mixiユーザー(id:1762426)

2019年02月10日05:22

81 view

1985年ジャマイカの旅ー11

誰かが食後のガンジャを始めた。香ばしい香りが流れてくる。深夜のサウンドシステムからの帰り道、ガンジャ売りにしつこくからまれた挙句、ナイフで脅され、同行のジャマイカンがやはりナイフで応戦している間に逃げた話。同じく夜間に警察のジープに止められた際、マシンガンを突きつけられてホールドアップした話。また白昼のキングストン市内で、突然車から降りてきた刑事たちにピストルを突きつけられて、やはりバンザイをした話。こんな怖い体験を、毎日のように同宿の日本人,S君から聞いていた。だから、ラスタマンとの旅が無事に済む訳が無い、という嫌な予感がした。だから、とりあえず、一番無難そうな温泉行きに決めた。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年02月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728