mixiユーザー(id:17922359)

2016年08月04日09:10

318 view

小中学生向け随筆・7月

 小中学生のみなさんへ.  蛙

 
夏休みになりました。みなさんは学校からはなれ、いろいろなことをしたり、ふだんは見られないものを見るわけですね。それは楽しいし、とっても大事なことなのです。いつまでもおぼえているし。ぼくも、子供の時の夏休みの思い出はたくさん、たくさんあります。その一つをお話ししましょう。
 
ぼくが小学6年生の時のことです。ぼくのお母さんは長野市で生まれ、おばあちゃんとおじさん、おばさんも長野市に住んでいました。その家は町の中にありますが、当時はもう一つ家がありました。別荘(べっそう)ですね。そこに6年生の夏に10日間住んだわけです。お母さんや妹、おばさん、いとこたちと一緒に。お米などを持ち込んで。カレーなどを作っては食べていた。そこは長野市にはちがいないのですが、家は田んぼに囲まれていました。田んぼだから、稲が植えられているわけですね。8月だから稲はかなり育っていました。一面の稲。東京で育ち、そのような景色(けしき)は見たことがないため、新鮮に感じました。じっさいに持ったわけではありませんが、稲は重そうに感じた。時おり、お百姓さんが来ては、草取りをしていました。
 
また、田んぼに住む小さい青ガエルも見ました。本当に小さかった。5センチくらいでしょうか。すでにカエルはオタマジャクシから生まれる事を知っていましたから、小さくてもカエルの子供ではないことは知っていましたが。東京の世田谷でもカエルは見ますが、かなり大きく、色も茶色です。青ガエルのいることは知っていましたが、目の前で見たのは初めてでした。青というよりは、緑色していますが。
 
遠くに目をやると、山がたくさん見えました。流星みたいなものも見えた。でも、やがてラジオで知りましたが、長野の山々には時々UFOも出るらしいから、それだったかもしれませんね。ちなみに、その10年後くらいにぼくはUFOを何度か見ています。中には、窓もはっきり見えたものもありました。これもおもしろいですね。
 
長野の夕日の赤もはっきりおぼえています。自然とふれあった楽しい思い出でした。みなさんも楽しい思い出を作って下さい。

5 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年08月04日 10:03
    トシコロさんの瞼の奥には故郷の景色が鮮やかに蘇りますねわーい(嬉しい顔)故郷離れて25年 私も 故郷の景色が浮かびますクローバー
    クローバークローバー
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年08月04日 11:00
    > mixiユーザー 
    ふるさとは遠きにありて思うもの
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年08月04日 13:48
    トシコロさん 45年の間違いでした。私の頭は ハーですあせあせ(飛び散る汗) あの山の向こうに何があるんだろう・夏は天の川がいちだんときれいで 仏はオリオン星座が見えました。この辺 夜は明るくて 木星・金星・お月様 位ですね。見えたと思うとヘリコプターです。練馬の頃 40年前は東京もまだ 星が沢山見えていました。とんぼも飛んでません。蝶もたまに見かける。こんあ話をすると 山に行きたくなります。今室内31℃ 保冷剤巻いて しのいでます。節約して 病気は嫌ですが波

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する