ホーム > mixiユーザー(id:17922359) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:17922359)

日記一覧

  70年代東京VYS問題の根本は「ボランティア、障碍者社会活動の指導員がいなかった事」に尽きる。それしか言いようがない。昔の僕が真に欲しかったものも、指導員だし、立場や障碍の有無の別なく、ほぼ全員がそうだ。今の社協のボランティア会には、必

続きを読む

  両世界大戦の賠償金の問題である。第一次世界大戦後の場合は敗戦国であるドイツに多額の賠償金を求め、その結果、ドイツ国民の生活が成り立たず、賠償金を求めた国々を憎むようになり、その結果、ナチスが台頭して、あのようになったわけですね。その反省

続きを読む

   ナチスに抵抗したハンス・ショル、ゾフィー・ショル兄妹の様子を描いた「白バラの祈り」という映画を見ました。ドイツ国内で、その兄妹は反戦・反ナチス運動を堂々と行ない、逮捕され、処刑もされてしまうわけですが、その妹のゾフィーとナチス役人との

続きを読む

フェイスブック投稿から
2018年02月27日11:43

昨日は小中学生向け文を書いていました。今回のオリンピックの僕の感想のことです。従って、今回のオリンピックの事はその文の発表をもって、かえさせていただきます。もう少しお待ち下さい。

続きを読む

累犯障碍者の番組を見て
2018年02月26日11:47

  三例取り上げ、詳しくも解説していましたが、その番組については詳しい精神医学の知識が下敷きに必要かと思われるので、それ自体については述べません。  でも、大脳の理性を司る所がマヒして、欲望や感情のままに動き、万引きや盗み、無銭飲食をしてし

続きを読む

感性中心にやるのならば
2018年02月24日16:39

  芸術や詩作に打ち込むといいね。それで大成もできる。  脳の関係で理性の働かない知的障碍などを持つ人たちは力を芸術関係に振り向けて、ものすごい作品を作っている。敬意を表する限りだと。  良くないのは、方向性を間違える事だね。本来は芸術や詩

続きを読む

  昔の僕は、身障者が主体となり、社会変革しないといけないと思っていた。ボランテイアはそのお手伝いで良いと。でも、次第に身障者が知的障碍者や精神障碍者をバカにしたり、聴障者に冷たい事を知り、その考え方は撤回した。  今の僕は障碍の有無に関係

続きを読む

  「欲望の経済史・戦後日本編」の昨夜の番組を見た。1960年代の日本の会社の様子。高度成長期では、会社内が(判りやすく言えば)仲良し関係になり、労使が協調して企業の発展と賃上げを行なっていったと。その要因の一つとして、「安い石油」の事も述

続きを読む

  明治以降は日本では天皇中心化になったわけだ。戦後は「お金にとって代わった」と多くの識者が指摘している。でも、日本の会社は大家族的など、元々の資本主義とは違う面がある。バブル崩壊後は日本的な会社方式も崩れている。一方、西洋では教会権威の低

続きを読む

テレビ番組の紹介
2018年02月23日15:09

  ETV特集「立ち直る居場所があれば。累犯障害者、社会で生きるために」。  24日午後11時から0時。ETV。 何かの犯罪をして刑に服して、社会に戻った障碍者たちは受け入れる所も、生活を支援する人たちも非常に少ないため、再び生活苦になり

続きを読む

  女子フギィア。メイテ選手が終えた所です。メイテ選手はアフリカ系ですが、フランス人。パトリック・チャンは中国系カナダ人。日本国籍の選手にもアメリカ系の人もいます。果たして、国家とか民族は何でしょうね。かなりその観念が揺らいでいるし、大体、

続きを読む

  確かに、生まれつき聞こえなければ、そのような人たちは他人と協調や仲良くは難しい。まず、ムリだ。  しかし、「愛」ならば十分可能。愛とは、互いを尊重・尊敬もして、大事にし合い、生かし合う事だから。例のKは無言で愛を教えていた。イエス・キリ

続きを読む

聴障者史・メールから
2018年02月22日11:57

  今の僕は江戸時代以降の事は掴めている。では、それ以前はどうだったのだろうね。江戸時代になって急に聴障者が差別される事は歴史的に見てありえないはず。それ以前も悲惨な状態に置かれていたことが察せられると。明治維新後も残り、アジア・太平洋戦争

続きを読む

オリンピックの意味
2018年02月21日10:31

3月にはパラリンピック。6月にはサッカー世界大会。世界の人たちがテレビを通して一緒に楽しむわけです。当然、世界的な視野も人々の一人一人が持つ。まだ遠くても、未来に実現されるはずの「世界平和」にそれだけ近付くわけですね。そのような意味もオリン

続きを読む

  「兄弟仲良く・朋友相和し・夫婦睦まじく」と、戦前は天皇の勅命という形で学校で教えられた。他にも色々と語られている。「天皇の権威付けが目的だった」との見方もよく聞くが、この三つはどう考えてもプライベートな事であり、社会的な目的であった勅命

続きを読む

  戦後の障碍者施設や宗教関係にも現れていた。僕が訪問したS園もそうだっが、施設では、園長をお父さんとする大家族的な傾向の所が1980年くらいまでは強かった。その場合、職員も、園生も疑似兄弟姉妹になる。S園もそうだったが、身障・知的・高齢者

続きを読む

常温カーリング
2018年02月20日13:36

  フェイスブックのある人の情報によれば、そのようなものはすでにあるそうです。少なくとも、日本のテレビではまだ試合などを放送しないから、僕も知らなかっただけで。  情報を下さった方には深く感謝します。  常温カーリングが熱帯などの国々にも広

続きを読む

  確かに、見ていて面白いスポーツです。駒を滑らせて、標的の所に置き合い、点を競う。スコア表は野球のそれにも似ていますし。但し、氷の上。つまり、冬がある国の寒い時期しかできないわけですね。あとは、人工的に寒くさせる所とか。  ならば、滑りや

続きを読む

  何故、明治から1945年まで、天皇絶対社会になったか?の答えの大きな一つも以上から簡単に出たと。江戸時代の親子絶対の価値観をそのまま、西洋から持ち込まれた「国家」に当時の国の役人たちは当てはめて、国民もそのまま支持したからである。明治初

続きを読む

  脳性まひ者や、その他の現代人にも間接的に関係しているかもしれない。江戸社会は親子関係中心のものだったが、その名残が戦後も続き、医学面の進歩過程で起きた脳性まひ児者の増加も長らく介護は親、特に母親が担わざるを得ず、介護の社会化が遅れたから

続きを読む

  度々話している聴障のK氏は僕と出会った頃は国学院の史学部の日本史専攻学生。特に、江戸時代の聴障者の歴史を学んでいた。江戸時代の日本は盲人福祉は世界一発達していたが、聴障者は徹底的に差別され、乞食かカカシしか生きる道がなかった。悲惨だった

続きを読む

  江戸時代の日本人。他人との意思疎通は薄かったが、親への愛情・愛着は現代人からは想像もできないだけ、強烈だった。だから、寂しくなった。親子単位の社会ね。それに武士は殿様への愛着。  現代は違うからね。親から自立しないと生きていけない。でも

続きを読む

今日は旧正月です
2018年02月16日11:22

 明けましておめでとうございます。東アジアの国々は昔からこの時期の新月を正月に定めていました。日本でも元々はそうでした。「初天神」などの正月を扱った古典落語も本当は今の季節です。今も東アジアの国々は正月として祝います。日本でも復活すれば良い

続きを読む

 (以下、東V=VYS。昔、僕もいた福祉会) 小中学校現場は詰込み教育時代も、ゆとり時代も、今も児童間の交友の仕方で悩んでいるね。合唱活動などを通しての交友を模索している所もあるが、何かを一緒にやる事は必ず嫌いな子がいるものだし、又、そうし

続きを読む

  福沢諭吉に関するTV番組を見た関係で、改めてその言葉を考えてみた。日本でもかなり誤解されているようだが。  解説がその言葉には必要なようである。この亜=アジアとは封建社会、欧=ヨーロッパは民主社会の事を指しているから。彼の真意は「日本も

続きを読む

伊藤博文と安重根の悲劇
2018年02月13日11:33

  伊藤博文は1909年10月に中国東北地区のハルピンで、朝鮮人の安重根に殺されました(実際は、ロシアのスパイが殺したという異説もある)が、二人の思想を見てみると意思疎通が全然できていなかった故の「悲劇性」を僕は強く見て取れます。まずは、安

続きを読む

学校の目的は生徒・児童が勉強を教わる事だね。学校では僕も先生の授業を当たり前のように聞いてきた。でも、昔は気が付かなかったが、耳の聞えない子供はどうなんだろうと。公立・私立学校でも、昔の光明をイメージしても、教室にいても「聞こえなければ

続きを読む

  「人知れず表現し続ける者たち供廚砲枠達障害と診断されましたが、たまたま絵を描く事が大好きで、それに打ち込み、その人にしか作れない作品を作り、フランスにも紹介された人たちの姿が報道されていました。勿論、フランス人たちの見方も一人一人違い

続きを読む

 我々が子供会した時の世間の障碍の種類は、身体障碍、聴覚障害、盲、それと当時は精神薄弱と呼ばれていた知的障碍だけだった。今は障碍の種類も増えたね。  僕は医者ではないから大した事は言えないが、子供会にいた子供の中にも今の基準に当てはめれ

続きを読む

番組の紹介
2018年02月09日10:44

  「人知れず表現し続ける者たち供Γ釘圍崙箪検廖10日午後11時から0時。NHK教育テレビ。  発達障碍を持つ芸術家たちを取り上げた番組。以前も放送されましたが、その続編です。芸術の都のパリに日本の彼らの作品が注目されたようです。是非、ご

続きを読む