mixiユーザー(id:17922359)

日記一覧

  思えば、共同体と組織の区別が付かないから、70年代に僕もいた世田谷の福祉関係も狂ったと。構成員の求めた最小公倍数も「共同体」だったと思う。ボランティアも、身障者も、当時の僕も。でも、構成員全部が地域共同体のない所で育った。例の高島平団地

続きを読む

  南中国から日本の中部に掛けての激しい豪雨の原因だが、昨日(8日)のTBS、お天気博士の森田正光氏氏の解説で判った。森田氏は「ベンガル湾(海)から大量の水蒸気が中国南部に流れ込んでおり、それが九州などにも流れ、大雨になっている」と述べてい

続きを読む

共同体作りのおかしさ
2020年07月08日10:08

高島平団地で共同体作り運動があったかは聞いていないが、1970年代の首都圏ではそのような運動が各地であった。100%近い確率で、失敗。  当たり前だ。「共同体」は人々が自然に集まってできるもの。人為的に作られるものではない。人為的に作

続きを読む

無共同体社会
2020年07月07日11:11

  1978年に1年だけ、僕も子供会活動をさせていただいた高島平団地から思った事です。そこは日本の高度経済成長時代に、本当に日本各地から住まいを求めて来た人が集まった所でした。時々テレビでも放送されますが、子供会などの目的別に集まる事はあっ

続きを読む

回顧から
2020年07月06日16:32

若い時に行った島田療育園の問題が今になり、書けるように。やっと問題が見え始めたわけです。 でも、同じころに行った墨田厚生会館、多磨全生園、高島平団地の様子は書けませんね。行った時はそれらに問題があるとは思えなかったわけです。  内、「墨田厚

続きを読む

僕が子供の時、「吉展(よしのぶ)ちゃん殺人事件」がありました。まだ6歳の子がある男に殺された事件ですね。TVで日本中に報道され、犯人への憎しみと、殺された子への同情が集まりました。犯人は死刑になりました。でも、その後も同様な事件が後を絶ちま

続きを読む

三問題
2020年07月04日15:22

 以下、コロナ、資本主義、ダウン症を絡めて書きました。ーーーーーーーーーーーーーーー確かに、コロナの科学的な理解は必要です。でも、それを「恐れる」のは心がそうさせている為です。恐れて何になるのでしょうか。出生前診断で遺伝性障碍児をおろすのも

続きを読む

「心」は上べだけで、当てにならないとつくづく思います。  例えば、身障異性の人に共感して結婚した人たちは、僕の知る限り、数年後には大体離婚しています。何も身障関係に限った事ではないですね。また、「心のおもむくままに」社会変革や身障運動した人

続きを読む

コロナ関係
2020年07月03日15:40

コロナ関係者への差別には反対しますが、コロナ自体への言及はもうやめました。医者ではなく、コロナの医学的な説明もできないこの僕がコロナの事は書けませんからね。医者がブログなどで、責任を持って書くべき事だと。僕は別に医学の道を歩んでいるわけでも

続きを読む

  「狼は野蛮」という類の偏見は世間にはいくらでもありますね。対精神障碍者が典型例でしょう。「刃物を持って、暴れまくる」という偏見が今も世界各地に残っている。また、身障者を見て、よく知らないのに「不幸」と決めつけるとか。  つまり、障碍者問

続きを読む

狼について、大事なことを思い出しました。インドでは<19世紀半ば以来、「狼に育てられた子供」が何人も見つかっていたからです。検索すると、最初に見つかったのは1843年だそうです。その時は男の子。その後、男の子も、女の子も見つかっています。そ

続きを読む

 その128ページ以降は著者の早川裕氏の絵本語録。冒頭には以下の事が書かれてあります。  「読書は楽しみのためのものであって、勉強と関連づけてはなりません。  子どもの気の向くままに  選ばせて、けっして選書に  口を挟んではいけません

続きを読む

共鳴
2020年06月29日17:34

共鳴について。過去に親友になれた人は「心の共鳴」という不思議な現象が起きています。最近まで脳科学も未発達でしたし、量子物理学も生まれていなかったですから、不思議に思うしかありませんでした。ただし、それは相手の長所に感動する「共感」とは違いま

続きを読む

イルカの事を書いて
2020年06月29日16:48

イルカの事で思うのは「人とは何か?」です。感情と知性を兼ね備えた動物を人と呼ぶのならば、その二つがある動物は皆「人」にもなってくる。イルカの他、チンパンジー、ゴリラ、犬と。内、チンパンジー、ボノボ、ゴリラを人扱いしている動物学者も出ています

続きを読む

 アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本で行われている事だが、障碍児者、特にダウン症の人達がイルカの近くで泳ぐと、イルカたちが親しげに寄ってきて、一緒に泳ぐようになり、ダウン症児のストレスが軽減され、後は体調も、精神面も好調になる

続きを読む

夫婦の暮らしの核は、一緒に家から空や雲をながめるような、何気ない事ではないかね。映画の寅さんが言っている「一緒に食べて、寝ることよ」を更に煎じ詰めると、以上になるね。独身男女が互いにそのような想念を心に同時に浮かべられた時は、まさに結婚確実

続きを読む

見たり、聞いた所、恋愛感情からの結婚は、相思相愛でも難しいようです。心のすれ違いから大ゲンカになる例もかなりある。また、交際を長く続けても、結婚に至らなかったり、至っても離婚したり。  カラクリがあります。結婚とは二人の共同生活・人生。冷静

続きを読む

日本の戦後の結婚の歴史を振り返ると、1945年から75年くらいまでは「恋愛結婚は進歩的で正しい」という見方が多かったようです。確かに、当時としてはもっともな見方だったと思います。何故なら、それ以前は、いわゆるイエ制度による見合い結婚が主流。

続きを読む

  その前に、欧米のこの問題と区別を説明しなければならない。欧米でも、両者のフィリアはあり得ないが、それは介護の担い手が伝統的に被差別民であるからです。アメリカでは、黒人や原住民。ヨーロッパでも、アフリカ系やロマが昔から多い。だから、その安

続きを読む

最近、例の友人にある動物愛護系の写真や動画をシェアして、僕なりの見方で文を書いて、載せるという方式が始まっています。又、二つの子供向け文も、その人の動物愛護系の記事からヒントを得たものであり、それに近いものでしょう。その方式で、障碍者問題や

続きを読む

気が付いたが、いわゆる「恋愛感情」なるものの正体は、自分の寂しさの変化したものに過ぎないね。一方、結婚は共同活動の横綱。恋愛感情からはまともな結婚縁は出て来ないし、結婚生活の事を話す事もできないね。  というのは、少し前に話した新しい恋

続きを読む

  必要だと思います。でも、タブーに。友情なしでは、介護も不可能だし、タブーにし続ければ、ヘルパーさんは精神的に苦しくなり、介護関係は施設・在宅の別なく、潰れていくわけです。  タブーの原因も、日本での友情の意味の誤解と曲解。情中心の「甘え

続きを読む

メールから
2020年06月20日16:55

恋愛や結婚の土台は友情。それらも90%は友情である事に最近気が付いた。去年のM子さんとは別に、新しい恋人ができたから。10%に過ぎない恋愛の部分を今まで僕も追い求めていた。何だったのかと思う。世界的に恋愛や結婚を純粋に求め過ぎるね。同じ事が

続きを読む

子供向け科学の文
2020年06月20日10:52

 大自然と命 日本にもたくさんの動物や植物がいますね。数えきれませんね。アフリカには、もっと多くの動物や植物はあります。ドラエモンたちは時々「どこでもドア」でアフリカに行くわけです。いいですね。 でも、我々もアフリカの動物や植物のようすをテ

続きを読む

フェイスブック投稿から
2020年06月19日15:40

花はどこに行った(Where have all the flours gone)というアメリカの歌がある。1961年に発売され、数年後、ベトナム戦争の反戦歌として、大ヒットした歌である。又、日本にも反戦と恋愛や結婚を結び付けた歌は多い。でも

続きを読む

子供向け随筆
2020年06月18日09:17

 佐久のみなさんへ.              かたつむり 6月。梅雨(つゆ)、雨の季節ですね。今年はコロナであまり外にみな出られませんが、雨の日はなおさらですね。でも、そのような時も楽しみはいくらでもあります。友だちとゲームをいっしょにする

続きを読む

アメリカの裏事情
2020年06月16日17:45

 先日、ETVで、アメリカのF・フクシマは「これから社会秩序が崩れて、大変な事になる。黒人暴動はその一つだ」と言い、フランスのジャック・アタリは「人々が連帯し、世界は進歩する」と言っていました。 僕は両方あると思います。古い秩序が崩れ、新し

続きを読む

今日書いたもの。島田の園生の個性も様々。内、文士で僕と一番合った野口栄一君。寝たきりで声量も弱く、言葉数も少ないが、それ故に僕も落ち着いて付き合えた。沈黙的な人でもあった。だから、素直な文が書けたと思う。文の秘訣の一つは「沈黙」だからね。そ

続きを読む

 島田の元園生M氏の手記にあった「マー君」を先は書き忘れたため、「堀川政男」という名を付けて、盛り込んだ。手記に「マンガが好き・次郎物語みたいな少年ドラマは嫌い」と書いてあったので、そのような子は大体やんちゃで、勉強が嫌いだから、そのよう

続きを読む

   1966年も桜の咲く4月になった。シマハタのことは、多摩地域には知れ渡っている。少数ではあるが、日曜日にボランティアをするために訪問してくる近所の人もいた。「知能は正常だが、身体が大変不自由な子供たちもいる」ということを聞いて、関心を

続きを読む