mixiユーザー(id:17901867)

2020年11月29日15:43

45 view

【星景】NexStar用 ピギーバックマウント

星暦では来月の朝霧ジャンボリ−は、ふたご座流星群が極大になるとか...
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/12-topics01.html

先シ−ズンで主要な星は撮りはコンプリ−トしてるので、
今季の冬キャンは基本、薪スト−ブの焚き火をノンビリ眺めながら
時々、星空観望を楽しむ程度でゆる〜くデキれば、、、
くらいに考えてたけど...

流星群のタイミングに高原に居合わせて、しかも新月・・・とくれば
【満天の星空に放射状の流星群の星景】が撮れるかも、、、

ちょこっとヤル気も起きてきたw


なので、
・赤道儀+望遠鏡で深層宇宙
・経緯台+デジイチで流星群...と、思ったケド、

日周運動しない経緯台では、
1時間とか2時間とかのスタック撮影だと
日周ズレが起きてあとで合成が出来なくなる


・・・となると、
赤道儀+デジイチ...の組み合わせになるけど、
望遠鏡との排他使用は何とも勿体ない。。。

で、、、考えた末に思い付いたのが

フォト

NexStar用ピギーバックマウントぉ〜ww
https://www.vixen.co.jp/product/36131_1/

親亀(望遠鏡)の上に子亀(デジイチ)をの〜せ〜て〜♪


これで心配事が一挙解決www

・・・と、
お手軽に考えてたら、手痛いへっべ返しを喰らうハメに...(>_<)

このお品、、、
口径127、150mm、203、235mm・・・と、
約100径差の鏡筒に使えるユニバーサル・アタッチメント

もっと早く気が付くべきだった...

口径が違うとゆ−コトは牘澡弊も違う瓩箸罅櫂灰。。。

この違いは爐燭錣澂瓩箸覆辰、そんな事も気が付かず
取り付けネジを締め上げていくと・・・


『ぺきっ』

ワリと簡単に真っ二つになるワケですな−、コレがΣ(°◇°;) ゲッ

こ−ゆ−時って、現状復旧に一生懸命になって
折角のネタなのに写真とか撮り忘れちゃうもんなのね−

素材に合いそな接着剤でくっ付けて、強度が出るまで一晩静置して
今朝方、一息ついた時に写真撮ってないのに気が付いた
ヾ(_ _。)ハンセイ…


今度はバックマウントと鏡筒の間に4.5mmのゴムの間座を入れて
フォト


何はともあれ「コレでカメラが載せられる」と安心したのも束の間・・・

今度はガイドスコ−プと鏡筒の光軸が出なくなったorz

ガイドが光学系じゃないLEDドットファインダーは
バックマウントとファインダーを共締めする説明書きになっているが
割れ防止でゴム間座を挟んだ時点で中心軸の精度は出ない


小一時間、バックマウントとファインダーを
あっちこっち取り付けては、精度出ししてみたものの...

最終的にカメラマウントとしては一等地の鏡筒頂頭部は、
ポ−ラ−メ−タ−が干渉して
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1977573314&owner_id=17901867
取り付け出来ないとゆ−光軸出しとはあまりカンケ−無い理由で
鏡筒側面取り付けで落ち着いた。。。

フォト



ま、、、
取り敢えず、コレで何とかなりそかな−(ΘдΘ)
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する