mixiユーザー(id:17922359)

日記一覧

フェイスブック投稿から
2021年07月30日17:56

1978年、島田療育園。その数年前に悲恋事件を起こした身障園生M氏は、人伝手に「頭が硬い」と聞いた事がある。確かに、そうだったかもしれない。柔軟な発想を恋愛に対して持てばいくら厳しい状況でも幸福な恋愛に変えられると、今の僕は想う。 とは言え

続きを読む

  死を自覚し合い、弱さの連帯をしていけば、搾取もない共生社会も作れるわけである。また、死を自覚すれば、真剣に学んだり、芸術を作ったり、自然を見つめる事もでき、例え老年期になっても、小学生のように友人も作れるわけである。「寂しいから」みたい

続きを読む

  月曜夜10時25分からETVで「100分de名著」という番組がある。月ごとに読む本を変えて、じっくり有識者が解説する番組である。7月はフランスの社会学者だったボーヴォワールの「老いと性」を上野千鶴子女史が取り上げ、深く解説していた。何分

続きを読む

  最近の各報道によると、日本の菅政権の支持率は発足以来最低になった。理由はたくさんあるようだが、一つには「コロナ・ワクチン予防接種のペースがお役所仕事特有の遅さ」があると言うし、それは世界各国にも今ある政府批判である。確かに、その通りだし

続きを読む

オリンピックから
2021年07月27日11:29

女子バスケットボールの日本・フランス戦。フランスは大半がアフリカ系だし、日本にもそのような人がいます。民族のグローバル化が進んでいます。一民族一国家は元々幻想でしたが、これからは更にグローバルになる。国家とは何か?も世界的に問われているわけ

続きを読む

子供向け随筆
2021年07月26日13:25

  佐久のみなさんへ.            ⛰                       2021年7月  夏休みですね。今年もコロナでどこにも行けない人が多いかもしれませんが、夏を楽しむことはどこでもできますね。もう一つの作文の

続きを読む

日曜の祈り。  今日は日本仏教からお話しします。12世紀から13世紀に生きていた親鸞(しんらん)という人の教え。彼の話を弟子たちがまとめて作った「歎異抄(たんにしょう)」の中から。その3章にこのような言葉があります。現代日本語に翻訳された言

続きを読む

旧友たちへのメールから
2021年07月24日16:23

僕が哲学の道を歩めなかった理由 死の自覚がなかったからである。それがないと、哲学する事どころか、その本を読んでも判らない。例えば、高校時代に少し読んで投げ出した三木清の本には⦅人生、至る所に青山あり」と書かれている。青山=お墓=死だが

続きを読む

ワクチン関係
2021年07月24日14:26

以下、多くの友人たちにあてた医学的なメール。昨日、2回目の接種を受けたから。ーーーーーーーーーーーーーーーー懸念されている副作用ですが、今朝の検温では37.1度。先ほどは、36.7度。大体、誰でも予防接種受ければ免疫りょの関係で体温は上がる

続きを読む

セミについて
2021年07月24日11:23

  セミについて.         2021年7月書  夏になると東京でもいろいろなセミの声が聞こえます。木がたくさんある佐久はもっとセミの声が聞こえるでしょう。「ミーン・ミーン」、「ジー・ジー」、「オーシンツクツク・オーシンツクツク」、「

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月22日17:02

シリアの歴史を見ると、近代はイギリスの植民地、戦後は旧ソ連の影響下。そのような国は政府以下の汚職が多い。いきなり28万円カンパしろなど、例のシリアレスキューも腐敗団体に相違ない。いくら先進国が援助金出しても不正でどうにもならない。シリア、イ

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月22日15:15

一組織に浸かると、何故か、マクロ思考に偏り、個人特有の人権や痛み、気持ちを無視するようになる面が出る。まず、次第に組織化された島田療育園が人体実験が次第に行われるようになったのはそのような事が根の一つにあったかもしれない。小説にも絡むから、

続きを読む

   組織である。どのようなものでも、組織のために一生懸命になってはいけない。例えば、医者やナースなどの社会性の高い仕事、奉仕活動、芸術、学問、恋愛、友愛、信仰と、身体的な命よりも価値が高いものはいくらでもある。今は世間的にバカにさ

続きを読む

   和光学園在学中の障碍児や韓国・朝鮮系の人たちへのイジメと差別事件で、オリンピック関係の音楽を取り下げられたという。まず、本人については、この件を機会に、改心して、世界の差別撤廃の音楽を作るなど、そのような事をして欲しいし、世間

続きを読む

不死細胞
2021年07月19日11:49

  ガン細胞の事である。他の細胞には寿命があるが、ガン細胞だけは水と栄養だけを与えれば永久に生き続けるわけだから。それをクローン培養し、育てたらゴジラみたいな怪獣が生まれ、世界を荒らし回るSFもできるのではないかと思いたくなる。  死を自覚

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月18日16:46

真に死を自覚すると、感染症も気にならなくなるし、そのような患者さんも同様である。戦前の日本などのハンセン氏病患者の隔離政策とそれを支持、協力した人たちは勿論だが、戦後にその療養所に行った人たちで感染のことが気になった人も、そうではない者も、

続きを読む

 死の自覚の原点
2021年07月18日11:53

  僕の場合も、2011年3月11日の大震災である。関東信越から北の人たちはそのような例が多いのではないか。又、ロシアのサハリン州(樺太)や千島に住む人たちも。地震には国境はないわけだから。  東京でも、震度5が5分間。こんなに長い地震は過

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月17日20:08

死の他、十字架を見つめる事はイエスと苦しみを共有し合う事でもあるわけです。それを信じることは、立場の違う人たちの苦しみも判る事になっているわけです。男でも、レイプされた女性の気持は判り、連帯できる事にも。ならば、レイプ牧師と隠ぺいはもっとお

続きを読む

国家による戦死の美化
2021年07月17日15:36

  いつからだろうか、そのような事が行われ、第二次世界大戦時にピークに各国共になった。その後も、例えば、1981年のフォークランド戦争の時のイギリス軍戦死者をサッチャー首相が「名誉の戦死」と言うなど、残り続けた。でも、戦争のひどさは誰もが知

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月10日17:55

死を下敷きにしないと信仰も、恋愛もできない。今までの僕や身障者たちは障碍を下敷きに信仰や愛を求めていたから中途半端だったわけですね。五体満足の人たちは気力とか、性的魅力、やさしさを下敷きに。一見良い「やさしさ」ですが、それも人為的だから限界

続きを読む

  イエス現人神化
2021年07月10日12:11

  現人神は「あらひとかみ」と読む。神が人の姿を持って地上に現れる事だが、戦後の日本では良い意味には使われない言葉になった。旧憲法下の時、現人神とされた天皇の名を使い、軍事予算増額と戦争をしたからである。以下もその意味で使う。  僕の行った

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月09日19:57

  生きる意志は当てにならない。友人になる意志や恋人、夫婦になる意志もそうだね。失恋は勿論、離婚した人たちも夫婦続けたいと思っても別れてしまうと聞いた事があるし。  それらが成就するのは、心の中から泉のように湧き出てくる自然な気持ちがそうす

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月09日16:00

1980年ごろ、アメリカでカレンさんという名の女性が事故で脳死になり、それを生かすか、どうかで論争になった。日本の身障ミニコミ誌が「たとえ脳死でも、チューブ管多く付けても、生かさないといけない」と書いていた。 それから年月は経っているが、僕

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月09日15:10

個人差はあるが、 自分の死を自覚すると、幸福な気持になり、交友もうまくいくのかもしれない。同級生に筋ジストロフィーを持ち、早死の運命を知っていた人がいたが、学年の中で彼が一番ニコニコして幸福そうだった。皆の人気者で交友もうまかった。良い話な

続きを読む

  生への意志の問題
2021年07月09日12:06

  生きようとする意志の事は、1900年前後のニーチェが「生への意志」という言葉で語っていますね。彼は「神は死んだ。人をつなぐものは何もない。だから、生への意志を持ち、超人にならなければ生きていけない」と語りましたが、どういうわけか、晩年は

続きを読む

  都議選は勝者なき結果に終わり、世間の目は衆議院選挙に向けられているが、僕はそのさらに後に目が向いている。今はコロナで各国共、企業や家計に大規模な財政支出を行なっているが、コロナが終われば打ち切るわけである。でも、日本・中国・ヨーロッパと

続きを読む

  中学1年の時、祖母の葬式。「亡くなってかわいそう」という想いだった。高校2年に筋ジストロフィーを持つ同級生の葬式の時も、その数年後の同病の同級生の他界の時も同じであった。他の同級生や父母、先生たちも同じである。早死の運命を持つ筋ジストロ

続きを読む

フェイスブック投稿から
2021年07月07日17:18

 死の事ですが、例えば、タイムマシンに乗って鎌倉時代に行って、以上を話すと、親鸞上人はもちろん、字も読めない一般庶民たちも即座に「死の共有」を述べるわけですが。5歳くらいの子供でも。知的障碍を持つ人でも。僕は65歳にして、やっと当たり前のこ

続きを読む

   死の連想や、自分が殺されそうな相手に対してほど、差別感情が強くなるわけだから。五体満足の人たちから見て、肉体的には身障者やハンセン氏病元患者、知能的には知的障碍者、精神的には精神障碍者は死に近い存在だし。死後世界=異界であり、

続きを読む

  1977、8年。僕も入っていた学生福祉会。色々な大学の人たちがいたが、中心的だった3人の東大の男子学生。共通して、以下の発言をしていた。当時の言葉で再現すると、  「このまま老人が増えると、介護需要が増し、ボランティアでは対応できなくな

続きを読む