ホーム > mixiユーザー(id:17713252) > mixiユーザーの日記一覧 > トゲを感謝しよう

mixiユーザー(id:17713252)

2019年06月19日06:35

28 view

トゲを感謝しよう

「トゲを感謝しよう 〜我、弱き時に強ければなり〜」

https://9001.teacup.com/sfk/bbs/20033 〈写真入り記事〉

新約聖書の13の手紙を書いた「使徒パウロ」は、病気を患っていました。自分の病気を「トゲ」と呼び、常に苦しんでいました。

「私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。」(第二コリント12:7)

パウロの病気は、「目の病気」か「てんかん」であったと推測できます。それが、福音の伝道をする時に「嘲弄」される原因にならないかと、ひどく心配していました。

「ご承知のとおり、私が最初あなたがたに福音を伝えたのは、私の肉体が弱かったためでした。そして私の肉体には、あなたがたにとって試練となるものがあったのに、あなたがたは軽蔑したり、きらったりしないで、かえって神の御使いのように、またキリスト・イエスご自身であるかのように、私を迎えてくれました。」(ガラテヤ4:13〜14)

「パウロ」は、神様に「私の体からトゲを取り除いて下さい」と、三度も強く祈りました。しかし、神様はトゲを取り除く代わりに、「わたしの恵みは、あなたに十分である」と語られました。

神様に祈ったいやしの祈りの答えは、「イエス」ではなく、「ノー」だったのです。

「トゲ」とは何でしょう。命を危険にさらすものではありませんが、ひどい苦痛を与え、しかも、絶えず苦しめるものです。

「パウロ」は、自分の肉体の「トゲ」さえ解決すれば、すべての問題がなくなるだろうと考えたことでしょう。

しかし、神は、「トゲ」を抜くことをお許しになりませんでした。

願ったことがかなえられなかった時に、それにもかかわらず「感謝する」ことが「トゲを感謝」することです。

きれいな「バラの花」を見て、「まあ、きれいな花(*^^*)」と、花だけを見て感謝するのではなく、「バラのトゲ」も含めて感謝することは、成熟した人だけができる「次元の高い感謝」です。

「パウロ」は、「トゲ」が「恵み」であることに気づきました。
自分自身を謙遜にさせる
神様に信頼させる
結果、強くされる

「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」(第二コリント12:10)

みなさんに「トゲ」はありますか? 今の苦しい環境。人から言われたキツイ一言。夫や妻、子供、上司や部下、同僚などの存在そのもの。様々な諸問題など。

「この人さえいなければ!?」「こういうことさえなければ!?」と思える「トゲ」があるでしょうか?

「トゲ」とは、あなたを刺して苦しめるすべてのものです。

しかし、「トゲ」のために、神様の前にひざまずき、助けを求め、感謝することができるなら、「パウロ」のように、成熟した人に造り変えるための「神の恵み」となります。

今日、今朝。まず、自分の中に刺さって、チクチクと自分を痛める「トゲ」のために、神の前にひざまずいて祈りましょう。それが感謝に変わった時、「トゲ」は「恵み」となり、あなたを成熟させ、成長させる「祝福」に変わります。

「トゲ」のない人はいません。「トゲ」を、「恵み」や「祝福」に変えるか、「罰」や「呪い」に変えるかは、あなたの祈りにかかっています。今祈って、「トゲ」を「恵み」や「祝福」に変えて頂いて、一日をスタートいたしましょう。祝福がありますように。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!