mixiユーザー(id:17922359)

2015年10月08日11:48

83 view

外出延期と介護の本質




  今日は馬事公苑を見に行く予定でした。しかし、台風の影響で東京も強風。外出予定時間はさらに風が強まり、平均で風速11メートル。瞬間的には20メートルにもなりましょう。それゆえ、外出は延期。強い風が吹くと帽子が飛ばされそうになる。特に、横断歩道を歩いている時には介護者が帽子を押さえようとすると、車いすを押す速度が遅くなったり、進行歩行が変わり、交通事故の危険が高くなるからです。それから、僕も、介護者も目にホコリが入り、眼病になる危険もあります。もう一つ、現地でも強風が続く以上はまともに見学もできなくなるはず。目的を達成できない外出はムダではないかと思われます。

  「リスクを考え、予定を延期する事がある」。そこから判る事は、介護は立派な労働行為であり、仕事である点ですね。手助けの延長でも、ボランティア活動でもありません。政治家たちは勿論、多くの人達にもその事を強く訴える次第です。

7 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月08日 13:26
    風さえなければ最高の晴天なのに、残念でしたね冷や汗
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月08日 16:28
    > mixiユーザー 
    でも、以上の納得いくものが書けたわけです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する