mixiユーザー(id:17922359)

2020年11月27日15:54

11 view

聖書を超える理念、更に

『正義と力とは主のみにある』。今開いた旧約聖書・イザヤ書45章24に書いてある事です。カギかっこで書いてある以上は、それ以前の抜き書きでしょうが。
例の福祉会や世田谷関係の理念、僕の行った教会関係の3つをバッサリ切り捨てていますね。その一つの理念書を見て伊藤節男伝道師は激怒したわけですよ。新旧聖書には「神中心」の個所はいくらでもあります。僕よりもはるかに聖書に詳しい人には違いないから。他の2つを見ても、激怒すると思います。
 強いて言えば、例の福祉会は元々「人類愛」という大きな観念だからまだマシだったと。それが最初から「いきなり友愛・友人になる」ならば、最初からケンカばかりして、2年で潰れたと思います。会員同士が祈りなしで干渉し合うとエゴも衝突し、そうなる。思考実験して、「いきなり恋愛・結婚」の場合はもっと悲惨な結果になりますね。
 僕の行った教派。イエスが安息日に人を救った事から「ユダヤ教は神中心だが、イエスは人間中心の考え方だ。だから、友愛を説いた」と1983年にその青年信徒たちや神学生から聞きました。牧師たちは「人の為の事をしなさい」とお説教。人間中心の教会。今の僕は何がおかしいか、よく判りますが、当時は判らず、そのままついて行きました。そうしたら、内部で例えば牧師が在日韓国人を差別して大ゲンカになるなど、入信後におかしさが少しずつ判ってきた。部落やアイヌ系への差別もひどい。一身障男性は「セックスしかつなぐものはない」と言い、「神や祈りがつなぐ」と言い返す者は誰一人いない。牧師含め。教会組織が神。次第に僕は嫌気が差し、止めました。やめた後は本当に地獄になりました。(イエスが安息日に救ったのは、むしろ、隣人愛を尊重する旧約の考えに従ったまで。「安息日の掟よりも、隣人愛の掟が優先されるよ」と。まさに神中心です)
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する