mixiユーザー(id:17922359)

日記一覧

物価が上がれば、貧しい人たちほど、生活が苦しくなる。また、比較的安い外国製品が売れて、自国のものは売れなくなり、労働者がクビになる。そこまでは僕も簡単に判りました。今朝(17日)の日本経済新聞によると、すでにアメリカではそうなりつつある

続きを読む

経済
2021年05月16日13:50

景気回復の兆しに伴い、アメリカでインフレが始まりかけている。人種を問わず、貧しい人たちの生活を直撃します。恐ろしいわけです。 故船井幸雄は「資本主義が滅びる前に、ハイパーインフレが起きる」と予測。ただし、国名は述べなかった。「日本で起きれば

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年05月15日11:49

1977年。顔や身体が腐敗死体みたいに朽ちつつも、懸命に生き、絵や俳句、菊の園芸をしたり、盆踊りを踊る元患者たちの姿を見て、僕は「人間の本質は心だ」と当時も悟りかけた事を思い出せた。しかし、その悟りは間もなく、忘却の闇の中に入ったわけだが。

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年05月14日16:22

今思ったが、仲間意識や仲間関係を求める人たちは、自分含む、個人の意識は小さいと思っている人ではないだろうか。それ故、数多くの仲間を集めて、意識を安定させたいと思うと。そうしても、すれ違いやケンカになるだけだが。  実際は一人一人の意識は強大

続きを読む

  故ホーキング博士などによると、宇宙も無数にあり、大きさや内容も一つ一つ違い、しかも、次々と発生していると言う。ものすごくその方面の科学は発達している。とは言え、臨死体験や天国からのメッセージ、退行催眠術による過去世記憶引き出しなどの死後

続きを読む

「閉鎖的で、愛のない冷たいところ」という意味で、施設という言葉を1950年代生まれの日本の身障者は使っていたわけだが、それは社会の至る所にあったと言わざるを得ない。少し列挙する。  水俣病を出した企業。動物実験で有機水銀の毒性は確かめら

続きを読む

昭和52年(1977年)春の身障会。僕よりも10年くらい先輩の男性身障者が「施設で身障者同士、仲良く内向きになっても仕方ない。差別問題も解決しない。地域で住まなければだめだ。施設は安楽暮らしであり、甘い誘惑だ。その誘惑を払いのけないとい

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年05月08日19:49

今までのようなお金中心の社会では障碍者は相手にされず、感染症の疑いだけを持った場合でも隔離され、ひどい目に合う。ハンセン氏病関係は典型例でしたね。  しかし、「心と魂成長」の価値観の文明社会ならば、どうなんだろうか。少なくとも、ハンセン

続きを読む

 上野千鶴子女史の「最後の講義」 言うまでもなく、上野千鶴子は高名な社会学者。「最後の講義」とは、NHK教育TVの、「もし、今が人生最後の講義ならば、私は何を述べるか」という番組である。   上野は戦後昭和から平成期の日本の高齢者介護の流れ

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年05月04日13:35

世界一の金持ちのビル・ゲイッツ夫婦が離婚。世界的な影響も大きいはず。金持ちで結婚しても、幸福ではなかったようですね。結婚制度崩壊に拍車を掛けそう。 愛とは、結婚とは何でしょうね。 また、お金は人や社会をつなぐのか。そもそも、お金とは何なのか

続きを読む

  エロスの力に気が付かない余りに  1970年代の首都圏の福祉会や身障会は「友人関係や仲間関係」、「身障者の団結意識」からの社会変革や社会作りを目指すものが多かった。それらはそれ以前からあったらしいが、会員の落ち込みがひどい例ばかりで、ま

続きを読む

童謡から
2021年05月01日17:24

こいのぼり、背比べ、金太郎という童謡をYouTubeで聞きました。いいですね。 内、先日、ETVの子供番組で、金太郎は今で言う所の母子家庭で育ったことを知り、考えさせられました。父は遠距離恋愛の相手。父は京都、母子は今の神奈川。今の外国以上

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年05月01日13:51

日本の戦後の身障運動の核の一つは身障者の結婚問題でした。ただし、それを阻害するものについては、すでに1970年代から二分し、対立。 「資本主義経済」説と「健全者による差別」説。やがて、養護学校建設と統合教育推進の対立も絡み、複雑化して、19

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年04月30日14:39

「和歌山殺人事件」の文には、誤字があり、紀藤➔須藤と、各サイトやコミュニティのそれを訂正。御指摘、感謝します。  訂正しながら、殺された野崎氏と映画に出てきた鹿野氏との共通点と違う点を考えていました。捜査を待ちたいですが、野崎は自分の

続きを読む

旧友にあてたもの
2021年04月29日16:14

 1978年の僕などは島田関係のトラブルに巻き込まれて大変だった。確かに、当時の島田は麻薬投与など、おかしかった。  でも、僕が一番怒ったのは、vys会員たちからの「恋愛も友情や仲良し関係の延長。友人になれば、恋人にもなれる」と言う助言であ

続きを読む

A氏の言葉と男女愛
2021年04月29日14:36

  例の東大法学部Aの1979年の発言である。  「資本主義も、共産主義も変わりがない。根の大きな一つは結婚制度である。それは人々を分断させ、資本家と権力者の都合の良い社会に仕立て上げている。中国の毛沢東体制も同じである」。  内、「共産主

続きを読む

和歌山殺人事件
2021年04月28日11:00

「和歌山県のドン・ファン」の野崎氏を殺した容疑で、須藤という女が逮捕。警察もよく逮捕できたと思います。詳細はこれからわかりますが、やはり、紀藤はお金を求めて野崎氏に近付き、野崎氏も顔の美しさと身体を求めて須藤に近付いたようですね。欲とエゴの

続きを読む

  島田の身障園生のM氏。一女性職員に結婚を求めて、失恋し、深い孤独に。本人もだろうが、僕も新約聖書にある「求めよ、さらば与えられん」の通りに、上べはならなかったため、40年以上、変に思ってきたし、僕は氏に同情もしてきた。でも、以下の通りだ

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年04月27日13:19

リモート恋愛=メールや写真を通しての愛のやり取り。文通恋愛の延長。 リモート結婚=常に互いの姿をITで見合う関係。一緒にいるのと同じ効果があるはず。これからは激増すると思う。

続きを読む

  自分含め、当時の身障者たちの気持ちを思い出すと、「私は結婚できない=愛を得られないのではないか」という深刻な悩みが各自にあり、解決策も浮かばず、寂しい想いのため、精神が全員不安定になっていた。寛容さも消えて。そこにわずかな意見や見解の相

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年04月26日11:03

その他、「戸籍を同じくする」。戦後の法律でも、どちらかが相手の親戚になることを意味している。特に女性が圧倒的に多い。別姓運動している女性たちの気持ちもよく判る。また、ある年齢以上になり、子供を産む事もない夫婦には無意味でもある。大家族制度の

続きを読む

今の世界
2021年04月25日14:20

医学的な事は述べませんが、ウィルスの事が未解明の1917年のスペイン風邪、1968年の香港カゼの時も世界中がこんなには騒がなかったし、ロックダウンや居酒屋規制もなかった。措置を非難する人たちの気持ちもわかる気がします。  今はすでに資本主義

続きを読む

鹿野氏から
2021年04月25日12:07

身障会のイチゴ会には多くの身障女性もいる。当然、映画出演の鹿野氏とも触れ合っていたのだから、その中から恋人が出てもおかしくないが、相手は知り合って間もないサポーター。「世話を良くしてくれるから」の理由で。人によっては、介護のための結婚だと見

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年04月24日17:44

 1970年代の日本は社会の歪みを教育と拝金主義に求める意見が多かったですね。受験戦争や汚職が深刻だったから。 でも、以上も大切ですが、僕は原因は別にある気がしていたし、例の東大法学部Aは「結婚制度」と断言もしていた。Aの言う事は当時の僕は

続きを読む

結婚選別脳
2021年04月24日14:16

近代以降のヨーロッパ、明治以降の日本と、結婚制度が法律的にも整ってから、子供たちはすでに大人を見習って、結婚を意識するようである。又は、無意識的にも結婚を想う。小学1年から実は心の中で男女共、異性友人を「お嫁さんにしたい・お婿さんに」と

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年04月20日15:15

全生園、島田療育園、高島平団地と深い問題があった事は見えたが、当事者に聞いても原因は聞けなかった。当然だと。当事者たちもその原因については「判らない」わけだから。もし、判っていたら解決行動や社会変革行動をするわけだが。僕などの訪問者のほとん

続きを読む

夫婦だけでなく、多くの人たちを家に呼ぶなどして、二人だけに、又は、子供だけにこもらない開けた結婚生活。全学連世代あたりから始まって、僕の世代にもかなり見られた結婚観である。僕も描いていたし、同世代や先輩の身障運動家、映画に出てきた鹿野氏

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年04月18日15:48

恋愛に限らず、愛の根の一つに相互の緊張感があるはずです。緊張感があるからこそ、相手の気持ちが気になり、察し合い、魅力も見えて好きになる。男同士、女同士でもあるわけですが、特に身体含め、何かと違う男女は向き合うと非常に緊張し合い、強く惹かれ合

続きを読む

島田療育園に限らず、過去のものを再現して未来に伝える事は不可能ではないか。実例がある。80年代に島田の事を盛んに書いた身障ミニコミ誌である。会長自らが月に一度、広い紙面に2ページびっしり書き込んだ。原稿用紙は1枚400字。字数を数え

続きを読む

愛誤解の不幸
2021年04月16日17:17

実録小説で、恐らくはこの夏に書く一園生の悲恋のモデルの男性。「恋愛=結婚」と短絡視していた事と、愛は他人から与えられるものであると誤解していた点が彼を苦しめた根本だね。そこに身体障碍と当時の島田の状況が苦しみを倍加させたが。彼はクリスチャ

続きを読む