mixiユーザー(id:17922359)

2015年10月22日17:45

176 view

愛の基礎は見守り

  そう言わざるを得ない。どんな関係であれ、相手に「して上げる」という意識を持つと、力み、疲れてしまうから。そのような離婚例とか、ボランティアやヘルパー失敗例も僕は色々見てきた。
  また、自分の心に問うてもそうなるのだ。異性=女の人にやさしくしてもらいたいか。ノーである。ならば、相手となる未来の妻も同じに違いない。互いに見守るだけで良いと。
  マイミク専用の日記を根気よく掘り起こせば判るが、90年代、僕は結婚には無縁だが、幸福な恋愛を経験している。因縁から親しくなった主婦がたまたま障碍児(ダウン症)を産み、育児に僕も協力していく内に愛は深まったという、今思えば、面白いパターンの恋愛である。それはともかく、障碍児を持つ人妻なので、相手の人は僕に優しく仕様もなかったが、僕は非常に幸福だった。よかったと思う。その経験から言っても、相手に優しくしてほしくないのだ。又、僕と知り合ったボランティアやクリスチャンの女性たちはいずれも僕に勝手に「優しくしてあげなければならない」と思いこんでいたようだ。これが御縁ができなかった根本だと。優しさは差別も産む、恐ろしい面もあるかもしれない。
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月22日 23:26
    「してあげる」というのは一見優しそうだけど、実は上から目線のような感じで好きではないです。24時間テレビに抵抗があるのも、福祉は全く無知の私が6年ボランティアを続けていられるのも、その辺りの意識かな…と思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月23日 09:57
    > mixiユーザー 
    ありがとう。24時間テレビは何だろうね。その笑点しか、僕は毎年見ていませんが。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する