ホーム > mixiユーザー(id:17922359) > mixiユーザーの日記一覧 > 誰でもできる認知症対策・文芸誌投稿文

mixiユーザー(id:17922359)

2018年03月29日09:57

65 view

誰でもできる認知症対策・文芸誌投稿文

 それは、何でも良いから話し掛ける事である。例えば、「今日は晴れですね」という簡単な事でも良い。「昨日の白鵬の相撲はうまかったですね」とか。

 話し掛けられると、だれでも脳が活性化すると言われている。すでにアメリカでは1980年代からその面の研究がされてきて、僕も早くにそれを知ったものだ。特に、乳幼児には話し掛けられ効果は大きいと聞いていたから、知り合いの一人のダウン症を持つ幼児にも有効だと思い、僕がその子に短い簡単な手紙を書き、そのママに代読してもらうというやり方をした。効果は検証できないが、まだ一歳くらいなのに、その子は非常に喜んだという。本当に脳が活性化したわけですね。近年、色々と認知症の事を聞き、又、一部の医者も「話し掛け効果」の事を説いています。本誌にも認知症の事を書いてあった文を目にしたので、以上の対策を発表する事にしたわけです。

 因みに、耳の不自由な認知症の方たちには、スキンシップや、絵を見せる事が有効だと思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  無論、相手に不快感を与える言葉はダメですよ。例のS園では職員たちが園児・園生たちに盛んに語り掛けていました。それは良かったものの、大人の園生に対しても子供、それも幼児に語り掛けるものでした。呼び方からして「Aちゃん」とか。僕も気持ち悪く感じたものです。そのような語り掛けならば、相手にとってマイナス。今は脳スキャンが発達して、脳の中の部位が興奮しているかも判りますが、恐らくは大人の園生ではそのように話し掛けられて、怒りを司る所や悲しみを司る所が興奮していたのでしょう。現に、ある大人の園生はその事について「悲しみ」を訴えていました。僕も一部の職員にその事を尋ねた事がありますが、それは別の機会にします。
  以上の原稿を書いたのは2月。3月になり、S園の事を強く思いだし、以上を書き加えました。


5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月29日 14:09
    老人ホームで職員が「〜でちゅね」と人生の先輩に対して話しかけているという酷い話を思い出しました。
    私は幼い子どもにも幼児語で話すのは嫌いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月29日 14:22
    > mixiユーザー 
    そうだね。テレビでも高齢者関係でお遊戯が行われている所をよく見るし。しかし、何故かね。S園関係は、大人と子供の未分離で説明付くけれどね。高齢者関係は判らないね。それから外国人にも同様にする人もいる事も聞くし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!