mixiユーザー(id:17922359)

2015年10月20日11:50

268 view

ある離婚相談・ある人のブログから

  アメーバ。霊感占い師のブログ。「夫が盗撮行為をした。離婚したいが、時期はいつが良いか」という相談を受け、夫婦双方に激怒した事を書いてあった。
  確かに、警察に捕まらなくても、盗撮はいけない。その夫の行為は悪いに決まっている。強く反省してもらうしかない。とは言え、ブログにも書いてあったが、そのような行為を無意識的に妻も作っているわけである。夫婦の大きな目的である所の「心や魂の交流」なるものを妻も欠いていたから。その反省が見られないわけである。一体、何のための結婚だったのか。「結婚ごっこ」とそのブログには書いてあった。同感である。肉体関係やムード目的としか思えない。または、妻から見て、お金目的ではなかったか?とも思われるのだ。
  以上の事はあほらしくて、僕はアメーバやフェイスブックでこの文を流す気はしない。ただし、夫婦や結婚の目的について、強く考えさせられたから、こうして書いているわけである。結婚や夫婦の目的の核は「心や魂の交流」だと。その結果として、夫婦特有の深い愛も生じてくるわけである。いきなり愛を作ろうとしても、夫婦共に力んでしまい、ダメではないかと。やや例は違うかもしれないが、身障者に優しくしてやろう、友人になろう、愛そうとしたボランティアやクリスチャンの人たちが力んでしまい、逆に身障者に迷惑や損害を与えて、恨まれる事が昔は多かったように。僕も迷惑を受けてきた面があり、「優しさ」とか「友人」という言葉が大嫌いになった事が非常に長く続いたわけだし。福祉の事にも共通していると。
  最後に、僕自身もスビチュアルや心学に深い興味があるし、マイミクの人たちにも同様の人が多い。その目的の一つは心の探究だが、それ以上の目的に、まともな心の交流がある気がする。特に、まともな夫婦縁を作るために。人間は必ず死ぬ弱い者である。障碍の有無は相対的なものに過ぎない。弱いからこそ、心を通じ合い、支え合って生きる。ブログの夫婦の例はそれが欠落してたわけである。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する