mixiユーザー(id:17662548)

2020年07月04日08:40

44 view

大雨特別警報が出た

昨晩、北大阪の広範囲に大雨警報が出た。
幸いにして自宅の地形は、浸水の心配がまったくいらないので気にせず眠った。
こういう時のために、毎日えっちらおっちら坂道を上がっているのだ。
しかし、コロナが終息していないというのに、気象災害はそんな事に関係なくやってくる。


朝起きたら、熊本と鹿児島に大雨特別警報が出ていた。
これはヤバイやつだ。
2年前に西日本大豪雨があった。
ちょうどその頃、警報の上に特別警報というものが出来たばかりで、ニュースで散々注意喚起があったのだ。
命の危険に直結している、すぐ逃げて!
というヤツである。
その大雨特別警報があまりに広範囲に出ていたため、「命の危険がある地域がこんな広大なはずはない」と、私は楽観視していた。
その後の被害の大きさが分かってくるにつれて、私は自分の認識の甘さを大いに反省したものである。
日本で雨で、犠牲者が200人を越えるなんて、予想もしてなかった。


本日8時現在、九州の球磨川が氾濫している。
自衛隊が災害救助に出るレベル。
8時半にはその球磨川上流のダムが、更に緊急放流をするから、水位は更に上がる事がわかっている。
放流しないとダムにも決壊の危険があるから、これはやむを得ないのだ。
貴重品と着替えやタオル、マスクを持って、公民館等へGOである。
浸水やがけくずれの危険があるなら、コロナは二の次だ。
幸いにして、本日大雨特別警報が出ている九州は、コロナの危険性がそれほどでもない。
まあ、首都圏が突出してるからね。
躊躇せずに避難してくれ。


しかし、梅雨か…。梅雨だよな。
更には、台風のシーズンも控えているのだ。
日本の雨の降り方は、昭和の頃より狂暴性を増している。温暖化でも寒冷化でも、呼び名は何でも良い。
これから引っ越しなさる方は、本当に多少家賃が高くても、地形をチェックしてから部屋選びをして欲しい。
これは日本全国、どこでもだ。
繰り返して書くが、日本の気象条件は変わったのだ。


緊急放流は結局、一時間予定をずらして9時半からになった。
貴重な避難の時間を稼いでくれたのだ。
現地の方は、一刻も早く、避難所へ行ってくださいね。


久々に全体に公開
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する