ホーム > mixiユーザー(id:17922359) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:17922359)

日記一覧

関わりから得たもの
2016年08月30日15:32

  まず、全生園の伊藤まつさんも、元S園の野口栄一君も、彼らの側も僕にしっかり関わって下さった事である。それこそが僕の得た最大の果報だと。具体的には、伊藤まつさんは代筆でよく手紙をくれたし、この僕の為に「良い彼女が見つかりますように」とも祈

続きを読む

  「他人に関わること自体に意味が非常にある」だったようだ。S氏の教えを確認した以上に、それを身を持って判ったわけである。  ただし、S氏の事を忘れていたから、その宝を発掘したのが今になった。それも何か意味があるのだろう。  そう言えば、ま

続きを読む

  中学の時に交流した原一男氏や、マイミク専用日記に詳しく書いたS氏などから無言で教えられた事である。言っては何だが、先生たちの影響よりも強烈だったし、父母以上かもしれない。ところが皮肉な事に、ごく最近まで思い出せなかった。それでは、元患者

続きを読む

しばらく交信は休みます
2016年08月22日16:26

  世田谷区にあるショートスティの「なかまっち」に行くから。パソコンを持っていっても良いそうですが、移動中に破損するといけないから、持って行きません。交信を休むのも良いでしょう。  皆様はお体に気を付けてお過ごし下さい。  今回はマイミク専

続きを読む

 人間には資本論の完璧な解釈はムリだが、そのようなマルクス主義が出た理由は資本主義には矛盾が多いからである。ならば、マルクス主義を恨んでも始まらないと僕は思う。むしろ、彼ら以上に資本主義の矛盾を見据える事が肝要かと思われる。 M・ウェーバー

続きを読む

  一生懸命思い出した事です。二人を記憶しています。どちらも僕に対して似た事を言ったんだ。「何かできる事はないか。得意な事を生かして、仕事をしなさい。人々の心を打つ仕事を」などと。その教派にはない教義である「神の召命」という言葉を使って。内

続きを読む

  15日のNHKスペシャル「ふたりの贖罪」という番組を見た。パールハーバーを爆撃した日本兵士が戦後は罪を悔い、アメリカに懺悔旅行する事を描くなど、感動的なドキュメンタリーであるが、僕が一番印象的だったのは、解説者が「日本人のかなりは、戦後

続きを読む

    まず、第二次大戦で戦死・餓死・爆撃死・病死された全ての方々のご冥福をお祈り申し上げます。  どの国でも、人を一人でも殺せば、重い刑になります。今でも死刑になる国も多いです。それなのに、相手の国の兵士とは言え、人を殺すことを戦争になる

続きを読む

婚活も段階あり
2016年08月13日17:44

  最初は多くの異性と友人になり、付き合うことが肝要。当たり前だが、それをしないと何もできないから。例えば、独身者が多くいる宗教団体みたいな所は入会すれば努力せずに、多くの異性と付き合える。でも、SNSはそのような人を集める事に誰でも非常に

続きを読む

原一男氏への初活動
2016年08月13日16:34

  フェイスブックの原一男氏の欄を色々見て、かなり前のものですが、気になるものがあったから、コメントしました。それは脳性まひ者たちを扱った「さよならCP」という映画に字幕を付けるか、どうか、悩み、復刻版では付けたと。僕は「字幕は付けなければ

続きを読む

  新約聖書にはイエスの言葉として、「富と神に兼ね使える事はできない」、「金持ちが天国の門に入る事は、ラクダが針の穴を通るよりも難しい」などと、何回もお金自体を疑問視するようなものが出ている。あるいは、長時間勤めと短時間勤めの人の賃金を同一

続きを読む

特別意識の最たるもの
2016年08月12日16:44

  それはお金である。マネーですね。確かに、紙幣は紙切れ、硬貨は金属の小さなかたまりにしか過ぎない。硬貨は食べられないし、紙幣を服にする事もできない。本来ならば、生活の足しにもならないものである。でも、各国政府が価値を保証し、人々も価値があ

続きを読む

特別意識の問題
2016年08月12日11:16

 S園でボランティアたちのしていた事は単なる手助けだったのに、福祉活動という名前を使うなど、特別な事をしていると思いこみ、中には、そこから社会変革を唱える人たちもいて、関係者から嫌われた。本当に手助けから社会変革ができるのならば、それこそ、

続きを読む

   例えば、筋ジストロフィーを持つ人たちを一からげに見る人たちは批判もかなり受けているし、自分でも悪い事だと気が付いている。それなのに、「自然にそう見てしまう。理由は判らない」例ばかり。理性で抑えても、どうにもならないわけである。  正直

続きを読む

世間伝えの功罪
2016年08月11日11:13

  先の文の最後に書いた事。筋ジストロフィーを持つ人たちにしろ、脳性まひやハンセン氏病にしろ、問題を一面的にしか見ないで、世間に伝えたがるボランティアの人が多くいた。今も海外ボランティアの中にはそのような例も多いかもしれないが。  どうなん

続きを読む

  高校2年の時、小学4年まで同級生だった筋ジストロフィーを持ったY君の葬式に学年一同で参加した。その時の皆の声は「Y君は早くに亡くなって、かわいそう」だった。1972年。それから、7年後の1979年には、やはり、同じ難病のS君が他界。その

続きを読む

  S園に行った前後の時期、中学時代の一同級生で進行性筋ジストロフィーの人と文通し、一度その宅も訪問。かなり一方的に僕が手紙出していた感じだけれど。相手は非常に喜んでくれた。福祉キャンプの事を書いたら、感動して、返事も下さりました。その人は

続きを読む

  僕と同世代の人の発言。3人はいたかな。いずれも78年ごろ。当時は大学生。それゆえ、「高校生も参加する会には行けない」と言っていた。大学生に高校生のボランティア活動を頼まれたが、できない言い訳として。当然、怒っていた人もいた。思い出すに、

続きを読む

  「つぶやき」でも書いたように、フェイスブックで映画監督の原一男氏と友人になれた。まだ若く、駆け出しのカメラマンだった頃、原氏は僕の通っていた光明養護学校や僕の家に来てくれたわけである。懐かしいし、感無量でも。偉くなっても、僕の事は忘れな

続きを読む

  昔にさかのぼるほど、人間は短命だった。医学の未発達、暖房の未整備、衣料のシンプルさ、栄養状態の粗末さ、害虫の多さなどが複雑に組み合わさって。天下を取った豊臣秀吉でさえも現代の我々から見たら、未整備な生活状態だったため、60歳前には非常に

続きを読む

何事も積み重ねですね
2016年08月04日17:54

  昨日、今日と公開した子供向け文は根は1978年に行なった高島平子供会の延長のものです。そこに90年代の福祉キャンプの子供向け宇宙の文や、その後に求愛してきた主婦のダウン症を持つ女の子などへの短い手紙などを経て、また、小学生向けも経て、今

続きを読む

小中学生向け随筆・7月
2016年08月04日09:10

 小中学生のみなさんへ.  蛙 夏休みになりました。みなさんは学校からはなれ、いろいろなことをしたり、ふだんは見られないものを見るわけですね。それは楽しいし、とっても大事なことなのです。いつまでもおぼえているし。ぼくも、子供の時の夏休

続きを読む

   ミドリムシは目では見えない小さな生き物です。みなさんも名前は知っている人もいるでしょう。テレビやインターネット、本で見た人もいると思います。その名前のとおり、ミドリ色をしていますね。    小学6年ごろに理科で習うと思いますが、植物の

続きを読む

  相談支援員が本契約になりそうなりで。介護表作成はもちろん、個人のニードを書く介護会社に流して、結果的に介護者を当人に連れて来る役目です。2006年ごろは障碍者の場合はケースワーカーがしていた。それがいつの間にか、それをしなくなり、変に思

続きを読む