ホーム > mixiユーザー(id:17922359) > mixiユーザーの日記一覧 > 旧友にあてたもの

mixiユーザー(id:17922359)

2017年03月11日16:29

138 view

旧友にあてたもの

 S園回想。僕は最初は植物人間室と呼ばれた所に行ったが、一度で止めている。園児たちに話し掛けても反応がなく、職員たちが話し掛ける。「職員と話しても始まらない」と思い、止めたわけである。振り返り、当然だったと思う。何故なら、職員たちは介護の仕事をするためにS園に来ているのであり、話や友人作りの為に来ているわけではないから。それ故、主に行った身障室でも、全生園や(渋川市の)恵園などでも、一切僕は職員とは交友しなかった。丁度、郵便局の人に話し掛ける、友人になる人はいないように。正解であり、当たり前でもあったと思う。おかしな例も見てきたから。
 85年ごろ、キリスト教系の会で長野の知的障碍者施設に交流キャンプに行ったが、そこでも僕は職員には話し掛けなかった。でも、会長格の東大医学生のT氏はしきりに職員たちに語り掛け、端から友人に。一時は恋人まで。ケジメが付かないね。こんな事ばかりしていたから、肝心の医学の勉強もせず、結局は一生を棒に振った。残念な例だが、ケジメのない事は非常に恐ろしいと思う。
 その東大医学生Tを下敷きに見ても、僕の行動は良かったと。友人ならば、VYSから作れば良いし、何も勤務中の職員に働きかける事はないと。今のヘルパーたちも勤務中は携帯電話を切っているわけだし。
 僕は職員たちの様子は知らないし、関心も持てなかったね。従って、職員の事は今もブログで書けないし、僕の立場からは書く必要もないと思っている。
 (長野のその施設の職員たちだが、人が良いからTに応対していた。でも、どうなんだろうね。職員たちにとってみれば職場。そこにボランティアの立場として来て、べらべら話し込む。今のヘルパーさんたちならば、「話し掛けないでくれ」と怒るわけだが。Tの行動の是非は、「結果」が全てを物語っている気がします)
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する