mixiユーザー(id:17922359)

2015年10月01日16:41

308 view

フェイスブックの旧友たちにあてたもの

 旧友たちにあてたもの。以下は旧友にしかわかりにくいものかもしれませんが、勘弁してください。

  確かに、子供会参加は僕の強い意志がありました。それは問題ないですが、全生園とS園は皆に流されて行った感があり、自分でも変に感じていました。僕の当時の「学問の挫折」という個人的な問題を絡めれば理解できます。日大通信の史学部に在籍していましたが、その内容は「古文書や高齢者の声を編集して、歴史を構築」というもので、明らかに合わなかった。かと言って、何を学べばよいか、判らなかった。やる気が全くしなかった。それゆえ、僕の立場も考えましたが、S園や全生園に行く方がマシだと思い、そこに行った。それがそれらのいきさつでした。案外、当時はそんな感じの学生が多かったのかもしれないね。あの通り、法律学=暗記だと誤解していましたが、誤解がなく、法律学部に進んでいたら、学問に打ち込み、全生園とS園は行く暇も、行く気もなかったかもしれませんね。僕の人生は変わっていたと。それでも、忙しいなりにも、月に一度は子供会には行ったと思います。
 史学は中途半端に止めましたが、後年になり、放送大学で多くのものを学べて良かったです。
 また、以上が僕のS園や全生園に行ったいきさつになるでしょうね。根をたどれて、良かったです。
3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年10月01日 16:48
     学問は合うものをしないといけない。でも、ITなかった頃は学問の情報も限られていたからね。合う学問が自分でも判らなかったり、僕みたいに法律学=暗記と誤解する例も多かったかもしれない。問題だったと。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する