ホーム > mixiユーザー(id:17922359) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:17922359)

日記一覧

 身障者の自立生活は首都圏では昭和30年ごろから。軽度身障から。但し、その目的は「イエ制度の呪縛から解き放たれ、結婚したいから」。身障の先輩や本にも出ている。確かに、自立の目的もそれだね。結婚のない自立生活は最後は孤立生活になっちゃうから。

続きを読む

  子供への愛も同様である事は言うまでもない。我が子を鋳型に嵌める感じで育てる親が多く、子供を不幸にしているわけだから、気を付けてください。

続きを読む

  例えば、体質とか、中高齢独身で子供が持てず、寂しい気持ちを持つ女性に対してはその寂しさを察し、ありのままに受け止めて、それに見合った話を展開していくとか。そのような人と結婚する場合は勿論、お友だちになる時もそのような対応が欠かせないので

続きを読む

身障者間のサポート意識
2016年02月27日13:25

   健全者の身障者へのサポート意識よりも強烈にある。特に、脳性まひ同士とか、元患者同士など。自らもそのような障碍を持っているから、相手の苦しみも察して、そのような気持ちになるわけである。健全者の身障者への対応よりも強くサポートしようとし合

続きを読む

  ボランティアは不特定多数の対象のことに関わっていく行為です。  サポートは対象を限って行うもの。違うわけです。  でも、日本では混同され、昔のボランティアもサポートという意味に使われていました。活動場所や対象も限定して。する人たちは視野

続きを読む

  昔の世田谷関係など、僕の行った所のその件はその通りだと見て間違いない。何かしてやろうと力めば、そうなるからね。対異性は愛は生じないし、同性間はケンカにもなる。  ボランティア同士にもそういう事があったらしい。手紙で知ったが。時は経て、今

続きを読む

  参考文献・「日月神示の開運法」中矢伸一著・徳間書店  結婚や離婚はとても不思議な事ですね。長い独身にしても同じです。その謎を僕はずっと考え、その関連の本も多く読んできました。以上紹介した本の中に僕も納得した文言があったので、御紹介します

続きを読む

S園の著述予定
2016年02月22日10:48

   これから少し休んで、3月にはその医学面を書いていきたいと思います。園長は医者でしたが、医学面でも色々とおかしかったです。

続きを読む

S園の基礎知識
2016年02月18日16:44

  S園=養護施設の障碍児版と考えると判りやすいでしょう。父母がいても、何かの理由で育てられない場合もそこに入り、育てられますからね。60年代は障碍児の療育知識がまだ広まっていなかったから、その穴を埋める為に作られたと。時は経て、80年ごろ

続きを読む

  S園は各種障碍児者がいたが、身障部屋の話である。そこは一応は「障碍児施設」なので、大人の障碍者は法律上はいない事になっていたが、身障部屋に限って言っても、成人した園生が何人もいた。むしろ、僕の行った所は未成年は13歳の者が一人いただけで

続きを読む

  昨日のブログを書いた後、大事な事に気が付きました。  かつての清原氏の豪華な生活は社会=多くの人々に支えられて成立したものです。草野球の例の通り、野球ばかりしても、豪華な生活にはなりません。日本プロ野球機構があり、12球団があり、清原氏

続きを読む

  かつては日本のプロ野球界を代表する一人であった清原氏が覚せい剤使用で逮捕された。何分、覚せい剤を使用すると脳の思考や感情を司る所がマヒして、考える事ができなくなったり、ささいな事で暴力をふるうようにもなるそうなので、恐ろしいわけである。

続きを読む

  日銀がマイナス金利。「常にパイを拡大」という資本主義の常識から明らかに外れたことを。ヨーロッパの一部ではすでに実施されていますが、経済大国の日本がそうしたことは意味が重いと思います。意外と日本は世界に影響を持つ国だから。        

続きを読む

  明けまして、おめでとうございます。  東アジアの人民の一人として、その皆様と一緒に正月を心からお祝いします。   台湾の強い地震にっいてのお見舞いも申し上げます。我悼台湾強地震。

続きを読む

 お正月について      門松                                    この作文は2月8日までには着くでしょう。 みなさん、明けましておめでとうございます、と書くと変に思われますね。でも、韓国(かんこく)

続きを読む

  僕がフェイスブックで交流させて頂いている国会議員の一人に、小野次郎議員がいます。先日、その欄を拝見すると、母子家庭の問題がありました。議員は深く考え込んでいる様子がうかがえました。お金(行政からの援助金)だけでは解決できない事に議員もす

続きを読む