ホーム > mixiユーザー(id:18013379) > mixiユーザーの日記一覧 > 既に20個が落下

mixiユーザー(id:18013379)

2019年10月22日17:39

19 view

既に20個が落下


 先週44個の柿を干したのだが、現時点までに20個が落下。
 落下というのはヘタの部分が取れて、つるせなくなる状態。

 つるさない状態で干し続けることもできないわけではないのだが、実の下側に自重で力が働いてしまうのでそこが潰れる。潰れたところが傷みやすい。また空気と触れていないから傷みやすい。
 ネットのようなものに入れて干す方法はあるのかもしれないが、いい道具は今のところ身近にない。仕方ないので、コツコツ食べている。(すでにタンニンが不溶化しているようで甘くはなっている。)

 なんでこんなに落ちてしまうのかの理由が、お天気。雨が多く、外で干せる日が少ない、太陽にもあまり当てられない。こんな調子で干し柿完成するのかな?
 また、先週収穫したものは時期的にも少し早いのだが、早く色づき始めてしまっていたのだ。夏の雨が少なかったことと当然だが関係していそう。木に残したままだと、いわゆる「落果」という状態で、木が実を落としてしまうことになる。農家泣かせの事象だが、これから秋の実りが市場に出てくる季節だけれども、こうした影響も色々出ると思う。

 台風19号の影響でダメになった畑のニュースとかも痛々しい。
 ただ、扇状地とか沖積平野って、度重なる「洪水」で作られた地形。
 農地がそういう場所にあるのは、必然的に洪水の被害に遭いやすい、という事になる。
関東の都心部では、従来そういう場所だったところを売って住宅地にして家を建てた経緯もあるから、住宅が被害に遭ってしまったのも場所によっては当然とも言える帰結ではあった。
 人口が増えてしまった結果、ある程度リスクの高い場所に住むことも致し方ないのだろうが、一方で過疎の進む地域が日本の大部分を占めているのも事実。何か雇用をうまく創出して、人口分布のアンバランスを解消できる方法、というのをひねり出せないものかと思う。

 今日、改めて8個の柿を干したので、現状つるされている状態は32個。半分ぐらいは最後まで生き残るだろうか?今週も週後半がぐずつくようなので、干し柿を作るにはお天気が悪すぎる。まだ、木に残っている柿の実もあるので、来週はもう少し追加で作れるかもしれない。

 --------------------------------------------


難関の「柿検定」今年で終了
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5835166

 「富有(ふゆう)柿の受粉に用いる昆虫は次のうちどれでしょう。.潺張丱銑▲キミガカイガラムシぅ▲屮薀爛掘廖宗宗3舛筝内の柿産地について問う「奈良の柿検定」が11月10日に橿原市で開かれる。過去の合格率が約5.7%という高難度のご当地検定。10回目を節目に今回で最後となる。主催する県果樹研究会は「今年も柿の魅力を深く知ってもらう一日にしてほしい」と話し、今月25日まで受験者を募集している。【萱原健一】

 同検定は、柿の魅力を再認識してもらおうと、五條市西吉野町に事務局を置く同研究会が2010年に始めた。出題は4者択一の計50問。8割以上正解すれば合格となる。柿の知識以外に、県内の柿産地である五條、御所、天理、下市の観光・産業に関する設問もあり、対策が難しいとされてきた。

 応募は毎回おおむね定員の100人を超える。東京でクイズラリー形式で開催した昨年を除けば、過去計8回の受験者は計952人に上り、うち合格者は延べ55人。合格率は約5・7%と狭き門だ。13年の第4回検定では83人が受験し、合格者はゼロだった。一方、常連の受験者もおり、橿原市の男性は唯一4回合格して同会から「柿博士」に認定された。

 ファイナル検定となる今回は合否は判定せず、上位3人に記念メダルを贈呈し、上位5人に西吉野産の富有柿を5個ずつ贈る。また、採点中に行うイベントでは富有柿や柿の加工品などが当たる抽選会や、県産柿の食べ比べがある。

 第1回検定に同研究会の柿部会長として携わり、現在は研究会会長を務める上平茂之さん(55)=五條市西吉野町西新子=は「この10年で柿のイメージアップにつながったと実感する。検定は最後だが、今後もいろいろな形で柿の魅力を発信し続けたい」と話す。

受験料は無料

 受験会場は橿原市東竹田町のリサイクル館かしはらプラザ棟。試験は午後1時40分から50分間。定員100人。受験料無料。問い合わせは、同研究会(0747・24・0061)。    

 冒頭の問いの答えは「 廖
1 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 19:41
    干し柿、いいですね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 19:57
    >くらっちさん
     コメントありがとうございます。
     作るのかなり手間なんですよ。なんとなく買ってくるほうが安くて簡単なのですが、多分買ってまで食べようと思わない、100円だして干し柿かプリンか、という選択ならプリン買って食べちゃうので。大きな柿の木があるから惰性的に作ってる感じです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 20:07
    > mixiユーザー 
    そうなんですね。個人的には、家で作っていたら嬉しいかなあ。
    有名なブランド干し柿ばっかり出回ってるせいか、高級品に感じてしまいます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月22日 20:34
    >くらっちさん
     今の時期、ほんの短い間ですが青果店やスーパーでも干し柿用の柿が出ることがあります。家でお試しで作るなら2個か4個買ってみて作ってみるのは楽しいかと。ただ、時期的に今作るのはちょっと厳しいです。11月になれば晴天の日が増えるのですが雨が続くとどうしてもカビてしまうことが多いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 08:36
    はじめまして。
    私は今年干し柿に初挑戦している者です。
    先週干しましたが
    もうちらほら黒いポツポツが・・・
    カビている柿が有ります。
    身近に干し柿のベテランはおらず
    ネットだけが先生です。
    ネットで情報収集し
    いかにカビさせないかが干し柿のポイントだと知りました。
    皮を剥く前に熱湯消毒
    紐を結び干す前にも熱湯消毒
    干してから霧吹きで焼酎を吹き付けました。
    雨じゃない日は外に干し
    雨の日は室内に干しています。
    柿同士は触れない様に気を付けています。
    もっと気温が低く雨が降らない日が続くタイミングで干すのがベストなのだろうけど
    そこまで待つと木に成っている柿が熟れて柔らかくなり過ぎたり
    果実が落ちたりしそうなので
    取っ掛かってしまいました。
    まだ干す予定の全ての柿は干してないのですが
    カビが生えない為にこれ以上何を気を付けたら良いかわからない。
    と思っていたのですが
    げんさんの日記を拝見し
    天気と時期がそもそもの原因か?
    と思いました。

    その他
    毎年気を付けているポイントなど有ったら
    教えて頂きたいです!!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月23日 14:35
    >ゆうこさん
     コメントありがとうございます。

     柿は「カビるもの」というのは前提のように思えます。
     朝は、日が出てから外に干しています。今の時期だと7時半以降でしょうか? お住まいの地域によっても違います。
     夕方は日の出より前には取り込んでいます。4時半までには室内へ移動、というイメージです。
     雨が降りそうなら、降り出す前に取り込み。レーダーで雨雲を確認しながらやっています。

     部屋に取り込んだのち、本当は除湿器を掛けられれば良いのですが、あいにく手持ちの除湿器が壊れていて使えません。もしお持ちなら使ってみると良いです。

     今干しているなら、やはり時期が早かったと思います。特に干しはじめの最初の3日間は湿度の低い晴天が続く日に始めたいです。
     カビたらあきらめて捨てるか、(カビの部分は除去して)食べてしまうか、という思いっきりの良さは必要だと思います。10個干して3個完成まで持っていけたら及第点ではないでしょうか? できるだけ太陽の光に当ててやりたい、という気持ちで取り組んでみてください。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する