mixiユーザー(id:17713252)

2020年06月07日07:58

7 view

心に太陽を持て

「心に太陽を持て」

https://9001.teacup.com/sfk/bbs/21279 (写真入り記事)

「心に太陽を持て」という詩があります。

心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、
ふぶきが こようと、
天には黒くも、
地には争いが絶えなかろうと、
いつも、心に太陽を持て。

くちびるに歌を持て、
軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、
自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。

苦しんでいる人、
なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。」

(ドイツの詩人 ツェーザル・フライシュレン 【Cäsar Flaischlen】1864〜1920)
(高橋健二 翻訳)

どんな状況の中にあっても、「心に太陽を持ち、くちびるに歌を持っている」ならば、状況に飲まれ、流されるのではなく、状況を味方につけて、状況を変えていけます。

しかし、実際、心に太陽を持つことはできません。太陽に近づけば熱くて焦げて死んでしまいます。

これは字義通りではなく、比喩として受け取りたいものです。

私は、「心にイエス様を持て、くちびるに賛美の歌をもて」と自分なりに言い換えました。

聖書は次のように語ります。

「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」(ヨハネの福音書1章1〜5節)

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(テサロニケ人への手紙 第一5章16〜18節)

「心にイエス様を迎え、くちびるに賛美の歌を持って」生きていきたいと思います。

日曜日は教会へ。
ステキな1日でありますように。

ーーーーーーーー

本日、新宿福興教会のオンライン主日礼拝を行います。

一部礼拝 朝10時半から
二部礼拝 夕方4時半から

YouTubeライブ
「菅野直基」のYouTubeのチャンネル登録(https://www.youtube.com/user/kannonaoki)をお願いします。

Facebookライブ
https://www.facebook.com/kanno3

ツイキャスライブ
https://mobile.twitter.com/pastor_kanno

ぅ縫垣献薀ぅ
「ニコニコ動画」
http://nico.ms/l/co114841

オンラインでもお会いしましょう。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する