ホーム > mixiユーザー(id:1772351) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1772351)

日記一覧

焼跡闇市の情景
2020年04月08日14:26

 我が国は戦争に負けて、現人神は人間宣言し、軍国主義国家がたちまち民主主義国家に変貌した。それが国家だ。国家こそが一時の幻想なのだ。 戦争で国家に命じられるがまま戦地に赴き、そのまま帰ることがなかった多くの兵士たち。東京大空襲、広島・長崎へ

続きを読む

携帯必需品
2020年04月08日10:18

 ウイルスバスター。効き目があるかは分からない。 それでも、自分の身は自分で守るしかない、と思っている。

続きを読む

ヤクザにもマスク
2020年04月07日12:22

 母さんが 夜なべをして マスクを編んでくれたるんるん ・・・妻がマスクを編んでくれた。替えも含めて何枚も。 品不足で買えないから困っていたけど、これでもう大丈夫だ。 “ アベノマスク ” はもういらねぇ!!

続きを読む

仕事上での環境問題
2020年04月06日12:28

 我が国の「新型コロナ」によるリモートワーク率が、まだたったの13%なんだって。ぼくのまわりの人たちは随分多くの人たちがリモートワークに勤しんでいる、と思っていたが・・・実態はそんなもんなんだね。そりゃそうかもなぁ。都内や、地方の都市部ならと

続きを読む

ビビりな男
2020年04月04日18:25

 コロナ感染が恐くて、チキンなぼくが家で使用している石鹸は「薬用」である。暇さえあればコレで手を洗っている。ホントにチキン野郎である。

続きを読む

何かが間違っていた
2020年04月01日20:03

 2000年を境に多くの人々は、やがて来るであろう「インターネット全盛時代」を予感した。そしてそのインターネット社会への潮流は、あらゆる媒体のさらなるスピード化と効率化、利便性の追求、そして収益性や売上増へと人々を追い立てていった。 また、SNS

続きを読む

平穏な日々の思い出
2020年03月31日15:39

 ここ最近の報道が『コロナ騒動』一色である。今後この日本は、いやこの世界は一体どうなってしまうのだろうか? そんな不安を抱えたままぼくは毎日を送っている。コロナもリモートワークも株価暴落もオリンピックも関係のなかった、かつての何事もなく平穏

続きを読む

志村けんさんの思い出
2020年03月30日14:02

 ぼくが25、6歳ごろ、深夜の池袋で志村さんと殴り合いの喧嘩になりかけたことがあった。その日一緒だった当時のぼくの部下が、『ミスタードーナツ』で一人珈琲を飲んでいたサングラス姿の志村さんに気づき、酔いのせいもあってかしつこくからかってしまった

続きを読む

 ここ数日間、家内が淹れてくれるモーニング珈琲の味が薄く感じられてならい・・・というか香りもしないような気がするのだ。それと、心なしか身体が熱ぽく感じられるので、<ヤバいな。こりゃ、コロナかもしれん> と思いながら、体温計で確認すると、どう

続きを読む

困窮の中の癒し
2020年03月27日15:11

 客先が次々とリモートワークになっている。おかげで予定していた訪問先や打ち合わせにキャンセルが続出している。開催されるはずだったイベントも先月の後半から中止の連絡ばかりで「もう、どうにもこうにも」みたいない感じだ。コロナ騒動がこのまま長引け

続きを読む

青春の影
2020年03月25日20:37

 高円寺純情商店街を抜けて10分ほど歩いていると、懐かしい公園にたどり着いた。ぼくが大学受験で上京したころ、お世話になっていた伯父さんの屋敷のそばにあった公園だ。 当時のぼくは受けた大学がことごとく不合格のありさまで、恥ずかしくてとても伯父さ

続きを読む

高円寺 純情商店街
2020年03月25日20:35

 高円寺駅前で「おとうさん、こんにちは!」とアンケート採りしている若者に突然声を掛けられた。「誰がおとうさんやねん! お兄ちゃんの間違いと違うんかい! 俺がホンマにお前のおとうさんやったら、生活に困ったおとうさんのメンドウみなアカンなぁ」と

続きを読む

また書店が一つ消えた
2020年03月23日15:16

 ぼくのお気に入りだった書店が、本日突然消滅していた。十二年前にこの同じ場所にあった書店も消滅の憂き目に遭っている。 ・・・いよいよその時が来たんだな、と思う。紙書籍と書店の滅亡の時なのであろう。 と言っても、日本は電子本の売り上げが好調な

続きを読む

袋麺の誘惑
2020年03月19日20:34

 ぼくは子供のころからインスタントラーメンが大好きだった。ただし、ぼくが好きなのはカップラーメンなんかじゃなくて「袋麺」の方なのだ。でも、そんな「袋麺」も郷里の実家にいたころは、母から「そんな身体に悪そうなものばかり食べちゃダメでしょ!」と

続きを読む

東大王
2020年03月19日17:00

 この番組が嫌い。出演者の東大生はもっと嫌い。  東大ブランドと、そこからさらに選ばれた『東大王』という名のステータスを笠に着て、特別意識剥き出しの発言が、聞いてて気持ち悪い。 公共のテレビ放送で、卒業する先輩に涙で送別の辞を贈るキモい後輩

続きを読む

スゴすぎる企画商品
2020年03月18日20:37

 画像は『妄想マッピングTシャツ』という商品なのだが、正面から見たときだけ目の錯覚でご覧のような感じで見えるらしい。実は横から見るとショボーンな感じ。 ・・・よくぞこんなモノを考えついたなぁ!! これこそが優れた企画の真髄だと思う。

続きを読む

新企画について思うこと
2020年03月18日11:05

 今の世の中は、同じニーズを捉えた先行事例はウェブで調べるとたやすく見つかる。昔はウェブがなかったから見つからなかったり、気づかなかったりしただけだ。要するに自分が考えつくようなことは、他人様もおおかた考えていると言うことなのだ。 現代は先

続きを読む

8時だよ全員集合!
2020年03月17日13:59

 と言っても僕と息子の二人だけなんだけど。昨晩、またしても息子を近所の喫茶店『コメダ』に突然呼び出し、二件の企画案の相談に乗ってもらった。22時までの2時間、みっちりと付き合ってもらったが、これと言った収穫があったわけでもなく、重い足取りで自

続きを読む

兜町の風雲児
2020年03月15日15:53

 元投資ジャーナル会長の中江滋樹氏が先月の2月22日に亡くなっていたことを知った。彼の人生は毀誉褒貶の激しいものだった。一時は「兜町の風雲児」として、その相場師とのしての実力を広く世間に知られ、その後、自らが発行した『投資ジャーナル』の誌上を

続きを読む

美人の奥さん
2020年03月13日15:41

 ぼくの帰宅時、三日連続で偶然にも舗道ですれ違う女性がいた。歳の頃は四十前後の奥様風の美人である。何故か三回とも「こんばんは」と笑顔でお声がけいただいた。顔に見覚えもない美女に挨拶されたぼくは当然驚くのだが、反射的に「あっ、こんばんは」と返

続きを読む

タク券
2020年03月09日20:29

 昔、各出版社からタクシー券をよくもらった。特にバブル期の頃は札入れの中にカサばるほど沢山入っていた。そのほとんどが編集部の人たちと飲んで、遅くなると編集長や副編集長からいただいたものだった。 でも、ぼくは結局一度もそのタクシー券を利用する

続きを読む

命に火を灯す
2020年03月08日13:12

 今日も物置部屋の片付けをしていたら、三十年ほど前に購入したまま一度も使用することのなかった『Coleman』の蛍光ランプが出てきた。買ったことすら忘れていたそのランプは、取説とともに箱に入れられたままだった。 早速、単一乾電池8本を装填してスイッ

続きを読む

熟年のラビュリントス
2020年03月07日16:31

 ぼくより年輩の知人男性が、お仕事上のお付き合いでキャバクラに連れて行かれた、とやけに嬉しそうな顔で話していた。その方は接待されるほうだったので、同行の男性からお店でNo. 1の美女をつけてもらったと言う。  それを聞かされたぼくは「で、どうだっ

続きを読む

ぼくの本音
2020年03月04日12:57

 コロナ感染を本気で収束させたいなら、先ずは電車鉄道網を止めるべきじゃないかな、と思う。通勤のための満員電車が走っている間は、他の何を延期したり中止したりしても、そんなに効果は望めない気がします。 これは結局、人の命を守るのか? それとも経

続きを読む

雛祭り 2020
2020年03月03日12:29

 女子の場合、マスクをかけると大概美人に見える。

続きを読む

 清野菜名さんが演じるミスパンダが素晴らしすぎます。ナイスですね〜!!

続きを読む

織田広比古 (Oda Hirohiko)
2020年02月28日23:42

 ファンタジーな絵画が好き。夢の世界だけでもいいから、美女しかいないこんな光景の中で暮らしたい。

続きを読む

「45日以内に全世界人口の35%(最大25億人)に感染し、感染者の2%(最大5290万人)が死亡」 この予測は人間による予測でなく、AIによる予測なだけに信憑性がある。 最早、安倍さんのポンコツ頭やノータリンの取り巻き政治家や官僚ではコロナには到底太刀打ち

続きを読む

脳がダルい
2020年02月26日19:14

「最高の刺青」かと思ったら「最高の刺身」だった。・・・コロナにやられたかもしれんな。

続きを読む

 先日とは違う喫茶店で、ぼくに合わせて出してくれた珈琲茶碗。やっぱりこんな感じになるんだなぁ。・・・いいのか悪いのかは知らんが、それがぼくのイメージらしい。

続きを読む