど無し

    性器の執拗で誇張されたな描写に比べて全くと言っていいほど画家の関心の対象になってなくて、当時の人にとって胸はあまり性的器官じゃなかったのが窺えます。
    これが、西洋の春画、ポルノだったら、マーメイドは腕がすらりと伸び、胸はグラマーで、ビキニみたいな申し訳程度の貝殻(笑)で両胸を隠す絵になるはず…(笑)

    日本の衣装はコルセット(ウエストを絞り乳房は前に突き出す仕様)を欠き、ブラジャーすらなく、どちらか言うと胸は小さい方がよかったらしいので。
    庶民の女性は腰巻きは死守しましたが、胸は丸出しで働く事も。(坑内労働などの絵や写真が残ってます)。当然、人前で隠さず授乳も。もし今みたいに胸が性的器官なら隠すはずです。

    この人魚の描写見て、そんなこと思い出しました。

    エロスの変遷、深いですね!
    この魚の女は、前についてる腹びれが怪しい。(笑)そこに貝のような性器があるはず。江戸の人なら、そう思うでしょう(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 20:52
    読者が知らないだけでアニメやラノベのルーツが江戸時代にあったりしたんですね(もっと古い平安時代の小説にもあるのかもしれないけれど)。
    温故知新…というのは少し違うかな?
    そういえば最近のマンガやアニメで結構スピンオフってありますが、ああいう手法はバルザックだったかな?昔の小説家がよくやっているんだそうです(何の授業だか忘れたけど学校で習った)。

    異世界から人間じゃない女性が家に来る話って最後に女性が去っていくと哀愁を帯びた異類婚姻譚だけれど明るく添い遂げるとドラえもんとかオバケのQ太郎のカテゴリーに入れてもいいような気がする…
    それとも民俗学とかでは住み着くのが同性でも異性でも物語としては同じパターンに分類するのかな…?

    しかしこれの映像化を企画した人はよくこんな作品を見つけ出してきたなぁ…と変なところに感心してしまいました。
    余程江戸時代の文化のマニアか大学で近世文学でも専攻したんでしょうか。
    不況のせいかドラマ・映画のオリジナル脚本の企画が通らず漫画原作ばかりになってしまっていささか食傷気味だし鉱脈も掘りつくされた感がありますが、案外古典(でいいのかな?)に新しい鉱脈がありそう。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 23:37
    > mixiユーザー 

      今、ケモナーというジャンルがあるけど、その先行ってますね(^_^)v(ウオナー?)

    江戸の男の半数は独身で生涯を終えたそうですからね。まあ、今より医療も未発達で若くして死ぬ人が多かったということもありますが。
     江戸の人口の男女比は半々だったけど、位の高い武士や富裕な大商人が何人も側室や妾を抱えていたから、庶民があぶれたんですね。
     そこそこモテ系の町娘は複数のボーイフレンドがいるのがザラで、今で言う恋愛マニュアルとかも発行されていたらしいです。
     きっとバブル期のアッシー君、ミツグ君みたいなのもいたのかも?

     そういう恋愛競争に敗れた喪男が、
    「別に、カノジョって人間じゃなくてもよくね」
    とか思って、こういうのに走ったんでしょうか(^^ゞ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 23:43
    > mixiユーザー 婚姻譚ではないけれど、日本最古の物語と言われる「竹取物語」も、竹の中から産まれた赤ん坊が、美少女に成長して、男性たちを魅了する話ですからね。

    >たいてい子供ができると女房の正体がばれておんだされるパターン

    おんだされるというか、逃げられるというか、最後は去ってしまうのが殆どですよね。
    人間と、異界のものは、しょせん住む世界が違うという教訓なんでしょうか…

    でも「そんなん、しゃらくせえ!」と、山東京伝は思ったんですよ!
    排外主義、クソ食らえ!と、きっと幕府の鎖国政策への批判だったんだ、そうだ、きっと(そうか?)
     今の時代のエロマンガ家に生まれたら、きっと、ヘイトノカウンターやってますよ、山東京伝先生は!(かなり、違うかも(^^ゞ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月04日 23:56
    > mixiユーザー 吉宗の時代の人でしたっけ?>山東京伝

    >風刺の聞いた大衆本を書きまくり(イラストライター兼シナリオライターだった)風俗壊乱の咎で当局から手鎖数十日の謹慎刑を受けてますね。

     今で言うと、警察に発禁食らって書類送検、みたいな感じでしょうか?

     作中で魚ちゃん、花魁道中してますが、おっしゃるように道中するのって、遊女でもかなり上位の人ですよね、魚なのに(^^ゞ
     それほどの美少女だった、ということなのかもしれないけど、新人がいきなり道中かよ!と。

     ちなみに、江戸の性風俗ってちょっと調べただけでも面白いです。
     
     >江戸の春画を見て、今のグラビアポルノやAVと一番違う感覚だと思うのは、乳房へのおざなり感、無関心(笑)

     今でも和服を着る時に、巨乳の人はタオルとかで胸を補正して目立たないようにしますからね。巨乳だと着て見場が良くないのかな?私は和服着ることがないので、詳しくないけど。

     ただ、西洋でも、女性の胸はさほどエロスの対象ではないようで、がバッと胸元が開いてても、問題ないけど、足がちょっとでも見えると、エロかったというのは聞いたことがあります。

     おっぱい星人が発生したのは、結構時代が新しいかも?

    >この魚の女は、前についてる腹びれが怪しい。(笑)そこに貝のような性器があるはず。江戸の人なら、そう思うでしょう(^^)

     なるほど!

     いやあ、リンク先のコメントにもありますが、嫁にするのはいいけど、相手が魚だと、卵産んで、それに精子をかけるのが、つまりそれで…
     あまり楽しくない気がする…
     みたいなのがあったけど、ちゃんと嫁なことが出来るから、非モテ漁師的には満足なわけですね。
     でも、魚くさいのは気にならなかったんだろうか?いやいや、突っ込んだら負けだ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月05日 01:24
    > mixiユーザー 映画、今年公開されてたみたいなんですよ、全然知らなかった(^^ゞ

    この作品、今だと浦島太郎くらいしか一般人は解らないけれど、作中にいろいろな作品のバロディが入ってるらしくて。
     アニメの「銀魂」とかでやってるようなやつかしら(^^ゞ

    >読者が知らないだけでアニメやラノベのルーツが江戸時代にあったりしたんですね(もっと古い平安時代の小説にもあるのかもしれないけれど)。

     特撮の戦隊ものは、歌舞伎の「白浪五人男」だとか、あと、「アストロ球団」のボールの痣みたいになんらかの共通の印を持った仲間が集まるのは「八犬伝」だとかは言われますね。
     ただ、「物語」のパターンっていうのは、いくつかに分類できて、あとは、バリエーションとか、時代性とかが影響するのかもしれないです。

     ところで、この漁師と魚ちゃんとの間に子どもは産まれたんだろうか?
    となると、4分の一が魚のクオーターだから、泳ぎ上手そう。

     今でも生きてたら、子供は水泳でメダルとったりしてね(^_^)v

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する