mixiユーザー(id:17922359)

2015年04月24日15:08

100 view

フェイスブック投稿から・社会について

  ある人へのコメント文。詳しい事は省きますが、誰にとっても地域社会は大切だから。そのような事を思い続けていますが、そのコメントは僕のその想いを外に出すきっかけになりました。

「社会」には二種類あるはずです。産業社会と地域社会。前者の女性進出が注目されていますが、地域社会の方も充実・発展させないといけません。高齢者や児童、障碍を持った人たちは勿論、その他の人たちも地域社会がなければ、それこそ、男女共、仕事一辺倒の硬直した人生になってしまいますから。
  (因みに、身障者のかなりは社会の事に無関心です。多くのヘルパーさんたちもそのように証言しています。「社会って何?」と言うとか。若い時の僕もそうでした。僕が思うに、日本では明治以来、特に戦後は産業社会ばかりが国策として重視され、人民もそれにつられて地域社会に無関心になっていった事があると思います。特に都会ではひどかったですが、今は全国的にそうですね。それはいつかは改める時期が来るでしょう。戦後の日本の障碍者関係の福祉が長くコロニー収容型だった理由の一つも明らかに「地域軽視」の政治家・役人と人民の発想の結果だからです。産業社会も、地域社会も同じだけ大事だと僕は断言します。)
2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月24日 15:25
      40年前を思い出すと、世田谷では、身障者も、ボランティアの人たちも、「地域福祉」を唱えながらも、地域社会の事は判っていませんでした。何かの本を読み、請け売りでそのように唱えていたのかもしれません。だから、彼らは非常に難しい理屈ばかりこねていたわけです。
      又、僕自身が地域の大切さを知ったのは、ヘルパーさんにお世話になってからでした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する