ホーム > mixiユーザー(id:1794399) > mixiユーザーの日記一覧 > アメリカおぼれ旅 3

mixiユーザー(id:1794399)

2019年09月20日23:16

87 view

アメリカおぼれ旅 3

ピックアップトラックが近くに停まって、中からサングラス、ヒゲの大柄な男性が降りてきて、


「ヘロウ! アイム・ハル!」


今度は間違いないですね。


「ヘロウ! サンキュベリマッチ! アイム・ケン!」


と、アメリカ用の名前を名乗ります。

併せて「英語が下手でごめんね」という旨のことを。

さっきの電話の失礼の言い訳と、多分いろいろ英語で説明してくれても理解できないんだ、という告白ですが、ハルは笑顔で


「そんなことどうして気にするんだ?」


と。ああ、ありがたい・・・。



いよいよボウリングレーンの中に。

扉を入るといきなり階段があって、2階にレーンがありました。

フォト


フォト


それみろ、やっぱりかわいらしい!

3レーンだけのボウリング場。

2レーンがダックピンという、小さいピン。

いちばん左のレーンはキャンドルピンという、細長いピンです。

フォト


これが球とダックピン。

この写真の時、サングラスをかけていなかったので、サングラスで顔を隠すアプリを後で探しました。

本当は1時間25ドルで借りて遊ぶものなのですが、ハルは


「やってみるかい?」


とこともなげに言ってくれたので、すかさず甘えます。

で、投げてみたら、こうだ!



すみませんすみません。そもそもボウリング自体がヘタクソなワタクシですが、でもね、これ、むずかしいよ!

球が普通のより小さいので、モチロン指を入れる穴もなく、どうにもまっすぐ投げられません!

ピンも小さいから、球が当たっても他のピンへの波及が少ないので、たくさん倒れにくい!

だから3投で1フレームなのかなあ?

ともかくまあ、みっともないところをお見せしまして、すみませんでした!

投げていますと、さっきワタクシが間違えた中年男性2人組もレーンにやって来ました。

ず、ずるいぞ! ハルが来てくれたのは、ワタクシの手柄なのに! と思う心の狭いワタクシでしたが、結局みんなで遊びます。

フォト


さらに、フロアにはピンボールマシンやテーブルサッカーも!

ピンボールは、左の「ソーラーライド」ってのをやってみました。

初めて見る台でしたが、なかなか楽しかったです。

で、テーブルサッカーも初めてでしたが、ハルが


「やってみようか」


って25セントのゲーム代をおごってくれました。

お金を入れると、球がたくさん出てきて、それがなくなるまで遊べるのです。

教えてもらいながら、見よう見まねでプレイしますが、これもなかなかむずかしい!

ハルは上手に反動をつけて、強烈なシュートを叩き込んだのですが、そのまねができません。

たまにまっすぐ蹴るので精一杯。

それでもまれにシュートが決まって、


「ナイス!」


って褒められました。

むずかしかったけど、楽しかった!



すっかり満喫してしまって、外に出まして、ハルに


「少し寄付をしてこましたんねんで」


と言いながら20ドル紙幣を手渡しますと、


「これは全然『リトル』じゃないよ。こんなにいいの?」


と言われましたが、何言ってんの、って話です。

突然の電話1本でわざわざやって来てくれて、たっぷり遊ばせてくれて、その料金も取ろうとしないのはどこのどなたさんだって?

これっぽっち、申し訳ないくらいですよ。


「ポッターに来てくれてありがとう!」


とハルに言われて、さようなら。

ダックピンボウリングはとてもステキでしたが、それよりもハルのナイスガイぶりがさらにステキな、ネブラスカの小さな街・ポッターでした!

※ポッターについては、こちらのサイト(http://www.potterne.com/)をぜひどうぞ。

 「It's hotter in Potter!」



この後、さらにリンカーン・ハイウェイを西に進んで、ワイオミング州に。

やって来たのはシャイアンの街です。

フォト


街のど真ん中にあるウェスタン用品店「ラングラー」が、今回もカッコいい!

これまた3年前と同じ場所でして、泊まるのも同じ「レンジャー・モーテル」!

フォト


あの時見つけた安そうなモーテルで、壁に「49ドル」と書いてありますが、当時は「35ドル」と書いていたんですね。

モーテルの値段はドンドン上がってるというのが、よくわかりますね。

結局、59ドルちょいで部屋をいただきまして、まずは寝ました。

前夜眠れなかったわりに、この日ここまではまぁまぁ元気でしたが、さすがにこの時の睡眠は濃かったですね。

19時頃起き出して、近くをウロウロ歩いた後、街の中心部へ。

これも3年前に行った「フリッパーズ」というゲームセンターでピンボールなどを少々。

フォト


相変わらず空腹に自信がないのですが、晩飯を食べておかねばと、狙っていた「サンフォーズ・グラブ&パブ」に。

フォト


外観からして楽しいお店!

メニューから好物のキャットフィッシュフライを注文しますが、

フォト


大量! なのですよ。写真ではわかりにくいけど!

そもそも前菜で「チージーポテト」ってのが出て来たんですが、チーズの乗ったクリームシチューって趣のもので、とてもおいしかったのです。

もう、これだけで食事成立してたレベル。

その後に、これですよ。

懸命に闘いましたが、6割ほどで力尽きました。

ウェイターのお兄ちゃんに、


「もういいのかい?」


って言われたので、


「It was too gorgeous for me」


と答えて笑われました。

モーテルに戻って、11時過ぎ、就寝。

これでDAY2が終了です。




<つづく>





5 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 05:06
    吉田さんにかかると街がほんと綺麗に見えますね。
    ボーリング、これは見る価値ありだわ

    友達にシャイアン出身の子がいるんです。
    小さい街だって言ってたので、写真見せたら知ってるかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月21日 12:03
    >おかんさん

    最高のお褒め! ありがとうございます!
    ダックピンボウリング、本当にかわいくて、体験できてよかったです。
    もしも誰も声をかけてくれなかったら、勇気が出ずに電話できなかったかもしれません。
    ワタクシの旅はいつも土壇場ではラッキーなのですよね。

    シャイアンは確かワイオミング州の州都だったと思うのですが、本当に小さな街です。
    「ラングラー」のあるところは駅前で、お店とかいろいろあるのはそのあたりぐらいなので、シャイアン出身でしたら「ラングラー」は必ず見てらっしゃるんじゃないでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月01日 18:49
    > 吉田ナゴヤさん

    ああいいなぁ。ここんとこ多忙で日記見にこれてませんでした・・・。自分がまたこんなかんじでアメリカの旅ができるようのはいつの日のことやら・・・。特に西の人口空白地帯(笑)は、観光地以外は自分にとっても空白地帯で、でも、そのあたりがザ・アメリカっぽいかんじでもあったりするわけで。

    しかし、誰がミニボーリング考え出したんでしょうね。フルサイズだと設備投資がかかりすぎるから、とりあえずここから、ということなんでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月01日 19:17
    >CAT0857さん

    なんかこういう、素朴なアメリカって感じのところ、いいですよね!
    今回特にワイオミングは、楽しめましたよ!

    それにしても、なんで「ダックピン・ボウリング」だったんでしょうね!
    とてもおもしろい。
    そして、このポッターという街は、なんだかいい感じです。
    ワタクシが来る直前に今年の「ポッター・デイ」のお祭りがあったらしく、どうせならその時に来れればよかったと思わずにいられません!
    楽しかったんだろうなあ・・・。

    なんだか、こうしたアメリカン達の「楽しもうぜ!」みたいな精神が、日本人のワタクシにはうらやましいんですよね・・・。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!