mixiユーザー(id:17922359)

2021年07月29日18:09

23 view

簡単には友人になれないからこそ

  死を自覚し合い、弱さの連帯をしていけば、搾取もない共生社会も作れるわけである。また、死を自覚すれば、真剣に学んだり、芸術を作ったり、自然を見つめる事もでき、例え老年期になっても、小学生のように友人も作れるわけである。「寂しいから」みたいな理由で、ただ友人を求めてもムダだろう。

  因みに、芸術や文学は「肉体の死を越えても精神は存続させたい」という想いが根にあると思うし、また哲学や信仰、科学的探究も、死という未知のものを前にして、本当のものが出てくる。例えば、「化学式の丸暗記」みたいなものは科学探求でもないわけである。それは辞書で調べれば良い。人間は意味のない記号を覚えるような脳は持っていないわけだし。死という大きな事に人類が目を背けていると、科学含む文化は発展がやがて止まるのかもしれない。人類の大発展のためにも、多くの人たちが死を自覚してほしいものである。

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する