mixiユーザー(id:1803670)

2020年10月26日22:20

443 view

間違いだらけのひどい記事

医療機関で薬剤師をしております。どこから訂正したらよいか迷うほどの記事です。

・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中でもかなり効果が強い
ロキソニンの鎮痛剤としての位置づけですが、ボルタレン(ジクロフェナク)やポンタール(メフェナム酸)よりは弱いが、セレコックス(セレコキシブ)やハイペン(エトドラク)よりは強いという認識が一般的だと思われます。かなり効果が強いは言い過ぎです。

・効果が強いものというのは、その分副作用も起きやすい
ロキソニンで起こりうる副作用を頻度を考えず片っ端から並べています。
我々がロキソニンの副作用で特に注意しているのは「胃腸の障害」と「腎臓の障害」であり、その2つにしても短期間で症状が出ることは稀です。
それ以外はアレルギーによるものと頻度がかなり低いもので過剰に恐れる必要はありません。

・消化器症状の副作用を打ち消すために、ロキソプロフェンを処方する時は胃粘膜保護などの効果を持つ胃薬が処方されます。
10年ほど前の話です。胃粘膜を保護する薬は副作用を抑える効き目があまりないことがわかり、現在は胃酸の量を減らす薬を使うのが主流です。

・湿布で胃があれたり、穴が開いたりするか
ロキソニンを1錠飲んだ時の血液の中の薬の量を、湿布でまかなうと何枚必要かご存知でしょうか。「錠剤1錠=湿布9-10枚同時」または「1錠=2枚を6-7日間毎日貼り換え」です。(血中濃度と成分が体内にあった時間で換算)
そのため、湿布が貼った場所以外の副作用を起こすことはほとんどありません。(アレルギーは別です)
ただ、錠剤の場合は体の中の薬は徐々に抜けていきますが、湿布は約1日体の中の薬が減りません。大量に長期間貼り続ければ全身の副作用が起こる可能性は確かにあります。
しかし、胃に穴があくほどとなると、急には起こりません。胃潰瘍の時点で耐え難い苦痛がありますし、食欲もなくなります。普通は我慢できなくなって受診します。

・著者は医療従事者として問題あり?
患者が大量に湿布を貼っているのに、「そんなに貼って大丈夫なの?と聞くも、「痛いんだでしょうがないんだわ」と聞く耳も持たず……。」なんて言うようでは看護師失格です。一人前の医療従事者ならば、「そんなに痛いんなら飲み薬を出してもらおう」と説得すべきです。
「食欲不振を数週間訴えてはいましたが、まさか穴があくまでとは……」食欲不振を数週間も放置しています。副作用以外にも持病の悪化などを疑うべきで、対応に問題ありです。

湿布の使い過ぎは確かに問題ですが、誤りだらけの記事をネットに配信するのも大きな問題です。また、医療従事者としての対応もいただけません。著者の方には猛省を願います。

10/29改訂 ロキソニンの錠剤と湿布の換算を最大血中濃度から血中濃度と成分が体内にあった時間に訂正いたしました。


湿布なのに胃に穴が開く!? ロキソニンの湿布は貼りすぎちゃダメ
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=159&from=diary&id=6282256
26 22

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月26日 23:02
    貴重な情報をありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 10:52
    お気持ちはよくわかります。医者にも例の”岡田教授”のような方がおられますから。ネット上では,コロナ禍の深刻度を表す指標として岡田指数なるものが出回っているほどです。
     私は,エンジニアですが,統計的な検定には自信があります。実際,雑音除去などにも活用してきました。コロナ禍の初期において,PCR検査の検出見逃し確率(偽陰性)と,誤り警報確率(偽陽性)の説明がメチャククチャで,こいちは,基本的な統計数学の知見があるのか?と疑問の思ったものでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 11:47
    > mixiユーザー ありがとうございます。医学博士/感染症が専門 という肩書に騙されました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 12:24
    う〜ん、そうでしょうか・・どのNSAIDsにもあてはまるあらゆるSE書きあげてるのはちょっとどうかな?とは思いますが、この看護師の書いてる内容、そうそう間違ってない箇所もありますね、まず腎機能に関しては鎮痛作用の強さではなく血中半減期の長さが問題でしょう。またロキソニン3Tを5日間服用した場合、湿布1
    枚貼付で比較すると成分量として10%は吸収します。結構侮れない数値ですねえ。貼付部位が多く持続貼付してると影響はありますね。錠剤を何日服用するかにもよりますが、けして侮れないと思いますよ。あと看護師が疑問持てば医師に伝えるべきでしょうね、処方権は医師ですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 16:45
    話題の日記からきました。医師です。看護師は看護の専門家ですから薬の効果や副作用、使い方について何か言うのはやめたほうがいいと前から思っています。でも「自分はなんでも知っている、患者に寄り添っている」って偉くなってしまって医者も薬剤師も見下して前に出る看護師って、ときどきいるんですよね…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 20:36
    看護師は薬の専門家ではないので、簡単な質問には答えるけど、極力医師又は薬剤師に説明してもらうようにしてるわ。
    ぶっちゃけ、詳しいことは説明できない。薬学部でしっかり勉強してきた人に説明してもらった方がよい!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 21:42
    > mixiユーザー 本来は,自分の領域を守るべきでしょう。ただし,インタネット上では,そのことで,陰謀論やある考えに凝り固まった人たちに攻撃を受けます。私の例では,PCR検査の検出見逃し確率(偽陰性)=0% & 誤り警報確率(偽陽性)=100%は,数学的に不可能であることを説明したときや,PCR検査も,当時はリソースが限られているので,ベイズ判定に基づき,ある程度の条件を付加してもやむ得ないことを説明したときに,攻撃をうけ,「私は医者でもないし医療従事者でもないので,医療に関することは言えないし,言うべきでもない」と真摯に答えたのですが,”逃げ”だとか,”誤魔化すな!”と散々に荒らされてしまいした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 23:11
    > mixiユーザー 本当に大勢の方にこの日記を読んでいただけたようでありがたいことです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 23:16
    > mixiユーザー 今回は一般の方にとって誤解のもとになる部分に絞って日記にしましたが、専門的な部分で明らかにおかしい部分が他にもあります。困ったものですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 23:22
    > mixiユーザー 私もPCR検査やマスクに過剰に依存する現況に疑義を持つ者の一人です。しかし、大変申し訳ないのですがその話題はこの日記の主旨から外れますのでまたの機会にお願いいたします
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 23:46
    > mixiユーザー 一部の患者にみられる、NSAIDs外用剤の濫用は全身的副作用のリスクがあり危険である。用法用量を守って薬を使用し、適宜専門家に相談すべきだ、という記事の後半部分は私も全く異論はありません。
    しかし、前半部分のロキソニンは効き目が強いが副作用も非常に多いという記述は明らかに言い過ぎですし、ロキソプロフェンが胃障害を起こすメカニズムも目茶苦茶です。
    NSAIDs外用による全身性の副作用について論文検索をしていただくとわかるのですが、重篤なものでも出血や潰瘍についての報告がほとんどです。
    記事の患者が穿孔にまで至ってしまったのは看護スタッフや主治医の対応に問題があったのではと私は思います。
    この日記はこれらの問題点を指摘したかったのです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 23:52
    > mixiユーザー 医師から助言を頂けると励みになります。ありがとうございます。看護師さんたちはもっとも患者のそばで仕事をなさっているので、思いが強くなりすぎてしまう場面に私も出くわします。せっかく病棟にいるのだからもっと頼ってくれていいのにな、と感じています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 23:54
    > mixiユーザー ありがとう。病棟の薬剤師をどんどんこき使ってあげてね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 00:15
    > mixiユーザー この看護師さんはデイに勤務されてた方ですね、対象者は高齢者です、高齢者の肝腎機能低下、アルブミン量など考えるとどの程度まで症状が進むかは論文通りにはならないでしょうね、多剤服用かもしれない、DOAC処方受けていたかもしれない、同じ症例はないです。薬剤師ではないので正確な記述ではないかもしれませんが、実際に遭遇したことは事実です。薬剤師はこういう現場の声を聞くことは非常に重要です。批判することは簡単です、薬剤師としてできることは何かを考えることにフォーカスすべきではないでしょうか?ただ薬剤師としてこういう意見を出されたのも意義はあったのではないでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 00:54
    > mixiユーザー ご意見ありがとうございます。一度どういった報告があるか是非目を通して見てください。外用薬の濫用で全身性の副作用を起こしているのはほとんど高齢者で、記事のような患者さんです。外用薬を中止するための説得に難渋した、などの実に生の声も記されています。
    件の患者が抗凝固剤や抗血栓剤をもし服用されていたのなら、先に疑うべきはその副作用となるのでさすがにそれはないのではないでしょうか。
    医療機関や薬局の薬剤師であれば湿布に限らず高齢者の外用剤や頓服薬の使い過ぎは日常業務で気づくことも多いですし、主治医やナースから相談をうけて窓口や訪問先で適宜説明をすでに行っておりますよ。
    私は看護師が薬のことを記事にすべきではないと言いたいわけではありません。不特定多数の目に触れるネット上の記事にするのならば、もっと真摯に学んで欲しいこと、そして薬のせいだと挙げている症例で、看護ケアに問題はなかったか考えて欲しいこと、以上の思いで日記を書いたのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 01:27
    > mixiユーザー  その職種に対しあるべき姿を主張されるのはわかりますが、それを言うとネットではその専門家しかコメントできなくなります。ではあなたは看護の何を知ってますか?その職種でなければわからないこともあるということをあなたは語ってますね。DOAC使用患者が出血した場合疑う、そこで終わる可能性があるから余計怖いんですがね。何でも現象検証は非常に難しいということです。もう少し謙虚になられた方が薬剤師として成長なさるのではないでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 06:32
    > mixiユーザー 落ち着いてください。私はそのような乱暴なことは書いておりませんよ。お互いの投稿を見直してください。私は院内で情報の管理に携わる立場におりますが、看護学的、医学的な色合いが強い通達を行う時は看護師や医師に事前に必ず確認をしてもらいます。記事の著者もそうすべきだったのではと考えております。
    繰り返しますが私は看護師が薬のことを記事にすべきではないと言いたいわけではありません。むしろ医療従事者でなくても情報を発信してもよいと考えています。ただ、不特定多数の目に触れるネット上の記事にするのなら誤りがないか慎重を期して欲しいと考えているのです。
    抗凝固剤や抗血栓剤をもし服用されていたのなら、先に疑うべきはその副作用と申し上げました。件の患者がもしそうした薬を飲んでいたのなら、どちらの副作用かわかりませんので記事として不適当になると思いませんか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 08:08
    二言目には「看護の現場を知らないくせに、患者に一番寄り添っているのは自分たちなのに」とおっしゃる看護師さんは怖いですねー。看護師じゃないんだから看護の現場に口出しなんかしないしできないのにね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 08:21
    落ち着くべきはあなただと思いますよ。揚げ足取りにしか見えないですね。こういうコメントするから言ってますよ、謙虚になりなさい。あなたのコメント高圧的で私は何してます、これしてます、こちらからしますと、はいはいそうですか、としか言いようがないですね。書いてる内容も後だし的で私が指摘する前に触れているべきで、また、看護師に対すると同じように内容にたいしあれこれ批判、全く話になりません。まだまだあなたがこの記事でふれなければならないことあるんですよ、気がついてないようですね、未だにコメントしてませんから。看護師さんも完璧ではない記事だったかもしれませんがあなたも大してかわらないですね。胃に、穴があくことは長期に使用しなければ起きない?貼付剤と内服薬の比較の話のくだりから、疑問だらけでした。まあ一言でいうと私が患者ならあなたから投薬は受けたくないですね。家族にも、勧めません。それで全てわかるでしょう。看護師批判に躍起になる前に落ち着いたら如何ですか?




  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 13:45
    > mixiユーザー ご指摘が抽象的で何をおっしゃりたいかわかりかねますが、私が申し上げているのは最初から2点のみです。
    ”堝団蠡真瑤量椶某┐譴襯優奪半紊竜事は正確であるべきだ
    胃穿孔が副作用で起こったとしているが、著者の医療従事者としての対応は問題なかったか、防ぐことはできなかったのか
    この二つの問題に対し、具体的に何ができたか、必要かを貴方への返信として申し上げたつもりです。また、この症例に対し、薬剤師としてどうかかわることができたか、という貴方の問いに対し、実際に行っていることをお答えしました。
    この日記は医師の方、医療従事者の方、そして私の看護師の友人もコメントを下さっていますが、私の意見に対し批判的なのは貴方だけですが・・・
    また、ここは討論コミュでも掲示板でもありません。私の日記です。私の意見に賛同できないのであれば、同じ記事にご自身の日記にしてはいかがですか?
    他人の日記のコメント欄に、こうした方が薬剤師として成長できる、謙虚になりなさい、あなたには投薬を受けたくないなどと書き込むのはさすがに礼を失していると思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 13:58
    > mixiユーザー 私も看護について意見したつもりはないのですが・・・、ただ、胃穿孔に至る前にできたことがあるのではと思います。例えば湿布の濫用に対し、薬局へ「この患者さんは1日に10枚も湿布を貼っています、大丈夫でしょうか」と情報提供したり、食欲不振が続いている段階で主治医に報告するか、患者や家族に受診を促すことはできたと思います。
    そうした医療従事者としての横のつながりをおろそかにして、あの薬は使いすぎると胃に穴があいて危険だと記事にまでしてしまうのはどうかと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月29日 01:24
    ロキソニンの湿布と飲み薬の比較について
    痛み止めとしての評価をする場合は血液中の最大濃度でよいかもしれないが、副作用を評価する場合は血液中の濃度と成分が体の中にあった時間(専門的にはAUCと言います)で評価する方が妥当だろうとの指摘をいただきました。その場合は、「錠剤1錠=湿布9-10枚同時」または「1錠=2枚を6-7日間毎日貼り換え」に相当します。お詫びして訂正いたします。

    ロキソニンによる消化管穿孔について
    記事にもある通りロキソニンの錠剤は副作用で消化管の潰瘍を起こすことがあります。起こした人の統計によると、早い人で数週間、多くは2-3か月程度のようです。では穴が開くほどの重症はどうなのかというと、飲み薬であってもそもそも穴が開いてしまうほどの重症になってしまった人が少ない(頻度不明)です。従ってこの記事はかなり特殊な例を取り上げていることになります。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年10月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031