mixiユーザー(id:17922359)

2016年08月01日16:19

59 view

介護解決の決め手は情報流しですね

  相談支援員が本契約になりそうなりで。介護表作成はもちろん、個人のニードを書く介護会社に流して、結果的に介護者を当人に連れて来る役目です。2006年ごろは障碍者の場合はケースワーカーがしていた。それがいつの間にか、それをしなくなり、変に思っていましたが、制度が変わったわけです。やはり、介護問題の解決策は世間への情報流しですね。言っては何ですが、ここ数年間は僕の介護者は2社の同じメンバーで凝り固まっていたからね。昔から、良くないパターンだと聞いている状態なのですね。何にしろ、内向きな仲間関係の中に障碍を持つ人が取り込まれる状態は、その障碍を持つ人の社会的、生活的な発展を阻害する訳です。勿論、今までは情報が僕にも入らなかったから仕方ないし、世田谷にはまだまだ相談支援員自体も知らない人がたくさんいるらしいので、困った事ですが。
  報告まで。

4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する