mixiユーザー(id:17922359)

2021年07月26日13:25

12 view

子供向け随筆

  佐久のみなさんへ.            ⛰
                       2021年7月

  夏休みですね。今年もコロナでどこにも行けない人が多いかもしれませんが、夏を楽しむことはどこでもできますね。もう一つの作文の通り、セミの声をきいたり、科学的に調べて自由研究するのもいいですし、音楽の好きな人はセミの鳴き声を音符に書いて、そのような音楽を作ってみるのも楽しいでしょう。ほかにも、花火とか星空かんさつとか。星や月はいつでも見られますが、夏は夜でもさむくないですから、ねむくなるまで見られますね。ぼくも小学や中学、高校の時、林間学校や合宿に行き、キャンプファイヤーなどで外に出た時、夜空を見上げ、星々や月を見た思い出があります。星のまばたきもはっきり見えた。見えるまでに何百年、何万年もかかることを知っていたので、宇宙の大きさをあらためて感じて、感動していたわけです。
 また、今は佐久でも太陽光パネルがありますが、これからのエネルギーに関心を持つ人はその研究をして、もっとたくさんの電力を作ることを考えるのも良いですね。そのほか、地熱発電も。日本は火山が多く、地熱発電も多くできそうですから、科学者になり、それをたくさん作るのもいいでしょう。
  図書館に行き、好きな小説や詩を読むのも良いですね。
  また、オリンピック、パラリンピックなので、テレビで試合を見るのもいいでしょう。
  夏は怪談(かいだん)もむかしからさかんですね。こわいものを聞くと涼しくなると言われていますが、そのせいでしょうか。お岩さんの話はテレビでもよくやりますね。お化けの話はおもしろく、ぼくも好きですが、ほとんどは何かの動物や草木の見まちがいだそうです。死んだら、こわい者にはだれでもなりたくないですね。でも、われわれもいつかは死にます。天国があってもそのようすはだれも知らないので、ただいま話した音楽作りや科学研究、本を読むことが、たとえば、来年はできるか、どうかわかりません。コロナには気をつけても、交通事故や大地しんがあり、いつ死ぬかもわれわれは判らないし。だから、なおさら、好きなことを一生けんめいにやりたいものです。ぼくも作文を書くことと、科学の勉強が大好きだから、そうしているわけです。また書きます。



5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する