mixiユーザー(id:17922359)

2016年06月14日15:53

263 view

「発想や行動の変化」のミクシー向け追加文

  誰でもそうかもしれないが、僕のその変化もどんな旧友たちにも判り難い。戸惑った中学時代の同級生すらいたわけである。ましてや、マイミクの人たちにはもっと知らせる必要もあると思っている。将来、妻が現れたら、やはり、話したいし。
  人間関係主義矢印(右)仕事を求めるように。同様の旧友もいたわけだし、若い時は誰でも社会性がないかもしれない。同様の変化を経験した人は多いかも。その場合、男女愛の性格や、それへの想いも違ってくると。人間関係主義の時は交友の延長だと僕も思っていた。でも、交友だけでは自分らしさは表に出ず、僕の事も理解してもらえない事に気が付くようになったと。そして、今の子供向け文の習作みたいな感じの、キャンプ用の宇宙の文を書き、結婚には無縁だったが、良い恋愛も90年代にできたわけである。その気持ちの変化がなければ、恐らくはそのような恋愛も生まれていなかっただろう。相手は主婦で、ダウン症の娘を持っている人だが、「何でも良いから、好きな事や得意な事を将来は伸ばしてやれ」と手紙に書いた。自分もそうしていなければ、その娘の事にも言えなかったわけだから。人間関係主義の時の僕には見られなかった発想だったと。
  また若い時の事に話を戻すと、僕も男女交際には一喜一憂したし、疲れたりもした。S園の件と重なり、もっと疲れたわけだが。でも、女性にも話せることは少なかった。何話しただろうか。仕事と呼べるかは判らないが、子供向け文を書くようになってからは異性に話せる事は増えた。でも、今度は異性に出会う機会が減ってしまった。ネット関係でようやく出会えるようになったわけである。
  五体満足でも似た人生経過の人もいるかもしれない。先日、TVで63歳の男性と53歳の女性の挙式の様子が放送されていた。長寿社会ならば、そのような事もあり得るわけである。とにかく、今日は僕の変化の様子を書けて良かった.
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する