mixiユーザー(id:1762426)

日記一覧

聖母文庫 聖母の騎士社刊それは、今年の十一月中旬でした。 私が、二階で母の仕事を手伝っておりますと、お店の人が、 「怜子(さとこ)さん、お店にサンタクロース、そっくりのお爺さんが来てますよ、来てごらんなさい」 と言いに来ました。 私は何の気

続きを読む

聖母文庫 聖母の騎士社刊(北原怜子 1929年8月22日、東京・杉並に生まれる。桜蔭高女をへて1949年、昭和女子薬専卒業。1949年カトリックの洗礼を受ける。霊名エリザベス。1950年12月、ゼノ修道士との出会いにより東京・浅草の「蟻の街

続きを読む

転載※米、イラン産原油全面禁輸を発表 日本も対象 (日経新聞、2019年4月22日)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44061690S9A420C1MM8000/?fbclid=IwAR3Pl797bnGtedKBOmSSgKO4pA3rKBZbbRDfy6jAmFy9RtHpEIfepvRpKf0 ポンペオ米国務長官は22日、イラン

続きを読む

文春オンライン 2018年5月(13)チョ・ミヨン(42歳・女性) 国境近くに住む男性から、平壌の工場で働く親戚の女性への電話。──最近、暮らしはどう?「どうやってよくなるの? 大変よ。制裁のせいで物価が上がるし。ガソリンが上がったから、3台あ

続きを読む

(※は本文より転載) この頃までに、閔妃は独特の鋭いカンを働かせて夫を観察し、かなり深く彼の性格を理解していたのではないか。国王である高宗は、当然ながら大院君の上座についてはいるが、常に絶対の権力者である父を憚(はばか)り、その顔色をうかが

続きを読む

(文春オンライン 2018年5月) このほか、中国との国境近くに住む3人と通話した。刑務所から出てきたばかりという46歳の男性(9)は、「アメリカの核の脅威を受けているのだから、核開発は当然だ。アメリカは昔から『攻撃する』と言っているが、いまま

続きを読む

(※は本文より転載)閔妃、忍耐の日々 (高宗五年<一八六八年>閔妃の王宮生活は三年目を迎える。景福宮の完成も間近、という大院君や王の喜びが王宮内の雰囲気にも反映して、宮女たちもどこか浮き浮きとしていた。その中で、古参の女官などによる王妃教育

続きを読む

(※は本文より転載) やがて”願納金”も下火になり、資金ぐりが苦しくなってきた矢先、建設現場で火事が起こり、仮小屋八百余と貴重な資材のすべてが焼失した。関係者一同が挫折(ざせつ)感にひしがれる中で、大院君はひるむ色も見せず、ますます募金体制

続きを読む

文春オンライン 2018年5月先生への賄賂が授業料(7)ファン・ジェヒ(36歳・男性)──獣医だそうだが、国の仕事だから待遇はいいのでは?「(大きくため息をついたあと、苦笑しながら)配給が10日分か15日分出るときはありますが、商売しなければ誰も

続きを読む

(※は本文より転載)大院君の独裁政治 (一八六六年は他国から数度に及ぶ武力的脅迫を受け、その撃退に忙殺された年でであったが、前年から始められた景福宮再建工事は休みなく続けられていた。 景福宮は季氏朝鮮王朝を創建した季成桂によって一三九五年に

続きを読む

文春オンライン 2018年5月(6)パク・スジョン(16歳・女性・高校生) 電話をかけると、「ヨボセヨ!」とあどけない声が聞こえてきた。方言もアクセントも、北朝鮮の住民にしてはひどくない。──核実験とミサイル発射について学校の先生はどんな話を

続きを読む

(※は本文より転載) 王妃になるまでの閔少女は、どこで育ったのか。『大韓季年史』によれば、その生誕地は「京幾道(キョンギ)ヨ州郡(ヨジュグン)根東面(クンドンミヨン)、閔致禄私邸」である。 精神科医で随筆家の季撥東(イギュドン)(現、季撥東

続きを読む

文春オンライン 2018年5月(5)キム・ハンス(52歳・男性)──お仕事や暮らしぶりは?「(中朝国境の)鴨緑江周辺で、中国人と少し密輸をしているよ。自転車やバイクを月に200ドル分ほど持ち込んで地方に販売してるけど、最近は情勢が悪くて商売が大変

続きを読む

(※は本文より転載) 王妃になるまでの閔少女は、どこで育ったのか。『大韓季年史』によれば、その生誕地は「京幾道(キョンギ)ヨ州郡(ヨジュグン)根東面(クンドンミヨン)、閔致禄私邸」である。 精神科医で随筆家の季撥東(イギュドン)(現、季撥東

続きを読む

文春オンライン 2018年5月(4)ユ・ヨンス(28歳・男性・大学3年生)──学校生活の様子は?「いま(9月下旬)は農村戦闘期間中です。秋の収穫と脱穀のために40日間、動員されています。学校で必要なお金は、中国の人と物々交換しながらちょっと儲けて

続きを読む

(※は本文より転載) 閔妃は小柄で、華奢(きゃしゃ)な体つきであったと伝えられている。満十四歳で王妃冊封の式典にのぞんだ彼女は、か細い首をまっすぐに伸ばして、かつらの重さによく耐えた。聡明で勝気なこの少女は、王妃として非の打ちどころのない態

続きを読む

これほどの大雪の季節は終わったが、まだまだ寒くて雪の予報もある日々。11月から4月まで、半年冬とは長すぎるなあ・・・。太陽が恋しい。ヒロ

続きを読む

文春オンライン 2018年5月アメリカの犬豚野郎(3)チェ・ウンシル(55歳・女性)「私は主婦です。夫は自動車の運転手です」──核実験やミサイル発射をどう思うか。「テレビで見ましたけど、とても嬉しくて素晴らしいことですよ。私たちは、金正恩元首

続きを読む

(※は本文より転載) 一八六六年三月二十日(陰暦)、昌徳宮の仁政殿(インジョンジョン)で王妃冊封の盛大な式典が挙行された。高宗は数え年で十五歳、閔妃も数え年では十六歳だが、『大韓季年史』の「哲宗二年辛亥九月二十五日生れ」が正しければ、彼女は

続きを読む

文春オンライン 2018年5月特別警備2号が発令(2)ソ・サンドン(25歳・男性・軍人) 国境警備隊に勤務するソ氏は、質問を始める前に「秘密保障はきちんとできますか」と確認を求めた。──9月9日は北朝鮮の建国記念日だったが、特別な行事や上部からの

続きを読む

文春オンライン戦争でも起こったほうがいいですよ(1)ナム・ヒョンジョン(35歳・女性)──お仕事と暮らしぶりは?「10日ごとに開かれる市場で服の商売をしていますが、あまり売れないので辛いです。1万ウォン(実質レートで約140円)稼ぐのも大変ですよ。

続きを読む

(※は本文より転載)”閔妃”とは、当然ながら王妃となった後の名で、明成皇后(ミョンソンファンフ)とは死後に贈られた称号である。 私は彼女のフルネームを探したが、簡単にわかると思ったその名前はついにわからずじまいであった。(中略) 朝鮮では、

続きを読む

文春オンライン  朴承Α2018/05/02 07:00国際社会の非難をまったく顧みない金正恩政権は、国内でも恐怖統治を続けている。今そこに生きる人々は、どんな生活を送り、何を考えているのか――。携帯電話を持つ北朝鮮市民を探し、直接取材を行なった。 国際

続きを読む

(※は本文より転載)名門の娘だが親も兄弟もないとは、まさに大院君の希望通りの条件であった。しかも大院君夫人は、「王妃として恥ずかしくない容姿容貌を持ち、行儀作法などのしつけも充分身につけております。特に学問では、両班のどんなご大家の娘とくら

続きを読む

(※は本文より転載) 大院君が王妃となる女性に求める条件は、摂政である彼の権勢に従順で政治に関与しないこと、また父や兄など血縁の近い親族の中に勢道政治に野心を抱くような有力者がいないこと、であった。したがって、従来の王妃選定で生家の重要条件

続きを読む

(※は本文より転載) 不遇時代の長かった大院君は、自分の体験を通して中人やそれ以下の人々の生活とその感情をよく知っていた。おそらく、それまでの権力者に例のないことであったろう。彼はかってつき合った庶民の中から多くの人々を選んで一種の親衛隊を

続きを読む